期待以上! サロン帰りのようなふっくら柔らか髪に

自宅で使用するトリートメントって、それなりではあるけれど、流石に美容院で数千円払ってやるトリートメントほどは仕上がりが良くない。
正直、そう思い込んでました。

ですが、このワイルドハーブのヘアマスクを使用して、その考えが覆されました。

ダメージというほどではないものの、アイロンをよく使うため毛先がなんとなく硬くなりがちで、毎日きちんとケアしているのに最後の美容院から1ヶ月もすればさすがにパサパサゴワゴワしてきてしまう。そんな私でも、これを使ったら、美容院帰りのあの柔らかくふっくらムチムチした髪の毛が復活したんです。

ワイルドハーブ ヘアマスク PD

28g + スチームリボーンヘアキャップ
約3回分(1ヶ月分)/ 1,500円(税抜)

強い生命力のワイルドハーブ(野生植物)由来の成分を配合した、ヘアケアアイテム。付属のヘアキャップでじ〜っくり蒸しながら髪に浸透させ、洗い流して使う集中ヘアケアキットです。パーマやヘアカラー、セット剤、コテなどで受けた損傷毛に使用します。

ワイルドハーブとは?

ワイルドハーブとは野生の植物のこと。「ワイルドハーブ ヘアマスク」で使用されているワイルドハーブは地球上で最も古い植物と言われているコケ類のヒメツリガネゴケ(フィトール)、過酷な環境で育つウチワサボテン(オブンチアフィクスインジカ種子油)、そして高山植物のエーデルワイス、ブナ芽エキス、ワイルドタイムなど。

月3回のホームケアでサロンの仕上がりが続く秘密

生命力が強い植物由来の成分と、毛髪補修成分を配合した濃厚なワックス状のトリートメントで、付属のヘアキャップを使い集中的にケアします。

まず、損傷した毛髪を補う加水分解ケラチン、加水分解ハチミツタンパクなどの成分が、細毛やうねり、髪やせなどの損傷毛「プロテインダメージ」に効果を発揮します。

天然由来のロウ成分としては、キャンデリラロウ、コメヌカロウを配合。

そして髪を柔らかく滑らかにするのは、数種類のオイル。アルガンオイル、シアバター、モリンガシードオイルなどの栄養分の豊富なオイルが髪に栄養を与えながら表面をなめらかにコート。

付属の「スチームリボーンヘアキャップ」のスチーム効果で、髪の内部に蒸気とともに栄養成分を入れ込み、天然由来のロウ(常温で固まる油成分)が毛髪の外側にあるキューティクルを閉じ、髪表面を整え、髪内部の潤いが逃げにくくなります。
たっぷりと潤いを抱えた髪がふっくらモチっと柔らかな質感になり、髪にハリと弾力が出て、ヨレを防ぎます。

香りは植物精油だけを使用

ユーカリ葉油、スペアミント油、オレンジ果皮油などを使用しているので、オレンジの甘酸っぱさの中にほんのりユーカリとスペアミントの鼻を抜ける清涼感が感じられ、蒸し暑いこの時期に爽快感をくれる香りです。

使い方

①シャンプーで髪を洗いよくすすぎ、しっかり水気を切る

②「ワイルドハーブ ラ・ボーテ・メゾン」の容器から1/3を手に取り、毛先を中心に全体になじませる

③「スチームリボーンヘアキャップ」を被って、10〜15分おき、よく洗いながす
(湯船に浸かりながらやると熱が逃げにくく蒸気がこもりやすいのでおすすめ)

仕上がり

普通にドライヤーで乾かしただけで、毛先までしっとりなめらかな髪に仕上がります。
本当にサロン帰りのようなモチモチっとした質感で、テンションが上がります。

やみつきになる髪の指通りをぜひ体感してみて

自宅のケアではなかなか叶えにくいような髪の上質な質感に、きっと病みつきになります。
しかも10日に1回だけのケアで、理想的な髪質が長続きするので、なかなか美容院に行く時間が取れない時などにも役立ちます。

紫外線やエアコンの乾燥、汗をかくなどで髪が傷みやすい時期ではありますが、集中ケアで綺麗な髪を維持しましょう。

情報提供元:女美会
記事名:「もう病みつき!サロン級のうるモチ髪が復活するワイルドハーブのヘアマスク