バンドルカードのカンム、経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」登録完了 最大5%還元へ

スマホ決済サービス・Visaプリペイドカードのバンドルカードを展開するカンムが、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」において、A型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)として登録完了したことが発表されました。

バンドルカードで最大5%還元へ

消費税が10%に引き上げられる2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったポイント還元などの支援を行う「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されます。
消費者は中小・小規模事業者においてキャッシュレス決済を利用することで、ポイントなどの還元を受けられるようになります。
カンムは今回登録が完了したことで、本事業の実施中に対象店舗でバンドルカードを利用したユーザーに対して最大5%の還元を行うとのことです。

バンドルカードでは6月16日(日)まで「ソッコーでリアルカードをゲッツ!キャンペーン」を開催中です。
キャンペーン期間中にバンドルカードのアプリから新規登録を行い、24時間以内にプラスチックカードを申し込むと発行にかかる手数料がキャッシュバックされます。
発行手数料はカードの種類によって通常300~700円発生するため、キャンペーン中はバンドルカードをお得に作成できるチャンスです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「バンドルカードのカンム、経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」登録完了 最大5%還元へ