CCクリームのレビューの前にちょこっと豆知識

皆さん、BBクリームとCCクリームの違いをご存知ですか?

BBクリームはblemish balm(ブレミッシュバーム)、blemish base(ブレミッシュベース)、あるいはbeblesh balmを("blemish"に関する著作権上の理由から)省略したものです。
欧米ではbeauty balm(ビューティ・バーム)と呼ばれているそうです。

美容液、保湿クリーム、ベースメイク、ファンデーション、日焼け止めを兼ねたオール・イン・ワンの化粧品であると宣伝されていて、日本ではIKKOさんがエチュードハウスのものを紹介してブームになりました。

対してCCクリームは「Care Control(ケア コントロール)」や「Color Control(カラー コントロール)」の略。
定義はメーカーやブランドによって異なりますが、『化粧下地+日焼け止め+肌色補正』を兼ね備えています。 つまり、BBクリームのように美容液成分や保湿クリーム、ファンデーションとしての役割はあまり期待できません。

ただしBBクリームよりも薄付きな分、肌への負担が軽いのも魅力のひとつです。

さて本題!シャネルのCCクリームの使用感は?

まず香りをチェック。アーモンドと花が合わさったような甘い香りがします。これはシャネルのボディクリームの匂いとほぼ同じです。
テクスチャーは軽く、とても伸びがいいです。パール粒1つの大きさで顔全体をカバーできます。

塗ってみると・・・顔色が明るくなったような感じになりました。でも白浮きしているわけではなく、きちんと肌と馴染んでます。

資生堂の商品で「ご近所美肌」というキャッチコピーのものがありますが、ちょっとそこまでなら、これだけで充分ですね。

パウダーを重ねてみたら

メイクした感じを出したいときのために、ルースパウダーを上から乗せてみました。

これで、ポイントメイクをしたら「メイクしましたよ」と人に言っても疑われない仕上がりになりました。

肝心のところ!毛穴落ちする?

CCクリームのみなら、5時間たっても毛穴落ちしませんでした。
というより、とても薄つきで日焼け止めのような感じなので、崩れ方がきれいでお直しもとても楽ですね。

終わりに・・・

シャネルのCCクリームについて書いていきました。ここまで読んでくださってありがとうございます。

シャネルのベースを使うのは初めてでしたが、やはり口コミ評価が高いものは大抵そんなに失敗しないですね。

カバー力をお望みなら、やはりファンデーションやBBクリームに軍配が上がりますが、薄つきで素肌のような仕上がりなら、CCクリームの方が良いと思います。

また上記のように、パウダーを重ねればCCクリームでもメイクした感じは充分しますから、シーンに合わせて使い分けすればいいですね。

まだ夏前なのに、かなり日差しが強く、気温が高い日も増えています。

紫外線対策しながら、キレイを守りましょう!

情報提供元:女美会
記事名:「口コミ高評価多数! シャネルのCCクリームを使ってみました