ビタブリットCはどんな商品?

ビタブリットCは、公式サイトの情報を簡単に抜粋すると、従来はすぐ酸化してしまうために扱いが難しかったピュアビタミンC(アスコルビン酸)を、亜鉛などのミネラル分と組み合わせる特許技術によって安定して使えるようにしたパウダーで、少量の水やスキンケアクリームなどと混ぜて使用する事で、美白などのケア効果が得られるアイテムとの事。

ビタミンCやミネラル分以外にも様々な成分が配合されていますが、主要な効能成分としてはビタミンCが役割を果たしている形のようです。

ビタブリッドC フェイス ブライトニングの成分

成分名特徴
アスコルビン酸ビタミンC(抗酸化力、抗炎症)
酸化亜鉛特許製法用? 一般的には紫外線散乱剤
ステアリン酸グリセリル多価アルコール、乳化剤
アセチルグルコサミン肌の保湿力強化
ナイアシンアミドビタミンB群。皮膚の血流促進
セリンアミノ酸。保湿成分
ベタイン保湿成分
加水分解コラーゲン保湿成分
アデノシン抗シワや育毛製品に使用される
他のどれかの原料の基材?
アラントイン抗炎症成分

ビタブリットCの成分を見ると、売りにしているビタミンC以外にもアセチルグルコサミンやナイアシンアミド、アデノシンといった肌を元気にする成分や、保湿効果の高い成分が豊富に含まれています。

単純にスキンケアコスメとしてとらえても、美肌効果が高い内容になっていると言えそうな気がします。

ビタミンCのスキンケア効果

ビタブリットCがうりにしているのは「ピュアビタミンC」ですので、ビタミンCのスキンケア効果や特徴についてご紹介します。

ビタミンCは非常に高い抗酸化力を保有しており、人の体内においても活性酸素を除去して細胞のダメージを防ぐという役割を担っています。
そのため、ビタミンCを十分な量摂取する事が健康に好影響をもたらすといわれる事も多く、これは肌の健康についても同じこと。

ビタミンCをスキンケアに使用すると、肌において紫外線などのストレスなどによって作り出される活性酸素を除去するため、活性酸素による肌のダメージを防いで高い抗炎症作用を発揮します。

また、ビタミンCはメラニンの合成をブロックする作用もあり、継続して使用する事で新しいシミ(メラニン)ができるのを防ぐ事ができます。
その他にも、皮脂の過剰な産生を防止したり、コラーゲン産生を促進する作用があるとされています。

ビタミンCはそのままでは品質が変わりやすい

こんなに有用な成分であるビタミンCですが、化粧品に使用するためには一つ大きな課題があり、それがすぐに品質が変わってしまうという事。

高い抗酸化力というのは、ビタミンCが酸素と結びつく力が強いという意味合いでもあるため、保管方法などを工夫しないと、使用していなくてもすぐにビタミンC自体が酸化して効果を失ってしまいます。

そのため、ほとんどの化粧品ではビタミンCをそのまま使用するのではなく、ビタミンCと他の成分をくっつけて安定させた状態にする事で、品質を安定させているのですが、これがビタミンC誘導体と呼ばれるものです。

ビタミンC誘導体は成分として安定しているため、品質が劣化しにくくなり、またくっつける成分によって水溶性や脂溶性、どちらにも浸透するものなどを変えられるため、角質層への浸透をしやすくする事も可能なため、重宝されているのです。

しかし一方でビタミンC誘導体は他の成分と結合しているために分子のサイズは元のビタミンC(ピュアビタミンC)よりも大きくなってしまい、分子サイズという点では角層への浸透がしにくくなってしまう難点があります。

ビタブリットCは特殊製法によりピュアビタミンCを安定配合

ビタブリットCの最大の特徴は、こうした非常にスキンケア効果が高いながらも扱いにくいビタミンCを、亜鉛などのミネラル分と組み合わせる事で、安定した状態で使用できるようにした事だと紹介されています。

これがどのような技術によって行われているかについては「国際特許取得」や「世界有望8大技術にも選定」とは記載されているのですが、特許番号なども掲載されておらず具体的な部分は不明でした。

また、この技術によってビタミンCを安定利用できると同時に、ビタミンCによる効果を12時間程度にわたって少しずつ得られるという事で、長時間のケア向きになっているという特徴もあるようです。

ビタブリットCをニベアに混ぜて使うとシミが消えるの?

