アメリカの金融大手Citi(シティ)グループが新たな仮想通貨取引「デジタル資産証券」開発!

アメリカの金融大手で知られるCiti(シティ)グループが、新たな金融商品「デジタル資産証券(DAR)」を開発していることが明らかになりました。


新たな仮想通貨取引の仕組みを提供


仮想通貨関連の新たな金融商品「デジタル資産証券(DAR)」では投資家が仮想通貨を保有せず代理人が取引を行うという仕組みとなっています。この仕組みはADR(有価証券の所有権を示す証明書)と同じであり、今までの仮想通貨取引ではなかった新たな手法となっています。

Citi(シティ)グループは「デジタル資産証券(DAR)」の提供を通じて、すでに存在する規制に準ずる金融システムを採用することによって仮想通貨取引を行いやすくするのが狙いだと言われています。


関連記事

世界最大の保険組合Lloyd’s(ロイズ)が仮想通貨業界へ参入!

バンク・オブ・アメリカが仮想通貨カストディシステムの特許を出願!

ゴールドマン・サックスが仮想通貨のカストディサービス提供へ!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「アメリカの金融大手Citi(シティ)グループが新たな仮想通貨取引「デジタル資産証券」開発!