小顔ローラーの効果とは?

まずは、小顔ローラーにはどんな効果があるのか? という基本からお話ししますね。

小顔・リフトアップ効果

小顔ローラーの一番の効果は、その名のとおり顔をキュッと小さくしてくれることです。とくに、顔をパンパンに見せるむくみには即効性があるので、お酒を飲み過ぎた日や塩分を摂りすぎた日のケアにはぴったりです。

また、年齢とともに気になりだすフェイスラインや頬のたるみにも効果があります。小顔ローラーでマッサージをしてリンパや老廃物を流せば、たるみ知らずの若々しい肌をキープすることができますよ。コンパクトなサイズのものを選べば、目元・口元などパーツのマッサージもできます。芸能人やモデルなども、小顔ローラーでむくみやたるみをケアしている人は多いので、その効果はお墨付きです。

血行促進効果

小顔ローラーでマッサージすることで滞った血液を流して、血色のいい健康的な肌へ整えることができます。とくに、冷え性の人や目の下にクマがある人、肩こりがある人などは血の巡りが悪くなっている可能性大ですから、効果を感じられるはず。

血行促進のためにはお店でのマッサージもいいですが、一番効果があるのは毎日の自宅ケアです。小顔ローラーで顔や首すじをマッサージして巡りをよくすれば、くすみのない明るい肌に変わっていきますよ。今は頭皮もほぐせるタイプの小顔ローラーもあるので、併用すればより巡りがアップします。

コリほぐし効果

小顔ローラーのなかには、コリをほぐす専用のものもあります。人の手でゴリゴリほぐしているかのような気持ちよさがあり、マッサージの後は顔がスッキリと軽くなります。

普段から歯を食いしばるクセのある人は咬筋というエラの筋肉が発達して、顔がだんだん四角くなってしまうので注意が必要です。他にも、顔にはたくさんの表情筋が存在しているので、コリがたまるとシワやたるみなどの原因になることも。体が凝っている人はたいてい顔も凝っているので、マメにほぐす習慣をつけてエラ張りやたるみを防ぎましょう。

小顔ローラーの種類

小顔ローラーは種類がありすぎて、どれを選んだらいいのか分からないという人も多いと思いますが、形状としては3種類に分けられます。自分に合ったものを選ぶためにも、それぞれの特徴を知っておきましょう。

Y字型

枝分かれした先に2つのローラーがついているY字型の小顔ローラーは、もっともよく見るスタンダードなタイプです。2つのローラーがギュッと肌や脂肪まで挟み込むので、マッサージ効果がバツグンにあります。フェイスラインのむくみやたるみを重点的にケアしたいという人や、ボディも一緒にマッサージしたい人ならY字型がもっともおすすめですよ。

大きめのローラーがついているものなら、太ももやお腹のセルライトの原因となる老廃物をグイグイ流してくれるので、お風呂の中やテレビを見ながら気軽に全身くまなくケアできます。小さめのローラーがついているものなら、頬や首筋など狙ったところをピンポイントでケアできます。

スティックタイプ

スティックタイプの小顔ローラーは、棒状のボディの先端にローラーがついていて、肌の上を滑らせるようにケアするタイプのものです。Y字型のように挟み込むことはできないのでグイグイマッサージしたいという人には不向きですが、目元や口元・おでこ・アゴなど小さなパーツを細かくケアすることができます。サイズはコンパクトなものが多くボディには向かないので、顔や首などを集中的にケアしたいという人におすすめです。

スティックタイプは肌への負担や刺激も少ないので、敏感肌の人や皮膚が薄い部分でも安心して使えると言うメリットもあります。見た目もオシャレなものが多いので、オフィスでもサッと取り出して使えますよ。

コロコロタイプ

コロコロタイプとは、ローラーというよりも丸いコロコロが複数ついていて、肌の上で転がしながら顔のコリやむくみを取るタイプのものです。Y字型が流しながらマッサージするのに比べて、コロコロタイプは指圧のように押しながらマッサージする効果があります。

コロコロタイプは色々な形状のものがあるのも特徴で、タマゴ型の丸いボディを手に握りながらマッサージするものから、かっさにコロコロがついているものもあります。Y字型やスティックタイプよりもコリをほぐす効果に優れているので、エラの筋肉をゴリゴリほぐしたり、頭皮や首をほぐしたりと、全身のコリをケアできます。

