スマホ充電器のシェアリング「ChargeSPOT」、タクシーで利用可能に 日本交通と世界初の実証実験

INFORICHが提供するモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」が11月4日(月)〜12月29日(日)の期間中、日本交通のタクシー車内においてモバイルバッテリーのレンタル・返却の実証実験を実施中です。

「動く充電スポット」を日本交通と展開へ

ChargeSPOTは「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに展開されている、スマートフォン用充電器のシェアリングサービスです。専用アプリやLINEの公式アカウントから充電器のレンタル手続きを行うことができ、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に専用スポットが設置されています。

INFORICHは今回日本交通とともに、タクシー車内でモバイルバッテリーのレンタル・返却が行える実証実験を開始しました。
タクシー車内におけるモバイルバッテリーのレンタルサービスは世界初とのこと。タクシー内で乗車時間を気にすることなく充電が可能となり、動く充電スポットとして更なる利便性向上が期待できるといいます。

実証実験は11月4日(月)〜12月29日(日)の期間中に実施しており、都内23区・武蔵野市・三鷹市を運行する日本交通のタクシーのうち150台が実験対象車両となります。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「スマホ充電器のシェアリング「ChargeSPOT」、タクシーで利用可能に 日本交通と世界初の実証実験