日本の但馬信用金庫と播州信用金庫の視察団がリップル社に訪問!

日本の信用金庫である但馬信用金庫播州信用金庫の視察団が、アメリカ・ニューヨークにあるRipple(リップル)社のオフィスに訪問したことが明らかになりました。

地方銀行でリップル社のシステムを活用なるか

但馬信用金庫と播州信用金庫は、どちらも兵庫県に本店を置く信用金庫として知られています。

2行の視察団は今回ニューヨークにあるリップル社のオフィスへ訪問。インフラ・イノベーション部門のグローバル責任者であるDilip Rao(ディリップ・ラオ)氏が2行に対してプレゼンテーションを行いました。なお、2行がどのような目的でリップル社のオフィスに訪問したのかは明らかになっていません。

SBIホールディングスといった大手金融機関がリップル社のシステムを活用する中、地方銀行でもリップル社のシステムやXRPを活用するのか、今後も注目です。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社の「RippleNet(リップルネット)」とは?
リップル社の「xVia」とは?企業の決済システムや業務効率が変わる
XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?
リップル社の「xCurrent」とは?ILPで世界の金融システムを変える

情報提供元:BITDAYS
記事名:「日本の但馬信用金庫と播州信用金庫の視察団がリップル社に訪問!