FUJIFILM ジェリーアクアリスタ

セラミドコスメとしておすすめできるアイテムの1つめが、FUJIFILMのジェリーアクアリスタです。
FUJIFILMは元々カメラ機材の開発を行っていた会社ですが、その技術を応用する事で様々な美容成分のナノ化など、美容商品の開発としても注目すべき成果を数多く発表しています。

コスメでは、主力のASTALIFTブランドがありますが、この中の1つ「ジェリー アクアリスタ」がセラミドコスメとしておすすめです。
ジェリーアクアリスタには、FUJIFILMが独自で開発したナノ化セラミドが配合されているのですが、このナノ化セラミドが非常に優秀。
通常、セラミドは水分中に殆ど溶けず、安定しにくいため油性成分と界面活性剤などを使ってコスメに配合するのですが、セラミドの分子同士をくっつけることで油性成分を利用しないでも安定させて配合が可能できるようにして、ナノサイズという小さなサイズで配合が可能な事から、肌への浸透がされやすくなっています。

データによれば、ナノ化によって角質層への浸透率は6倍ほどに上昇し、これによりスキンケア効果が非常に高まっているとか。

セラミドの種類も、通常タイプのセラミドと「アシルセラミド」というより保湿効果を発揮しやすいセラミドの両方が配合されているため、高い保湿効果とバリア機能の改善が期待できます。

ちなみに、ASTALIFTブランドではジェリーアクアリスタ以外にも化粧水や乳液などがラインナップとして発売されていますが、ナノ化セラミドの配合はジェリーアクアリスタのみです。

60g(約2か月)で13,000円程度と安価ではありませんが、その分の価値はあるでしょう。

DECENCIA(ポーラ・オルビス) アヤナス

シワ改善の効果が認められたニールワンなど、話題になる美容成分を多数発表しているポーラ・オルビスグループですが、セラミドについても独自の技術をもっています。
通常、セラミドは水分中に殆ど溶けず安定配合が難しいのですが、ポーラの独自技術ではセラミドを水に溶けやすい成分と一緒にナノカプセル化する事で、安定して水分中に配合できるようにするというものです。

この技術を利用しているのがポーラ・オルビスグループの「DECENCIA アヤナス」で、ローション コンセントレートという化粧水には、化粧水という水の性質にも関わらず、安定したナノカプセルセラミドが配合されています。

ナノサイズのため浸透もしやすく、化粧水でべたつきなどもなく使いやすいので、セラミドいよる高い保湿量がある化粧水を利用したい方におすすめです。

価格も125mlで約5,000円なので、手頃であると言えます。

ラミナーゼ フェイスアップクリーム

通常、セラミドは水に溶けにくい事はお伝えしましたが、実はだからといって油にも溶けやすいわけではありません。
そのため、セラミドコスメは世の中に数多く存在していても、製品中のセラミド(固形)分は0.1%でも相当な濃さと言われます。

では、高濃度のセラミド配合は絶対に無理なのかといえばそうではありません。そんなセラミドを高濃度で安定する方法の1つとして、皮膚臨床薬理研究所という会社が開発した「ラメラテクノロジー」という手法があります。
ラメラテクノロジーは、化粧品を肌の持つラメラ構造と同じような構造にする特許技術で、これによりセラミドも1%の高濃度で安定配合が可能になる他、様々な美容成分が肌に浸透しやすい状態で利用できるとされています。

ちなみに、世の中にはこの1%を大幅に超えるセラミド配合というコスメも見られますが、これは例えばセラミド(の固形成分が1%配合の原料を)x%配合とか、(結晶化して肌への浸透利用が難しい)セラミドx%配合という形になってしまうため、スキンケアに有効な状態でのセラミド1%配合はとても高いレベルになります。

このラメラテクノロジーが利用されたコスメが、皮膚臨床薬理研究所のオリジナルブランドであるラミナーゼのフェイスアップクリームで、セラミド以外にもEGFやAPPS(ビタミンC誘導体)、フラーレンなど美肌作用がある成分を盛りだくさんで配合されています。

ラメラテクノロジーはセラミドが安定配合されるだけではなく、コスメ自体の保湿力が非常に高くなるため、製品全体を通して優秀な保湿力が期待できます。

難点は値段が割と高め(30g/10,000円)であるといった点でしょうか。

muqna 保湿クリーム

東急ハンズのプライベートブランド商品「muqna(ムクナ)」は、セラミド配合のコスメが多く保湿に役立つラインナップがそろっています。

ここまでに紹介した商品と比べると独自技術などはありませんが、推奨したいのは手ごろさ。
セラミドを有効活用するスキンケアコスメはどれも5000円以上するような、比較的高価格帯商品が多いのですが、東急ハンズのプライベートブランドという事もあり、muqnaのコスメはどれも手頃価格。
おすすめは保湿クリームや化粧水ですが、値段が高い方の保湿クリームでも税込みで1500円程度と、かなり手頃価格で手に入れる事ができます。

セラミドの配合量や特徴は高価格帯商品に及びませんが、まだ20代の方などそこまで肌の乾燥への悩みが強くない方でしたら、このくらいで必要十分ではないでしょうか。

ナチュセラ 極

■ナチュセラ 極
セラミドにこだわった商品展開を行っているナチュセラ。そのナチュセラのラインナップ中でも、セラミド配合量が最も多い美容液が「極」という商品です。

ナチュセラは独自の研究開発を行っている会社ではありませんが、サイトを見てもわかる通り独自の調査を入念に行っており、また殆どの企業では製品中のセラミド濃度など公表はしていませんが、配合量など公表の上で販売をしている非常に珍しい企業です。

そんな「ナチュセラ 極」は、非常に効果で保湿効果が高いアシルセラミドを0.02%配合という事で、実はこの配合量は非常に高濃度。セラミドコスメの持つ実力を本気で試したいという方には、とてもおすすめです。

「極」以外のクリームなどについても、天然ヒト型セラミドを利用したとても優秀なセラミドコスメを多く取り扱っていますので、肌の状態に併せて検討してみると良いでしょう。

ちなみに、「ナチュセラ 極」であれば30mlで12,000円と高価格ですが、私の知る限り時々セールで大幅に購入しやすくなる時期があるので、定期的にチェックしてお買い得なタイミングを見計らうと良いかもしれません。

質の良いセラミドコスメで美しい素肌を目指しましょう

セラミドコスメは世の中に数多く販売されていますが、数が多いだけに本当に良い商品を見つけるのは中々難しいですよね。
もちろん、ここで紹介した以外にも良い商品は沢山ありますので、色々なコスメを試しながら自分の肌質に合うコスメを見つけて見てください。

情報提供元:女美会
記事名:「【広告なし】本当におすすめのセラミドコスメ5選