凸版印刷子会社とサインポストが提携 無人AIレジの販売・保守を展開

凸版印刷の連結子会社であるトッパン・フォームズが、サインポストと無人AI(人工知能)レジビジネスで業務提携を実施したことが発表されました。

コンビニ「生活彩家」設置の無人AIレジを本格展開へ

サインポストは無人AIレジ「ワンダーレジ」の開発を行なっています。「ワンダーレジ」にはサインポストの人工知能「SPAI」と画像認識技術が活用されており、「ワンダーレジ」に商品を置くだけで商品識別・支払額の計算が行われる仕組みとなってます。

「ワンダーレジ」は現在、ポプラが展開するコンビニ「生活彩家」の貿易センタービル店に設置されており実証実験を実施中です。今後「ワンダーレジ」を本格展開するため、トッパンフォームズが全国にある自社の顧客基盤などを活かし、販売体制の構に取り組んでいくとしています。
さらにトッパン・フォームズとサインポストは端末の保守・点検といったアフターサービスやカスタマーサポート、ワンダーレジの導入・運用に関わる周辺サービスの提供についても順次検討を開始するとのことです。

関連記事

情報提供元:BITDAYS
記事名:「凸版印刷子会社とサインポストが提携 無人AIレジの販売・保守を展開