Apple Pay(アップルペイ)対応カード、登録できるクレジットカードは?

Apple Payは米国アップル社が提供している決算サービスで多くのクレジットカードや電子マネーに対応している他、一部デビットカードにも対応し、日常生活で大活躍の決済方法です。今回はApple Payの仕組みについて解説していきます。

Apple Pay(アップルペイ)について詳しくはこちら

Apple Pay(アップルペイ)対応カードは種類豊富

Apple Payを利用する際には、はじめにクレジットカードの登録をします。国内外で使えるカードの多くを利用することが可能で、電子マネーとの連携で現金を財布に入れていなくてもショッピングを楽しめます。また公共料金の支払いなどにも対応しています。
Apple社のデバイスを持っていて、簡単な認証を行えばその場で、端末での決済が可能です。
Apple Payはクレジットカードを最大12枚まで登録できるので、シーンに合わせたカードでお会計をすることができます。

Apple Pay(アップルペイ)対応のクレジットカード


Apple Payに対応している、クレジットカードは以下のとおりです。

国内でも大手のメーカーが提供しているカードはもちろんの事、他にも多くのクレジットカードが対応しています。お店によってカードを変えて、Apple Pay使いこなしてみましょう。
今回はいくつかピックアップして紹介しますので、参考にしてみてください。

イオンカードセレクト


イオンカードセレクトはETCカードにも対応し、各公共料金の支払いにもお得にポイントを貯めれるのが魅力です。Apple Payとの相性もバッチリで公共料金をApple Payで支払えば簡単に支払い可能で、毎月ポイントを貯めながら支払いできます。年会費は無料で、JALマイルともマイルとポイントを交換することが可能です。
また、イオンカードはカードの利用者に向けてお得なキャンペーンも開催しています。特にイオン店舗の買い物では毎月5のつく日には(5日・15日・25日)にはお客様ワクワクデーとしてポイントが更に還元されるキャンペーンを行っているので、Apple Payに連携させてイオンへお買い物に行ってみましょう。

三井住友カード


日本国内でも最も使いやすいクレジットカードとして知られている三井住友のクレジットカードも、Apple Payとの相性はばっちりです。
ポイントの還元率は0.50%~2.50%と比較的良いクレジットカードなので国内ではApple Payの利用には最適なクレジットカードと言えます。
また三井住友カードはApple pay の新規設定で、2,000円分の利用料金が無料のキャンペーンを行っています。三井住友カードを持っているのに、まだApple Payに登録していない場合は、今すぐに設定してみましょう。

JCB CARD W


JCB CARD Wは日本国内でも利用できるお店が最も多いので、Apple Payに設定すれば使えるお店の幅も広がります。クレジットカードの機能もその他のメーカーよりも充実しているカードです。
利用時にはOki Dokiポイントを貯めることが可能で、貯まったポイントはJCBのギフト券やマイルに変えることもできます。Apple Payに設定していれば、常に周辺のお店での支払いで利用できるので、お得にポイントを貯めることができます。

Apple Pay(アップルペイ)はデビットカードにも対応

Apple Payに対応するデビットカード2019年度から解禁しています。デビットカードに対応することで海外での利用も可能です。また利用している銀行口座にも利用した明細が反映されるのでセキュリティ面もしっかりしています。
デビットカードは口座に入っている金額しか利用できないので、クレジットカードのように使いすぎることがないので経済的です。

「みずほWallet for iOS」

みずほ銀行とApple Payが提携して始まった新サービスです。みずほ銀行の口座情報を確認し、銀行の口座からアプリ上でチャージが可能です。必要な分だけを銀行の残高から利用することができるのは経済的にも大きなメリットです。

Apple Pay(アップルペイ)で複数のカードを使い分けよう


Apple Payに日ごろ使用頻度の高いクレジットカードなどをメインカードとして登録すれば、変更がない限りメインカードでのお会計ができます。サブカードには、お店ごとに還元率やキャンペーンの多いカード、ポイントが貯まるカードを登録しておくこともできるので大変便利です。また、Apple Payはいつでもカードの登録・削除が可能です。

Apple Pay(アップルペイ)は電子マネーとも連携できる


Suicaとも連携しているので、交通費の支払いなどには非常に便利で、利用者は時間かけずに電車やバスに乗ることができます。
また、iDやQUICPayにも連携しているので、お店で端末をセンサーにあてるだけで簡単にお会計が完了します。

Apple Pay(アップルペイ)に色々なカードを登録しよう

Apple Payは多くのクレジットカードを連携させることができ、電子マネーは「Suica」「iD」「QUICPay」に対応し、非常に便利です。また、クレジットカードカードや電子マネーを使い分けながら利用すればお得にポイントを貯めることが可能です。またデビットカードの対応もスタートしたので、計画的に買い物を楽しむことができます。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Apple Pay(アップルペイ)対応カード、登録できるクレジットカードは?