メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)と仮想通貨スタートアップのPlayer Tokensが提携!

メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)が、仮想通貨スタートアップ企業Player Tokensと提携を行いました。

野球選手のコレクションサービスを展開

今回提携を行なったことで、Player Tokens上で30のメジャーリーグベースボールチームから選ばれた選手のトークンを集めることができる、いわゆるCryptoKittiesのようなコレクションサービスを展開していくとしています。Player TokensのWebサイトやモバイルサイトを通じて選手のトークンを購入することができるとのことです。
Player Tokensは野球選手のコレクションサービスを通じて、野球ファンに仮想通貨を知ってもらうことを目的としているようです。

関連記事

ブロックチェーン活用の「Zacpot(ザックポット)」で甲子園の結果予想受付開始!
DApps『CryptoKitties(クリプトキティーズ)』の特徴や登録方法、遊び方、稼ぎ方は?

情報提供元:BITDAYS
記事名:「メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)と仮想通貨スタートアップのPlayer Tokensが提携!