大和証券が株式売買でブロックチェーン活用へ!実証実験も実施

日本の証券大手である大和証券が、株式売買の一部でブロックチェーンを活用することが明らかになりました。


ブロックチェーン活用で業務効率化へ


大和証券は、株式売買の中で行う「約定照合(売買成立後、数量や価格が売り手と買い手で一致しているか確認すること)」と呼ばれる作業でブロックチェーンの活用を検討しているとのこと。約定照合では、小数点以下の扱いなどといった基準が金融機関によって異なっています。基準を事前に定めたうえでブロックチェーンを活用すれば、大幅に作業の効率化が行えることが明らかになっています。

ブロックチェーン活用の約定照合は、運用会社や信託銀行など25社と共同で実証実験を実施予定。その後2019年1月をめどに約定照合の統一基準を決定するとしています。



また大和証券は、仮想通貨事業への参入を検討していることが中田誠司社長によって明らかになっています。今回のような業務でのブロックチェーンの活用は、仮想通貨事業への参入への一歩となっているかもしれません。

関連記事

大和証券が仮想通貨事業参入を検討!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「大和証券が株式売買でブロックチェーン活用へ!実証実験も実施