幹細胞コスメって何? どんな効果?

幹細胞コスメというのは、一般的に「幹細胞培養液エキス」という美容成分が配合されたスキンケアコスメの事を指します。
幹細胞というのは簡単に言えば「細胞を作り出す細胞」の事で、近年医療分野でよく話題になる「iPS細胞」や、結局あるのか無いのかは分かりませんが、一時期騒動になった「STAP細胞」などもこれにあたります。

細胞を作り出す幹細胞を使うとなると、新しく肌の細胞が作られたりとか、なんだかすごく強力なスキンケア効果がありそうな気がしますよね!

ちょっと待って! 幹細胞コスメに「幹細胞」は入ってない!!

と、ここで注意したいのが、いわゆる幹細胞コスメには「幹細胞」そのものは入っていないんです。
前述のように、幹細胞コスメに入っているのは「幹細胞培養液エキス」という美容成分で、これは読んで字の通り、幹細胞を培養(細胞分裂によって増殖させる)させた液体から抽出されたエキスの事。
つまり、幹細胞コスメを使っても、肌に直接新しい細胞が増えるわけではないので、いわゆる「再生医療」のような結果を得る事はできません。

幹細胞培養液エキスは「細胞を活性化させる」効果がある

じゃあ幹細胞コスメは使っても意味無いの? と思うかもしれませんが、それは違います!
幹細胞は、培養される時に「周囲の細胞を活性化させる」成分を沢山放出する事がわかっており、幹細胞そのものが入っていなくても、幹細胞が作り出した「肌の活性化成分」が豊富に含まれた「培養液エキス」を使う事で、肌の細胞を活性化する効果が得られるため、これにより肌荒れの解消や、肌のハリの回復による小じわ、たるみなどの解消など、様々なスキンケア効果がえられます。

なんで幹細胞そのものを使わないの?

幹細胞培養液エキスに高い美容効果があったとしても、なんで幹細胞そのものを使わないのかという点に疑問を持つ方もいるかもしれませんが、これは幹細胞が「ヒト由来」の成分である点に1つの理由があります。
幹細胞は、そもそも「誰か」の脂肪細胞などから抽出された幹細胞を元に培養を行っているわけですが、細胞には必ず遺伝情報が含まれているため、他人の細胞を利用すると、拒否反応などを引き起こす場合があります。
そのため、日本では幹細胞そのものをスキンケアなどに取り扱う事ができるのは医療機関のみに限られていて、医療機関での利用であっても、他人の幹細胞をそのまま使うという事はありません。

一部、美容治療において「幹細胞上清液」というものが利用されている場合がありますが、これも名前が違うだけで基本的には幹細胞培養液エキスと同じもので、幹細胞そのものが使われているわけではありません。

直接幹細胞などを利用する治療としては、脂肪吸引などによって本人から抽出した幹細胞を培養したり保管したりして、再度注射によって戻すという美容治療などがありますが、こうやって本人から採取した細胞以外は、直接利用する事が出来ないものなのです。

幹細胞コスメには「ヒト由来」以外のものもある

ちなみに、現在流通している「幹細胞コスメ」の中には、ヒト由来の幹細胞ではなく、植物由来の幹細胞などを利用したものもあります。
こうした商品も「幹細胞由来」であることは間違いないのですが、ヒトと植物では当たり前ですが細胞の構造が全く違うので、ヒト由来の幹細胞培養液エキスと同じように、細胞の活性化という効果を発揮する事はありません。
成分の種類によっては、ヒトの幹細胞由来成分と異なるアプローチでスキンケア効果を発揮するものはありますが、基本的には全く別物ですので、いわゆる幹細胞コスメの効果を試したいのであればヒト由来の幹細胞コスメを選びましょう。

同様に、ヒト以外の動物由来の幹細胞についても、やはりヒトの細胞と構造が違うので作用は大幅に変わります。

おすすめ幹細胞コスメ(美容液)7選

今回は、数ある幹細胞コスメの中でも、
・ヒト幹細胞培養液エキスを利用している
・幹細胞培養液エキスの濃度が明記されている
というポイントでピックアップしました。
というのも、幹細胞培養液エキスが僅かでも配合されていれば「ヒト幹細胞培養液エキス配合」として販売されてしまうので、明確に配合分量が記載されていないものについては、そもそも幹細胞コスメとしての実力が正確に分かりにくいためです。(この選び方により、結果として全て美容液でのピックアップになりました)

