マスクにつきにくいリップの選び方

マスクにつきにくいリップを選ぶ時は、以下の4つのポイントに注意してみてください。

・ティントタイプ
・マットタイプ
・肌なじみの良いカラー
・保湿効果

ティントタイプのリップは唇を染めたような発色で、落ちにくいのが特徴です。また、ツヤのあるグロスはベタついてマスクにつきやすいので、サラサラとしたつけ心地のマットタイプがおすすめです。
色は肌なじみの良いものを選ぶと、マスク移りが目立ちません。濃い赤よりもヌーディーカラーが◎マスクをしていると唇が乾燥して荒れることもあるので、保湿効果の高いリップで、ほんのり血色感をプラスしても良いでしょう。

色移りが目立たない! マスクにつきにくいリップ5選

それでは、マスクにつきにくいと話題のリップを5つご紹介します!

①メイベリン ニューヨーク『SPステイ マットインク』

1,500円(税抜)

落とすまで鮮やかな発色が続く、マットタイプのリキッドリップ。塗った後に2〜3分乾かすのが、長持ちのポイントです。マスクやカップにもつきにくく、メイク直しも不要!塗りたての美しさが長時間続く、カラーバリエーション豊富な高発色リップです。

②Fujiko(フジコ)『フジコアゲリップ』

1,280円(税抜)

ぼんやりした唇の輪郭をリップの芯でふちどり、キュッと口角を上げて、色っぽい唇に仕上げるフジコのアゲリップ。バーム部分で唇を潤せば、ツヤやかな唇に! 染めたような発色が長時間続くティント処方で、軽くティッシュオフすれば、マスクにも色移りしません。

③LOREAL PARIS(ロレアル パリ)『ルージュシグネチャー』

1,800円(税抜)

鮮やかなカラーも軽やかに色づき、唇の質感がうっすら透けるマットリップ。ソフトな発色だから、派手なカラーも自然になじみます。唇と一体化するように密着する秘密は、サラサラ軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方にあります。色持ちが良く、メイク直しの頻度も少なくて済みますが、マスクにもつきにくいと評判です。

④ディエム クルール『リッププライマー』

3,400円(税抜)

マスクを外した時に、マスク内の水蒸気とともに肌の水分も奪われるので、肌や唇も乾燥しがちです。リッププライマーは美容オイルと美容成分配合なので、唇の潤いを守りながら、自然な血色感が続きます。乾燥対策だけじゃなく、紫外線対策もできるリップで、SPF18・PA++のUVカット効果があります。ほんのり自然な発色とツヤを与えてくれる、マスクにつきにくいリップです。

⑤セザンヌ『ラスティングリップカラー』

480円(税抜)

保湿成分オリーブスクワランとローヤルゼリーエキス配合。唇の潤いを守り、荒れやカサつきを防ぎます。鮮やかな発色が長時間続く、落ちにくいリップです。カラーバリエーションも豊富ですが、肌なじみの良いカラーは血色感をプラスする102です。

おわりに

マスクにつきにくいリップを使うと、メイク直しの回数も減らせます。マスクが手放せない日々が続いておりますが、落ちないメイクでマスク生活を乗り切りましょう!

情報提供元:女美会
記事名:「落ちないと話題! マスクにつきにくいリップ5選