Suicaが付帯して便利なビューカードですが、種類がたくさんありますのでどれが自分に合っているのか迷ってしまいますよね。
気軽に使いたいなら年会費無料のビューカードがおすすめですが、サービス内容が充実した年会費有料のビューカードも魅力的です。
今回はビューカードの年会費に注目して、年会費無料カード、年会費有料カードをそれぞれ詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ビューカードについて詳しくはこちら

ビューカードとは?

ビューカードとは、JR東日本グループのクレジットカードです。
発行会社は株式会社ビューカードで、クレジットカードにSuicaまたはSuica定期券が一体になっているのが特徴です。
ビューカードを駅の改札にタッチして運賃を支払ったり、オートチャージすることもできます。
Suicaの残高が減っていても改札で止められる心配がありませんので、通勤・通学に大変便利です。
オートチャージを利用すれば貯まるポイントは3倍となり、貯まったポイントはお買い物や商品交換、Suicaにチャージして利用できます。

ビューカードはいろいろな種類のカードから好みのものを選べるのも特徴です。
Suica付きクレジットカードとしてシンプルに使えるビュー・スイカカードや JREカードは年会費も安いためコストを気にせず保有することがます。
ルミネでのお買い物が常時5~10%引きとお得になるルミネカードや、ビックカメラでもポイントがたまるビックカメラSuicaカードなど、よく行くお店に応じて選ぶのもおすすめです。
さらにJALマイルがたまるJAL Suicaカードや海外旅行・出張で活躍してくれるゴールドカードもあります。

ビューカードの年会費には無料と有料の2種類


ビューカードにはいろいろな種類があり、カードの種類ごとに年会費が決められています。
年会費無料のビューカードと年会費有料のビューカードがあり、それぞれ種類や特徴が様々あります。これから2つに分けて紹介していくので、自分に合ったビューカードを見つけてみましょう。

ビューカードの年会費無料カード

ビューカードの年会費無料カードは2種類あるので紹介していきます。

ビュー・スイカカードのリボ払い専用カード

リボ払いは手数料が気になるものの、年会費無料でSuica機能やJRE POINTカード機能が使えます。

ジェクサービュー・スイカカード

フィットネスクラブのジェクサー会員限定で月会費をビューカードで支払うことで毎月JREポイントが貯まり、フィットネスクラブをお得に利用できます。

ビューカードの年会費有料カード

ビューカードにはたくさんの種類の年会費有料カードがあります。
年会費500円程度の気軽に持てるカードから、年会費1万円のゴールドカードまで好みで選べます。年会費有料カードの中でおすすめのものを紹介していきます。

ビュー・スイカカード

クレジットカードにSuica、定期券、JREポイントカード機能が付いて年会費は524円です。
こちらはリボ専用ではないので1回払い、ボーナス一括払い、分割払いも利用できます。
年会費の安いベーシックなビューカードを探している人におすすめです。


ビューゴールドプラスカード

ビューカードシリーズのゴールドカードで、年会費は11,000円です。
通常のビューカードと比較して国内旅行や海外旅行の保険が充実し、ショッピング保険も付きます。
さらに国内の主要空港内とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港での空港ラウンジが利用可能。
もちろんSuicaまたはSuica定期券が付帯しオートチャージにも対応しています。


大人の休日倶楽部ジパングカード

鉄道の旅行に興味があるなら方におすすめです。
年会費は4,364円かかりますが、JRならではの特典が満載です。
JR東日本またはJR北海道の電車を201キロ以上利用すると、運賃が30%割引で利用できます。
新幹線も対象になりますので、電車を利用した旅行で活躍してくれるカードです。
さらにびゅう国内旅行商品が常時5%割引で購入でき、同行者に対しても全員5%割引が適用されます。
会員限定のきっぷやツアーもあり、JRならではの特典満載のお得なカードです。

年会費有料ビューカードも条件付きで年会費が無料になる

年会費有料のビューカードの中には、初年度のみ年会費が無料になるカードもあります。
充実したサービスのビューカードを初年度はコストをかけずに持つことができますのでおすすめです。初年度無料のビューカードのおすすめを紹介していきます。

ルミネカード

年会費は税込1,048円ですが、加入した年は無条件で年会費無料となります。
ルミネやNEWoManでのお買い物が常時5%割引になりますので、普段からルミネでお買い物や飲食をする人にはおすすめです。
貯まったポイントをルミネ商品券に交換したり、Suicaにチャージすることでお得にお買い物を楽しむことができます。


ビックカメラSuicaカード

ビックカメラでお買い物をする人はビックポイントも同時に貯まるのでとてもお得です。
こちらは年会費524円が初年度無料になり、さらに翌年以降も前年にクレジットカードの利用があれば年会費無料になります。
年に一度以上カードを使えばずっと年会費無料で使えますので、ビックカメラに行くことがあるなら持っておいて損はありません。
ビックカメラのお買い物で最大11.5%ポイント貯めることができ、ビックポイントをSuicaにチャージすることも可能です。


JALカードSuica

JALマイルが貯めることができ、年会費2,200円が最初の1年間無料になります。
飛行機に乗ればマイルが貯まり、駅ビルの利用でJREポイントが貯まる旅行好きにはメリットの多いカード。
貯まったマイルもSuica残高に交換できるのもよいところです。

ビューカードの年会費はいつ引き落とされる?

ビューカードの年会費は、ビューカードが発行された月の翌々月4日に引き落とされます。
4日が金融機関休業日の場合は翌営業日です。
ただし初年度無料の場合は、加入時の年会費の支払いはなく、翌年度以降から年会費が引き落とされます。

翌年度以降の年会費の引き落とし月はカードに刻印されている有効期限から確認できます。
通常は有効期限の月に1ヶ月足した月が入会付きになりますので、その翌々月が年会費の引き落とし月です。
もしカードの有効期限が08/23と表示されているなら、入会付きは9月で、年会費の引き落とし月は毎年11月となります。

ビューカードは年会費で選ぼう

ビューカードのラインナップにはたくさんの種類がありますが、自分に合ったカードは年会費に注目して選びましょう。
気軽に持てるのは年会費無料のカードですが、メインのカードとして使ったり、利用頻度が高そうなら年会費有料のビューカードがおすすめです。
いずれもSuica機能が付帯して、JREポイントが貯まるというところは共通しています。
年会費有料のカードはそれだけ充実のサービスが受けられますが、条件を満たせば年会費実質無料で使える場合もあります。
それぞれのカードの特典やメリットをしっかりチェックして、自分に合ったビューカードを見つけましょう。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ビューカード、年会費無料や有料のカードをまとめて紹介!