幹細胞エキスの濃度が単純に高ければ良いというものでもありませんが、濃度が高ければ手持ちのスキンケアコスメで薄めて自分好みの濃度で利用できるという利点も有りますので、幹細胞コスメの実力を十分に実感したいという方は、ある程度濃度が高いものを選んでみると良いでしょう。

SMPL セルポテンシャル

jobikaiのオリジナル商品で、最初にこれを挙げるのはPRという意味もありますが、確実に内容が分かっているのはこれだけなので基準としての紹介になります。
幹細胞培養液エキスの濃度は15%で、容量は10ml。普通に使うと2週間から1か月程度で使い切るサイズなのは、開封後に時間が経過すると幹細胞エキスの作用が低下する可能性があるので早く使い切れるようにしているのと、保管や配送などのコストを極力カットするためです。
成分メーカー直で製造し、オンライン販売のみなので可能な価格ですが、仮にドラッグストアやバラエティショップなどの店舗におろして販売しようとすると赤字になってしまう程度の価格設定になっています。販売している側の感覚ですが、コスパで選ぶ場合の目安となるくらいの価格です。販売個数が増えればもう少し価格が抑えられそうなので、低価格な商品を販売されている他社様は沢山売れる分価格を下げられているのかもしれません。

幹細胞培養液エキス以外には特に強い美容効果のある成分を入れていないため、幹細胞コスメの効果をシンプルに試したい方に向いています。
また、こちらの原料は他社原料と比べ、幹細胞培養液エキスに含まれる有効成分の量を図る指標の1つともいえるフィブロネクチンが25倍含まれる事や、リポソーム化などによって浸透しやすくなっているなど、効果の得やすいものとなっています。

幹細胞コスメの実際の効果検証をする目的などで製造を開始した部分もありますので、もしご購入頂ける際は、是非使用感などコメントやレビューを頂ければ幸いです。

実売価格:5,000円程度(10ml)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約3,300円

HAS-βプレミアムエッセンス

成分としては幹細胞培養液エキスの他に、キノコ由来のβグルカンという高い保湿効果を持つ成分が配合された、比較的シンプルな内容です。
一つ気になるのは、パッケージや広告資料には「βグルカン85%」「ヒト幹細胞培養液エキス15%」配合と記載されているものの、成分表では「水、ペンチレングリコール」が先に来ているという点。βグルカンと幹細胞エキスで合計100%になっているので、これ以外の成分表記が多いという時点で表記が間違っているような気もしますが、βグルカンが固形成分ですので、これが水やペンチレングリコールに溶かされたものが85%という事なのか、それとも全く別の独自計算式によるものなのかは不明です。
広告表現通りならば幹細胞エキスの配合量はとても高濃度なので、幹細胞コスメの効果を体感しながら、保湿ケアもシンプルに済ませたいという方におすすめです。

実売価格:7,000~9,000円程度(15ml)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約3,110円(実売価格7,000円として)

リグレ リンクルセラム

ヒト幹細胞培養液が12%配合と記載されており、内容量も32gと多いので、表記内容をそのまま受け取れば幹細胞エキスが最も安価に利用できる計算になります。
内容量がグラム表記なので分かる通り、中身は液体ではなくクリームのような粘度の高いテクスチャーのものですので高い保湿力や、美容成分が流れてしまわないという利点もあるといえます。
ただ、成分表記上では幹細胞培養液エキスの順序が8番目になっているため、もし12%配合というのが事実だとすれば「水、グリセリン、BG、スクワラン、マルチトール、ペンチレングリコール、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」の成分で少なくとも96%が占められているという事に。
その他の成分も複数の植物エキスなど色々な美容成分が配合されているのを見ると、12%配合というのは何かしら特殊な計算によるものなのかもしれません。
クリーム系のスキンケアが好みで、高保湿ケアとして利用したい方に向いていそうです。

