集中ボディメイク

外食の誘惑や付き合いの飲み会の少ない今こそ、ストイックにボディメイクできる絶好のチャンス! 今後のためにあまりお金も使わずに食費も必要最低限に抑えたいという方も多いでしょう。
食事の量や内容を見直し、室内で可能な運動などで、目指すボディラインのための習慣を続けてみませんか。
例えば、ネットでは室内のトレーニングがたくさん出てきますし、またEMSマシンなどの運動せずにボディメイクできる商品もたくさんありますので、そういったものを活用しましょう。jobikaiでもダイエットに関する記事をたくさん掲載していますので、こちらもぜひご覧ください。

肌リセット

肌老化の原因の大部分を占めるのは紫外線。外出が減るのは肌にとっては好都合です。しかも、マスクをしていればメイクも不要。
しばらくはノーメイクで過ごして肌負担を避け、肌のコンディションを整えてみましょう。
数日後には「私の肌ってこんなに綺麗だったんだ!?」と驚くはず。
すっぴんでも忘れてはいけないのは、保湿とUVケア。軽めのUVカット効果のある日中用クリームを使用するなどを忘れずに。

断捨離・大掃除

一日中自宅にいるなら、身の回りは綺麗な方がいいですよね。
不要なものを手放す断捨離は、一気にやると時間はかかりますが、自分の身の回りがすっきりして気持ちもリフレッシュします。部屋の掃除は衛生的にもいいので、新型コロナウィルスに限らずウィルスを寄せ付けないためにもしっかりやっておきたいですよね。
また、今年は例年よりも早く暖かくなりましたので、すでに夏物を用意したくなった方も多いと思います。少し早めではありますが、衣替えをしてしまってもいいかもしれません。

勉強・資格取得

子供の頃は勉強があんなに嫌いだったのに、大人になると楽しくなるのはなぜでしょう。
知識が増えると自分がワンアップしたみたいでちょっとだけ自信がつきますよね。
仕事のスキルアップや資格取得の対策は、ある程度まとまった時間が必要なので、この際にやってみましょう。
また最近、楽器の弾き方や、文学、俳句や、大学などの講義といった、生涯学習系のセミナーをその道の専門家が無料で動画配信していますので、お得に知識を深められます。

映画・連ドラ

みたかった映画、見逃した連続ドラマ、録り溜めていたテレビ番組を一気見!
ポップコーンや、チーズにワインなど、お家シネマ気分で楽しんじゃいましょう。

手間のかかる料理

一度は作ってみたいけど、時間がなくてできなかった料理、オシャレすぎてどういうタイミングで作ったらいいかわからないお菓子・・・など、ありませんか?
時間のある今だからこそ、挑戦してみましょう。
在宅期間が長いと、日持ちする煮物や、すぐに作れるインスタントな料理に頼ってしまいがちかもしれませんが、たまには腕によりをかけて、家族でプチパーティーも楽しいかも。

手芸・工芸

裁縫や編み物、陶芸や絵画など、趣味を深めるのもオツなもの。
最近はオーブンで焼ける陶芸用粘土なども販売されているので、以外にも簡単に始められるんです。

ネイルケア

ネイルはサロン派!という人でも、不要不急の外出を避けてサロンに行けていない状況にあると思います。
それなら、ネイルをしていない間のすっぴんネイルケアはいかがですか?
ただのスッピンネイルも、しっかりケアしてあげるだけで美しい「スッピン美人」になれるんです。


またこれから暖かくなる季節を先取りして、フットネイルのケアもしておくと、いざという時に自信を持って素足を出せますよ。

靴・バッグ磨き

毎日使うお気に入りの小物って、改めて見ると細かな汚れやしわ、しみ、よれなどが結構あったりします。
特に革製品は、お手入れしてあげないと乾燥してしまったり色落ちしたりして、どんどん劣化してしまいます。
革製品用のクリーナーや、補修用のクリームを使用して、バッグや靴のケアをしておくと、次のお出かけの時にご機嫌ですよ。

瞑想、リフレッシュ

毎日忙しく過ごしていた人は、外出自粛が始まると同時に、今までどれだけ疲れが溜まっていたか、と実感すると思います。
また世界的なウィルスへの警戒感や、経済的な不安が高まる風潮で、気持ち的にも暗くなってしまいがち。
そんな時は心のケアで自分を癒してあげましょう。
入浴剤のお風呂にゆっくり浸かる、ヒーリングミュージックで瞑想する、ハーブのアロマテラピーをする、南国などの映像を大画面で眺める、など、自分が心地よいと思う方法で、心のリセットをしましょう。

最近はバーチャル森林浴というものもあり、ヘッドフォンと映像で家にいながら自然の中にいる疑似体験ができるものもあります。
VRゴーグルとヘッドフォン、アロマデフューザーがあれば完璧ですね。

おわりに

「コロナ疲れ」「自粛疲れ」なんて言葉もできるほど、ストレスを感じやすい現状ですが、今だからこそできることを見つけて、ポジティブに乗り切っていきましょう。

情報提供元:女美会
記事名:「自宅でQOL向上! 外出自粛の今だからこそやりたい10のこと