小顔ローラーの素材

小顔ローラーを選ぶ際は、形状だけでなく素材も気になりますよね。「こういった素材が使われています!」と宣伝しているものもありますが、それが実際にどんなものなのか知っておくと選ぶ基準になります。ここでは、小顔ローラーに主に使われている3種類の素材をご紹介します。

チタン

チタンは、プラチナなどに比べて安価な素材ですが、水に強く錆びないという大きな特徴があります。塩分の強い海水でも錆びないという実験結果があるくらいですから、お風呂の中で毎日使っても錆びる心配がありません。また、強度はしっかりしている割には軽いという特徴もあります。金属のなかでは冷たくなりにくいので、冬場に肌にあててもヒヤッとしにくいというのもメリットのひとつですよ。

特筆するべき美肌効果などはありませんが、チタンの良いところはアレルギーが起こりにくいというところです。他の金属は汗などで少しずつ溶け出して肌につくとアレルギーを起こす心配がありますが、チタンはそういった危険はありません。肌が敏感な人にもおすすめの素材です。

プラチナ

高級感のあるプラチナは、長いあいだ使っていても変質や変色しにくいため、いつまでもきれいな状態を保てるというのが大きな特徴です。変わらない美しい輝きを生かして、ジュエリーなどにもよく使われていますね。

また、あまり知られていませんがプラチナは化粧品の原料としても使われています。肌への安全性が高く、優れた高酸化作用があるのでシワやシミを防ぐアンチエイジングクリームなどにも使われています。希少な素材なので価格は多少上がりますが、長く使いたいという人にはおすすめの素材です。

ゲルマニウム

ゲルマニウムが使われていると聞くと、なんとなく肌に良さそう、健康効果がありそうという印象がありますね。人気の小顔ローラーにも、ゲルマニウムが使われているものが数多くあります。

実際に、ゲルマニウムは肩こりを解消するネックレスなどにも使われていて、体を温める、マイナスイオンを発している、美肌効果があるなどさまざまな効果がうたわれていますが、まだ科学的には証明されていません。もちろん、ゲルマニウムは安全な素材ですし商品の品質には何の問題もありませんが、美容効果や健康効果にかんしては過度な期待はしないほうが良さそうです。

エステ級の機能がある小顔ローラー

小顔ローラーのなかには、ただマッサージするだけでなくプラスαの優れた機能がついているものがあります。値段は高くなりますが、今まで使っていたものよりも高い効果が欲しい、どうせならバツグンに効果のあるものが欲しいという人におすすめです。

では具体的にどんな機能があるのかというと、現在発売されている小顔ローラーのなかでは「マイクロカレント」や「EMS」などが人気の機能です。

まず、マイクロカレントですが、これは人間の体内にも流れているくらいの微弱電流を流す機能があります。細胞を修復したり活性化させる効果があるため医療現場でも使われていますが、美肌効果も高く、たるみやシワを防いで若々しい肌に整えてくれます。
ちなみに、小顔ローラーでは誰もが知っている人気商品のリファカラットにもマイクロカレントが使用されています。小顔だけでなく美肌も手に入れたいという人にはおすすめの機能ですよ。

そしてもうひとつ、EMSですが、これは美顔器などにもよく使われている機能です。電気の刺激で表情筋を動かし、むくみを改善したりたるみを引き上げる効果があります。高いリフトアップ効果があるので、フェイスラインのだぶつきや二重あごが気になるという人にもおすすめです。
さらに、血行を改善してくすみを改善する効果もあります。多少値が張るものも多いですが、エイジングが気になる女性にはぴったりのアイテムですよ。

自分に合う小顔ローラーを選ぼう

ここまで小顔ローラーの特徴やアイテムによっての違いなどをお話しましたが、自分に合ったものを選ぶには用途や使いやすさ、機能などをよく検討することが大切です。

もしも顔だけに使いたいなら、ローラーが大きいものは細かい部分をマッサージできないので不向きです。Y字型でもコンパクトなものや、スティックタイプのものが使いやすいでしょう。そして、マッサージよりもコリをほぐしたいという人はコロコロタイプがおすすめです。雑誌でもお馴染みの小顔サロンの有名店がプロデュースしているコロコロタイプの小顔ローラーなどもあるので、使いやすく、かつ気分が上がるものを選ぶとケアが楽しくなります。

