リップル社のxCurrentを活用!SBIレミットの国際送金累計額が5,000億円を突破

SBIグループの企業であるSBIレミットが、国際送金の累計額が5,000億円を突破したことを発表しました。

多くの海外ユーザーを持つ国際送金サービスでxCurrent活用


SBIレミットでは220ヶ国に向けに国際送金サービスの提供を行なっています。海外国籍を持つユーザーが国際送金サービスを多く利用しており、現在約45万人がサービスの登録を行なっています。特にフィリピン、中国、ベトナム、ネパールといったアジア諸国への送金が多いようです。
海外送金サービスにはRipple(リップル)社xCurrentを活用。従来のSWIFT(国際送金システム)で抱えていた、送金スピードが遅く高額な手数料が発生するといった問題がxCurrentでは解消され、安い手数料かつわずか数秒で送金を行うことができます。
高度な送金システムであるxCurrentを活用したことで、SBIレミットの国際送金累計額が5,000億円を突破しました。日本に在留する外国人は現在256万人以上おり、今後もさらに増加すると言われています。SBIレミットの国際送金サービスは今後さらに成長していくことでしょう。

関連記事

リップル社やコインベースが「アメリカで最も人気のあるスタートアップ50社」にランクイン!
リップル社、100社以上と提携!共同設立者クリス・ラルセン氏が発言
TransferGoがリップル社の技術を活用した送金サービス「TransferGo NOW」を開始!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「リップル社のxCurrentを活用!SBIレミットの国際送金累計額が5,000億円を突破