ラクマ公式 中古スマホショップをリニューアルオープン

本日11月28日(木)より、フリマアプリのラクマが、中古スマートフォン端末を販売する「ラクマ公式 中古スマホショップ」をリニューアルオープンしました。

幅広いラインアップから安心して中古スマートフォン端末を購入できる

以下、プレスリリースより引用。

2019年6月から9月に実施した試験運用期間を経て、今回リニューアルオープンした『ラクマ公式 中古スマホショップ』では、エコケー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:執行達也)を含むリユース事業社3社と提携し、データの消去や初期化、機能と外観の検査、クリーニングを含む一連の検品が行われた中古スマートフォン端末を取り扱っています。ユーザーは幅広いラインアップから、安心して中古スマートフォン端末を購入することが可能です。

リニューアルオープンに先立ち実施した試験運用では、即日完売する機種が発生するなど、ユーザーがより多くの中古スマートフォン端末を必要としていることが分かっています。また、「ラクマ」が実施した「携帯端末の購入」に関するユーザーアンケート(注)では、情報セキュリティーや衛生面での不安から、中古スマートフォン端末の購入について抵抗があると回答した方が72%となりました。本サービスは、こうしたユーザーからの需要および要望を反映し、安心して使用できる端末をより多く供給することを目的として、今回の本格運用の開始に至っています。

「ラクマ」は今後も、ユーザーファーストの考えに基づき、消費者のニーズを満たすとともに、安心安全にご利用いただけるサービスの提供を目指してまいります。

(注)期間:2019年3月20日~2019年3月22日、対象:「ラクマ」ユーザー 16,660名

「ラクマ公式 中古スマホショップ」とは

「ラクマ」が公式に認定した中古スマートフォン端末を販売するショップです。取り扱い機種は人気のiPhoneをはじめ、XperiaやGalaxyなど多岐にわたります。各端末が公正なグレーディングにより、製品状態を反映した適正価格で販売されていることに加え、一部の製品を除き保証期間が設けられていることによって、ユーザーに安心してご購入いただけます。

フリマアプリ「ラクマ」について

「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。販売手数料の安さなどを強みに、2019年7月時点で2,000万ダウンロードを突破しました。
https://fril.jp

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ラクマ公式 中古スマホショップをリニューアルオープン