仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera(オペラ)」でERC-721規格トークン「NFT」が対応!

仮想通貨ウォレットが搭載された大手ウェブブラウザの「Opera(オペラ)」にて、新機能の追加が発表されました。


DApps「CryptoKitties」で活用のNFTが対応


今回、ERC-721規格のトークンである「NFT(Non Fungible Token)」の対応が発表されました。NFTは代替不可能トークンで「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」など多くのDAppsで活用されています。Operaのウォレットでサポートされたことで、NFTの保管が可能になります。

また、トランザクションの処理の進行状況などの通知を行う機能も新たに追加されているようです。


関連記事

ブラウザ「Opera(オペラ)」アンドロイド版でイーサリアムウォレット機能実装!

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

情報提供元:BITDAYS
記事名:「仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera(オペラ)」でERC-721規格トークン「NFT」が対応!