交通系電子マネーICOCA(イコカ)、2021年から北近畿エリア対応

JR西日本の交通系電子マネーICOCA(イコカ)が2021年春より、北近畿エリアの駅において利用できるようになることが発表されました。

2021年春よりICOCA対応エリアが拡大

2021年春より、ICOCAが新たに北近畿エリアでも利用できるようになります。対応する駅は福知山線の丹波大山~福知山駅間、山陰線の船岡~胡麻駅間・綾部駅・和田山駅・八鹿駅・江原駅・豊岡駅・城崎温泉駅、舞鶴線の西舞鶴駅・東舞鶴駅、播但線の生野駅・竹田駅となっています。
ICOCAのほかにも、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)などといった全国相互利用が可能な交通系電子マネーも対応するとのことです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「交通系電子マネーICOCA(イコカ)、2021年から北近畿エリア対応