花粉ブロックスプレーとは?

花粉ブロックスプレーとは花粉が吸着するのを防ぐスプレーのことで、イオン膜を作って肌をコートしたり、静電気を抑制したりして花粉をブロックします。メイクの上からも使えますし、髪にも使えて便利です。

イハダ『アレルスクリーン EX』の特徴

イハダは資生堂の医薬品・スキンケアブランドで、イハダの花粉ブロックスプレーには資生堂の特許技術を採用した成分が入っています。イオンの透明ベールで顔を覆い、花粉やPM2.5が肌に付着するのを抑制します。イハダのこだわりポイントは、天然温泉水にあります。天然温泉水配合だから霧のように粒子が細かく、肌や髪にムラなく広がって、花粉をしっかりブロックします。

【商品情報】
IHADA(イハダ)『アレルスクリーン EX』
50g/900円(税抜)
100g/1,600円(税抜)

アレルシャット『ウイルス 花粉 イオンでブロック』の特徴

アレルシャットは殺虫剤メーカー“フマキラー”の花粉ブロックスプレーです。ふんわりミストが広がって、スプレーした箇所をコートします。陽イオンポリマー(プラスイオン)が花粉を反発・吸着し、目や鼻、口から侵入するのをブロックします。アルコールフリーだから、アルコールに敏感な方も安心して使えます。保湿成分ヒアルロン酸Na配合のスプレーです。

【商品情報】
アレルシャット『ウイルス 花粉 イオンでブロック』
160回分/1,000円(税抜)
300回分/1,500円(税抜)

花粉ブロックスプレーの使い方

スプレーを使う時は、顔から20cm程度離して吹きかけます。1か所にシュッとかけるのではなく、顔や髪全体に広がるようにかけるのがポイントです。どちらのスプレーも、約4時間おきに1日3~5回の使用を推奨しています。

イハダとアレルシャットの使用感

実際に2つのスプレーを使用してみたところ、粒子はイハダの方が繊細で柔らかに感じられました。肌なじみも良く、スプレー後の肌はサラサラです。アレルシャットは多少みずみずしさが残ります。また、アレルシャットはアルコールフリーですが、私はそれほどアルコールに敏感ではないため、どちらも問題なく使用することができました。

効果に関しては、アレルシャットの方が勝っているように感じられました。私の場合、花粉が多い日は窓を開けただけでもくしゃみが出るのですが、アレルシャットをしてベランダに出たところ、くしゃみ、鼻水、目・肌の痒みといった症状も現れませんでした。ただ、日によって花粉の量も違いますし、スプレーの噴射量にも差があるかもしれないので、一概にアレルシャットの方が効果が高いと言うのではなく、あくまでも個人的な感想です。

終わりに

今回は、イハダとアレルシャット、2つの花粉ブロックスプレーを比較してみました。花粉症が辛い時は、何もないよりスプレーがあると安心です。マスクの上からも使えるので、花粉症が酷い方は是非試してみてください。

情報提供元:女美会
記事名:「花粉ブロックスプレー【イハダvsアレルシャット】使用感と効果を徹底比較