最近この商品が話題になっている主な理由は、ニベアと混ぜて使用するとシミが消えるというマーケティングが浸透しているからではないでしょうか。

実際にビタブリットCをニベアに混ぜて使用するとシミへの効果が得られるかというと、結論から言えば「薄くしていく事はできそう」というものになります

その理由として、まずビタブリットCの主要成分として酸化亜鉛が使用されている事。
酸化亜鉛は紫外線散乱剤としての効果を持ちますので、ニベアなどのクリームに混ぜて日中肌に塗布しておけば、UVカット効果が得られます。

次にビタミンCですが、ビタブリットCに含まれるビタミンCがどの程度の効果を発揮できるかは明確には分かりませんが、ピュアビタミンCを使用しているという事であればそれなりに高い抗酸化作用が得られ、メラニンの産生を阻害する事が考えられます。

そこにプラスして血行促進などによって肌の代謝を高めるナイアシンアミドやアデノシンなども配合されていますので、新しいシミができるのを予防しつつ、各層内のシミの排出を促していくというケアが期待でき、これがシミを薄くしていく事は可能という結論の理由です。

ただし、今あるシミに即効性があるかというとそれはそもそも化粧品では難しいですし、そもそもシミは種類によって原因や対処法も大きく変わりますので、あっという間にシミが消えるなんていう事はまずないでしょう。

ビタミンCの効果を期待するなら他の商品もおすすめ

ビタブリットCを検討し迷っている方が、ビタミンCによるスキンケア効果を体験したいという事であれば、他にもおすすめできる商品がありますのでご紹介します。

オバジ C20セラム

元々ニキビ対策用として人気だったオバジシリーズ。
現在はロート製薬が開発を行っており、CシリーズはピュアビタミンCを独自の技術で安定して高濃度配合したシリーズになっています。

現在ある中で最もビタミンCの濃度が高いものはC25ですが、それより一つ下のC20セラムで、ビタミンCが3000㎎(3㎎)配合となっていましたので、ビタブリットCよりもビタミンC分量でいえばこちらの方が多い計算です。
(ビタブリットCは容量3㎎で、ビタミンC以外の成分も含めての内容であるため。正確なビタミンC配合量は不明)

ただし、ビタブリットは長時間で少しずつビタミンCが溶けだしてくるという商品とされていますが、オバジの場合は直接肌にビタミンCを塗布するようなイメージですので、即効性と持続性という作用の違いはあります。

単純にビタミンCの美肌効果を体感したいという場合は、オバジがわかりやすいという点でおすすめです。
注意点として、実際に購入する際はいきなり濃度が高いものだと刺激が強く感じる可能性もあるので、C5など薄めの物から始めるか、手持ちの化粧水などで薄めて調整すると良いでしょう。

トゥヴェール クリスタルパウダー

こちらはピュアビタミンCではなくビタミンC誘導体ですが、APPSという非常に浸透力が高いビタミンC誘導体の粉末です。

APPSは水にも油にも溶けるという性質から、角質層内への浸透力が非常に高く、ピュアビタミンCの100倍もの浸透力があるとされています。

APPSは1%濃度で十分なスキンケア効果が得られるといわれていますので、ニベアなどに混ぜて使用するならかなり少量で良いでしょう。

尚、こちらは当然ながらビタブリットCのように紫外線対策や肌の代謝促進があるような成分は含まれていませんので、ビタブリットC&ニベアと同じような効果を期待するのであれば、ナイアシンアミドなどが配合されたトーンアップ系のUVケアクリームなどと混ぜた方が良いでしょう。

ビタブリットCの効果を正しく理解して検討してみてください

以上のように、ビタブリットCはそれ自体のスキンケア効果はとても良さそうですし、シミへの効果も即効性はないでしょうが、徐々に薄くしていく点では優秀だと考えられます。
ただし、シミはターンオーバーによるメラニン排出を促しても解消しないケースもありますので、しっかり消したいのであれば一度詳しい美容皮膚科などに相談した方が良いでしょう。

ビタブリットCは配合されている成分をみても十分に魅力的ですが、話題の作られ方がやや誇大広告(メーカーが直接は言っていませんが)になってしまっている点が、やや残念かなという印象です。
……とはいえそのくらい分かりやすくなければヒットしないというのも確かなのですが。

情報提供元:女美会
記事名:「ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて