マスクの中は

外出の必需品となったマスク! アラフォーママの快適なマスクライフのコツとは?

こんにちは! アラフォーママのMayです!

新型ウイルスの流行により外出の機会が減ってしまっていましたが、近頃ようやく散歩などに子供と一緒にまた出かけられるようになってきましたね!

そこで欠かせないのがマスク! いろいろなタイプのマスクが売られていますが、今日ご紹介したエピソードは、使い捨ての不織布タイプをつけていた時のお話です。

マスクを外すとそこにはくっきりとニャンコのヒゲのような跡が!いつから私はCatsのキャストに?
これは恥ずかしいニャー!

たかがマスクの跡、すぐに消えるだろうと思いきや、しばらくしてもCatsの変身がとけないのはやはりアラフォーだからでしょうか! それとも私こそが真のジェリクルキャットなのでしょうか! 悲しみ!

悪さをしたのは耳掛けのゴム、ではなくマスクの折り目! えっ! そっち!? そうなんです、不織布マスクの中でも硬めの素材のものは折り目の跡がついてしまうことがあるんですね。

娘は覚えたばかりの言葉で無邪気に喜びますが、これが友達や職場の方とのランチの場だったら恥ずかしさ倍増ではないですか?
ついでに擦れた鼻の頭は赤くなり、口周りのメイクは蒸れてよれたりするので、意外とマスクライフは憂鬱になりがち。。。

マスク対策としてできることは、まず日頃のケアで肌のハリをできるだけキープします。汗をかく季節ですが、お風呂上がりにはたっぷりのクリームを塗って、翌朝はピチピチ!
そしてメイクはなるべく薄めにして、マスクの擦れによるメイク崩れを防ぎます。マスク自体が汚れるのも少なくて済むかも。
それでもやっぱりCatsになっちゃったときは、諦めて「メモリー」でも歌いましょう!

本日の教訓

マスクに隠れたその肌も、ハリのキープは忘れずに!

作:May
イラスト:桑原コウイチ

情報提供元:女美会
記事名:「『マスクの中は』〜アラフォーママの育児日記〜