2020年東京オリンピックでリップル(XRP)を公式通貨に!署名活動に多くの賛同者集まる

2020年に行われる東京オリンピックにてリップル(Ripple/XRP)を公式通貨にしようという署名活動が行われており、SNSを中心に大きな話題となっています。

オリンピックで発生していた両替の混雑をXRPで解決


この署名活動はオンライン上で署名を集めるプラットフォーム「Change.org」で実施中。目標人数は7,500人ですが、本日10月5日(金)13:35時点で6,160人とすでに多くの賛同者が集まってきています。
過去の北京やリオ・デ・ジャネイロでのオリンピックでは、現地通貨へ両替しようと多くの観光客による混雑が発生していました。署名活動を始めたKen Takahashi氏は「XRPが持つ高速な処理能力とセキュリティがこういった問題の解決に貢献できるだろう」と指摘します。国際送金分野で活用されてきたXRPですが、国際的なイベントでも活用される時が来るかもしれません。

「Make XRP the official cryptocurrency of the Tokyo Olympics 2020!」署名ページはこちら

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社のxCurrent活用!SBIの送金アプリ「MoneyTap」サービス開始
オンライン署名収集のChange.orgがモネロ(XMR)のマイニング寄付ツール「The Mining Screensaver」を発表!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「2020年東京オリンピックでリップル(XRP)を公式通貨に!署名活動に多くの賛同者集まる