そして形状だけでなく、手に持った時のフィット感や重さなども重要なポイントです。小顔ローラーは繰り返し使うことで効果がでるものなので、重くて手が疲れるようだと続きません。また、Y字型の場合は挟む力が強すぎて痛みがあったり、反対に弱すぎてもの足りないなど使い心地に差があります。

今はインターネットでも簡単に小顔ローラーは購入できますが、できるかぎり実際に試してみて、自分にフィットするものを選ぶことをおすすめします。

そしてもうひとつ、マイクロカレントなどの機能があるものはもちろん効果が高いですが、それだけに値段が高いので使わなくなってしまってはもったいないことになります。いままでに小顔ローラーを使ったことのない人は、一度プチプラのものを購入してみて、習慣として続けられるかをお試ししてみてもいいかもしれません。

小顔ローラーのおすすめの使い方

そのままコロコロしても充分効果がある小顔ローラーですが、使い方を工夫するだけでグッと小顔効果が高まります。

体が温まっている時に使う

小顔ローラーでケアするベストなタイミングは、入浴中や入浴後などの体が温まっている時です。リンパや老廃物が流れやすくなり、むくみもスッキリと取れます。顔のコリが気になる人も、筋肉を温めてほぐれやすくなったタイミングでケアすると柔らかくなりますよ。
外出前などに急遽小顔にしたい!という急ぎの時は、ホットタオルやカイロで首やデコルテを温めると効果的です。

リンパの流れにそってマッサージする

しっかり効果を出したいなら、適当にコロコロするよりも、リンパの流れにそってマッサージしましょう。基本、顔の場合は「下から上」「内側から外側」を心がければ間違いありません。逆向きにマッサージしてしまうと、顔がたるむ原因にもなるので気をつけてください。
首すじもマッサージする場合は、顔とは反対で「上から下」です。鎖骨にリンパや老廃物を流すようなイメージでマッサージしていきましょう。

手のマッサージもプラスする

少し時間に余裕がある時は、小顔ローラーにプラスして、手でデコルテ周りのマッサージをすると効果が倍増します。ポイントは鎖骨とワキの下です。鎖骨の上下のくぼみはリンパや老廃物が滞りやすいので、ここを内側から外側に指で押し流してあげます。そして、大きなリンパ節のあるワキの下を強めにプッシュすると、一気に滞っていたリンパや老廃物が流れていきます。顔がスッキリすることはもちろんですが、首・デコルテ・二の腕にも効果アリです。肩こりにも効きますよ。

小顔ローラーを使う時の注意点

最後に、小顔ローラーを使う時に注意するべき点をお伝えしておきますね。

いくら小顔になりたいからといって、力を入れてマッサージしたり、長時間の使用はNGです。顔の皮膚はとても薄いので、グイグイ力を加えると伸びてしまいます。よけいにたるみを加速させる原因になるので、絶対に避けましょう。

また、強い刺激を与え続けることで、色素沈着やシミができてしまうこともあります。美容クリニックでも、小顔ローラーが原因でのシミの治療に来る人がいるようですから、そうならないように常にソフトタッチを心がけてください。

極論、肌に刺激を与え過ぎるくらいなら、やらないほうがリスクはありません。とくに顔のリンパはとても浅いところにあるので、力を入れずに優しくマッサージするくらいでも充分効果があります。頑張りすぎて逆効果になってしまわないように、正しくケアしていきましょう。

まとめ

小顔ローラーは、リフトアップ効果や血行促進効果、筋肉のコリをほぐす効果があります。さらに、マイクロカレントなどの機能も合わせると、美肌やアンチエイジングなど本当に幅広い美容効果が得られます。形状や素材もそれぞれ違うので迷ってしまうと思いますが、用途や使いやすさを考えて、ぴったりのものを選んでください。ここでご紹介した効果的な使い方や注意点なども参考にして、小顔ローラーを上手に使ってくださいね。

情報提供元:女美会
記事名:「自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します