クレジットカードの有効期限、設定されている意味や更新の手続きの有無は?

クレジットカードを持っている人はたくさんいますが、クレジットカードに設定されている有効期限を気にして利用している方は意外と少ないのではないでしょうか。

なぜ、クレジットカードには有効期限が設定されているのでしょうか?また、有効期限が切れてしまった場合にはどうすればよいのか解説します。

クレジットカードの仕組みは?種類、メリット、使い方、おすすめランキングも紹介

クレジットカードの有効期限とは?


クレジットカードをお持ちの方は、カードを見てもらうとよくわかりますが、必ずカードの有効期限が表記されています。
有効期限の表記は通常カードの表面に記載されています。

例えば、09/19、09-19などのようにです。これは、2019年9月末まで使用可能という意味です。それぞれ、月と年数を表します。

クレジットカードの有効期限はなぜ設定されている?

クレジットカードはいくつかの理由によって有効期限が設定されています。その理由について解説します。

カードの老朽化対策

まず、カードの老朽化対策として有効期限が設定されています。カードは長年使用することで劣化してしまいます。

特にカードの磁気やICチップがダメになってしまうとカードが使用できなくなってしまう場合があります。
そのため有効期限を設定し、新しいカードに交換するようになっているのです。

防犯対策

クレジットカードに有効期限が設定されている理由として、防犯対策というものがあります。

クレジットカードに関する犯罪は増加しており、さらに巧妙化しています。

盗難はもちろん、スキミングなどの被害に遭う場合もあります。
カードに有効期限を設定して定期的に最新のカードと交換することで、不正利用を防ぐことができます。

再審査

クレジットカードに有効期限が設定されているのは再審査をするためでもあります。

クレジットカードは発行する際はもちろん定期的にクレジットカード会社でチェックを行っています。

カードを発行した後も定期的に審査を行うことを途上与信とも呼び、契約期間中であっても、カード料金を滞納することが多い場合利用停止になってしまうこともあります。

つまり、クレジットカードの有効期限はカード会社の再審査のタイミングでもあり、契約者のこれまでのカード利用に問題がないかを確認するタイミングと言えます。

有効期限が切れたカードは利用不可になるので注意

クレジットカードの有効期限とは、その期間まで使用することができるという意味です。
有効期限が切れたカードを利用することはできません。カードの有効期限をチェックしておきましょう。

クレジットカードの有効期限は何年間?

クレジットカードの有効期限はそれぞれのカード会社によって異なりますが、一般的には3~5年くらいで設定されている場合が多いです。

クレジットカードの有効期限が切れる前に必要なことは?


自分が持っているクレジットカードの有効期限が切れる前に何かしなければならないのか?と不安になる人もいるでしょうが、通常有効期限の1ヶ月くらい前に新しいカードが送られてきます。
そのため特別な更新手続きは不要です。新しいカードが届く時期はそれぞれのカード会社によって異なるため、不安な人はカード会社に確認しておくとよいでしょう。

手元に新旧2枚のカードがあるときはどちらを使う?

有効期限が切れる前に通常は新しいカードが届きます。手元に新旧2枚のカードがある場合には新しいカードを使用してください。
新しいカードはすでに使用することができる状態で届いているので、必ず古いカードではなく新しいカードを使用しましょう。

新しいクレジットカードが届いたら、古いカードはどうする?

クレジットカードの有効期限が近づくとカード会社から、新しいカードが送られてきます。

新しいカードが届いたら、古いカードはハサミなどで裁断して破棄するのがおすすめです。
そのまま2枚持っておくと混同してしまいますので、古いカードは処分しましょう。

有効期限を過ぎてもクレジットカードが更新されない場合


有効期限を過ぎてもクレジットカードが更新されない場合があります。その理由について解説します。

カード会社に登録した住所と変わっている

よくあるケースとして、引っ越しなどでカード会社に登録した住所と現在の住所が変更されているというものです。
カード会社は新しいカードを登録されている住所に発送するため、住所が変わっていると新しいカードが届かないことがあります。

カード会社に住所変更の連絡とともに新しいカードについて確認をしましょう。

再審査に落ちている

クレジットカードは必ず有効期限が更新されるものではありません。再審査の結果更新されない場合があります。

再審査に落ちている場合には、有効期限になっても更新されることはありません。

カード会社にもよりますが、更新されない場合にはその旨別途通知がいくのが一般的です。

クレジットカードの有効期限をチェックしておこう


クレジットカードには、カードの老朽化対策、防犯対策、再審査などのために有効期限が設定されています。有効期限を過ぎたカードを使用することはできません。

有効期限が近づくと新しいカードが送られてくるため、更新手続きなどは不要です。
新しいカードが届いたら古いカードはハサミで裁断して破棄しましょう。

ただし、引っ越しなどで住所が変わっている場合、再審査に落ちてしまった場合には有効期限を過ぎても更新されない場合があります。

手持ちのクレジットカードの有効期限は必ずチェックしておきましょう。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「クレジットカードの有効期限、設定されている意味や更新の手続きの有無は?