実売価格:4,000~5,000円程度(32g)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約1,040円(実売価格4,000円、内容量1g=1mlとして)

フラコラ ヒト幹細胞培養エキス原液

幹細胞コスメは基本的に高額になりやすい事もあって、知名度のあるブランドからはあまり発売されていないという実情がありますが、プラセンタ原液などで人気のフラコラからも幹細胞コスメが発売されました。
広告上での表記は幹細胞「原液」100%となっています。コスメでよく「原液」という言葉が使われますが、原液というのは成分を水などでいくら薄めても原液という扱いになりますので、幹細胞培養液エキスが100%という意味ではありません。
成分表記上では幹細胞培養液エキスが3番目に来ていますので、どれだけ濃度が濃くても33%程という形になり、実際の配合濃度については不明です。
成分は非常にシンプルですので、幹細胞コスメ単体で利用してみたいという方に向いているのと、大手ブランドの商品ですのでとにかく安心して利用したい方におすすめです。

実売価格:6,000円程度(30ml)
幹細胞エキスの濃度は公開されていないため、1mlあたりの価格は不明

NOKO HONPO ヒト幹細胞培養液 SCセラム

ヒト幹細胞培養液が5%配合で、30mlの容量に対して実売価格3,000円程度と、幹細胞培養液エキスの分量から計算すると非常に低価格の美容液です。
とにかくコストを抑えてヒト幹細胞コスメの効果を試してみたいという方や、まだそこまで肌トラブルが出ておらず、健康な肌の維持程度に使いたいという方におすすめです。

実売価格:3,000円程度(30ml)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約2,000円

ニューロン100

幹細胞培養液エキスには、由来となる細胞によっていくつかの種類があり、最も多く利用されているものは脂肪細胞由来のもの。こちらの商品は、やや珍しい神経細胞由来の幹細胞培養液エキスを配合したもので、濃度が3%、5%、10%と選べるようになっています。
神経細胞由来と脂肪細胞由来のどちらがスキンケアに高い効果を発揮するという明確なデータはありませんが、神経由来の幹細胞を使用したコスメは多くが美白作用などをうたっているようですので、脂肪由来のものであまり効果を感じなかった場合は別物として試してみるのも良いでしょう。
価格比較では幹細胞培養液エキスの分量に対して最もコスパが良い5%タイプを紹介します。

実売価格:5,000円程度(30ml)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約3,300円

ひめゆり SCプレミアムエッセンス

幹細胞培養液エキスの濃度が5%、10%、15%の3種類で展開しており、目的に応じた使い分けがしやすい美容液です。
成分中のフィブロネクチン量が他の原料と比べ25倍など、強みとしている部分が同じなのでSMPLセルポテンシャルと同じ原料を使用しているのかもしれません。
濃度が選べるので、自分自身の肌質に合わせて適度なものを使いやすい点が良いです。
価格比較では最もコスパの良い15%のもので紹介します。

実売価格:14,000円程度(30ml)
幹細胞エキス1mlあたりの参考価格:約3,100円

肌トラブルやエイジングサインの解消に是非「幹細胞コスメ」を試して!

幹細胞コスメを製造、販売している中で、実際に多くの方に直接幹細胞コスメを利用して頂いていますが、特に30代以降の気になるエイジングサインがある方や、強い乾燥肌、ニキビなどの肌トラブルに対して、高い効果を発揮している事例が多くあります。
逆に、20代までの若い方や、それほど深い肌の悩みが無い方、またはシミなど色素に関する悩みがあるという方については、あまり「効果があった」という意見は出ていないので、肌の悩みによって使用感が大きく変わる成分であるとも言えます。

従来の保湿を中心とした守るケアと、幹細胞コスメによる攻めるケアは大きく目的が異なりますので、こうした特性を理解しながら、肌悩みに合わせて是非色々と試して、お気に入りの幹細胞コスメを見つけてくださいね。

情報提供元:女美会
記事名:「コスメ開発担当が選ぶ、おすすめの幹細胞美容液7選