駅そばチェーン「しぶそば」、そばのサブスク「しぶそば定期券」を月3,500円で提供開始

駅そばチェーンの「しぶそば」が11月1日(金)より、そばのサブスクリプションサービス「しぶそば定期券」の提供を開始しました。

かけそば・もりそばを1日1杯提供

「しぶそば」は東急グルメフロントが運営する駅そばチェーン店であり、東急線沿線を中⼼に駅ナカ・駅チカに11店舗を展開しています。

今回開始した「しぶそば定期券」は月額利用料3,500円を支払うことで、かけそばやもりそばを1日1杯食べられる定額制サービスです。
「しぶそば」の公式アプリから「しぶそば定期券」を各店舗で提示することで利用可能。アプリ内で月額を支払う形であり、課金登録日から1か月ごとに自動更新されるようになっています。

なお「しぶそば」の公式アプリでは「しぶそば定期券」のほかに、クーポンやオリジナルグッズと交換できるログインポイントの付与、初回ダウンロード特典として人気メニュー「かき揚げそば」のクーポンをプレゼントしています。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「駅そばチェーン「しぶそば」、そばのサブスク「しぶそば定期券」を月3,500円で提供開始