リップル社がSWIFT(国際銀行間通信協会)主催のカンファレンス「Sibos」に出展決定!

Ripple(リップル)社がSWIFT主催のカンファレンス「Sibos」に出展することが明らかになりました。

国際送金世界大手のカンファレンスにリップル社が出展

イベント
「Sibos」は10月22日(月)〜25日(木)、オーストラリア・シドニーで開催される金融業界向けのカンファレンスです。SWIFT(国際銀行間通信協会)が主催しており、カンファレンスにはCiti(シティ)グループ、IBM、J.P.Morgan(JPモルガン)といった国際的な企業はもちろんのこと、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などといった日本国内の金融機関の出展がアナウンスされています。
また今回はリップル社も出展が決定しました。リップル社では世界中の金融機関との提携や「xRapid」の商用利用開始など、国際送金に大きな影響を与える取組みを行なってきました。伝統的な国際送金サービスを提供し続けているSWIFTのカンファレンスに出展決定したことで、リップル社にさらに多くの注目が集まってきています。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?
香港のCrypto.comでRipple(リップル)対応!ウォレットやVisaデビットカードでXRP利用可能に
2020年東京オリンピックでリップル(XRP)を公式通貨に!署名活動に多くの賛同者集まる
リップル社のxCurrent活用!SBIの送金アプリ「MoneyTap」サービス開始

情報提供元:BITDAYS
記事名:「リップル社がSWIFT(国際銀行間通信協会)主催のカンファレンス「Sibos」に出展決定!