リンパドレナージュ

リンパドレナージュは、リラクゼーション系のエステサロンならほぼ取り入れている、とてもオーソドックスな施術です。

コリをほぐすような指圧マッサージとなにが違うの? と思うかもしれませんが、リンパドレナージュは似ているようでいて、まったく違う技術が必要です。

そもそもリンパとは、体中をめぐっているリンパ液という体液のことをいいます。リンパ液は、老廃物を運び排出するために必要不可欠なものですが、冷えやストレス・運動不足などさまざまな要因で流れが滞ってしまいます。

その詰まりを取るために、手でさすりながらリンパを刺激して、老廃物を排出しやすくするのがリンパドレナージュなのです。

ちなみに、ドレナージュとは”排出”という意味です。エステサロンではリンパマッサージとも呼ばれますが、基本的には同じ意味です。日本ではドレナージュという言葉が聞き慣れないため、馴染みのあるマッサージという言葉が使われているともいわれています。

リンパドレナージュは、日本ではリラクゼーションのイメージが強いですが、フランスやアメリカでは医療行為としておこなわれているほど効果の高い施術です。日本でも医療用リンパドレナージュというものがあり、有資格者が浮腫の治療のためなどに施術をおこなうことがあります。

エステサロンでは特別な資格はありませんが、リンパを正しく流すための知識や経験はもちろん必要です。

リンパドレナージュの効果

リンパドレナージュは、小顔はもちろん美肌や健康までかなえてくれるさまざまな効果がありますが、とくにこんな悩みがある人におすすめです。

・むくみがある
・体が冷えやすい
・顔のたるみやくすみが気になる
・ニキビや肌荒れを改善したい
・首こりや肩こりがある
・ストレスが溜まりやすい

小顔効果としては、リラックスして体が温まりドレナージュによる程々の刺激で全身が活動的になることで、全身のすっきり感とともに顔もスッキリします。また、デトックス効果で、顔のリフトアップや血色アップ効果もあります。

また、デスクワークなどで固まった筋肉や冷えに対して、首や肩が温まりスッキリ軽くなります。できれば、顔だけではなく全身行うと日頃の疲れも取れて、より満足感がありますよ。

エステサロンではアロマオイルを使って優しいタッチで手を添えてリンパにそって押し撫でていくので、精神的な癒し効果もバツグンです。日々の疲れを癒す自分へのご褒美にぴったりですね。

リンパドレナージュの注意点

リンパドレナージュは、機械を使うメニューと違い初期費用がほとんどかからないので、エステサロンとしては取り入れやすいメニューです。ただそれだけに、簡単な研修を受けたばかりの不慣れなエステティシャンが施術をおこなうこともあります。

ボディのハンドによるケアは施術の失敗や事故なども起こりにくいので一見簡単そうに見えますが、実際は手だけでおこなう施術なので施術者の技術や経験に大きく左右されます。

エステサロンのスタッフの経験などが事前にホームページでチェックできるなら、どれくらいの経験を積んでいるスタッフがいるのかを見ておくと、お店選びの判断材料になります。また、あまり効果を感じない場合は別のスタッフにお願いしたり、お店を変えるのもいいでしょう。技術があり、自分がぴったりくるスタッフを見つけることができれば効果を感じられるはずですよ。

コルギ(骨気)

コルギとは、美容大国韓国でおこなわれている民間療法です。婦人家系の病気に効果があるとして広がりましたが、その美容効果や小顔効果が女性のあいだで注目を浴びるようになったという歴史があります。今は日本でもお馴染みの施術となりましたね。

コルギが普通のマッサージと違うところは、皮膚や筋肉にアプローチするわけではなく、骨に圧をかけるところです。

骨のあいだや周辺には、骨髄・血管・リンパ管などが集中していますが、骨に圧をかけることによってそれらが循環するようになり、詰まっている老廃物が流れるという施術の特徴があります。

さらに、コルギは通常のマッサージよりも強い力で圧をかけるので、筋肉のコリや歪みを改善する効果があります。小顔矯正効果が高いので、芸能人やモデルなど美意識の高い女性たちもコルギに通っているようです。

コルギの効果

コルギは小顔に関わるあらゆることに効果がある施術ですが、とくにこんな悩みがある人におすすめです。

・エラが張っている
・顔に歪みがある
・むくみが気になる
・フェイスラインがたるんできた
・顔が長くなってきた
・首を細くしたい

コルギで骨のあいだに溜まっている老廃物を流すことで、むくみやたるみが改善しスッキリとした小顔になります。また、筋肉にも強めの圧をかけるので、エラや筋肉のアンバランスによる歪みなどにも効果を発揮します。

首までしっかり施術すれば、首こりや肩こりもスッキリし、徐々に首が細くなっていくというメリットもあります。

もともとコルギは即効性や持続性があることが特徴ですが、続けるほどに効果が定着していきますよ。

コルギの注意点

日本のエステサロンでおこなわれているコルギは、本場韓国のものよりもソフトな圧をかけるよう改良されていますが、それでも痛みを感じる人は多いようです。

とくに、老廃物が溜まっていたり、コリが強いほど痛みを感じるので、初回は我慢できないほどの痛みを感じる人もいます。その場合は、無理せずに力を弱めてもらいましょう。痛みを我慢する時は歯を食いしばったり顔に力がはいるので、それで筋肉が固くなってしまっては本末転倒です。

また、コルギというと骨を動かして小顔にするというイメージがあるかもしれませんが、実はそういった効果は医学的には証明されていません。骨を動かして顔を小さくしたり、アゴを引っ込める、鼻を高くするなどのはっきりとした表現は違法となります。実際にそういった宣伝行為で措置命令を受けたエステサロンもあるので、誇大広告をしているところには注意しましょう。

超音波(ハイフ・高密度焦点式超音波)

超音波は、機器を使ったエステサロンのメニューです。

超音波とはそもそも何かというと、人の耳では聞くことのできない高音域の音のことをいいます。肌に触れると1秒間に数百万回という振動を伝えるという特徴があるため、手を使ったマッサージよりも高い効果を出すことができます。
中でも高密度焦点式超音波(ハイフ・HIFU)は、肌の奥に集中的に作用するため、ピンポイントでのアプローチが可能と言われています。
(写真は「わたしのハイフ。広島並木通り店」のハイフ施術)

超音波を発する機器を肌の上を滑らせるだけで長時間マッサージしたかのような効果が出るので、肌が敏感でできるだけ強い摩擦を避けたいという人にもおすすめの施術です。

また、超音波は周波数によって届く深さが変わるので、肌表面を整える効果から、引き締める効果まで幅広く対応します。普段使っている化粧品も、高周波マッサージの後はグンと浸透しやすくなるため、続けるほどに肌質の改善ができますよ。

超音波の効果

超音波マッサージは、小顔だけでなく美肌にも高い効果を発揮します。

・肌を引き締めたい
・たるみやむくみを改善したい
・二重アゴをスッキリさせたい
・肌のキメを整えたい
・乾燥が気になる
・毛穴のブツブツをキレイにしたい

ミクロのマッサージで肌を引き締め、たるみの無い肌に整える効果や、フェイスラインをキュッと引き締める効果などがあります。

また、超音波は肌の奥に振動を伝えるので、代謝をアップさせて溜まりがちな脂肪もスッキリ。より強力に超音波を出力するキャビテーションというメニューも、ボディーの部分痩せなどの目的で人気です。

そしてもうひとつの特徴は、超音波を肌表面に浅く振動させれば、毛穴の汚れや古くなった角質をキレイに取り除けるというところです。その後にパックなどをすれば、ツルツルの美肌になりますよ。

超音波の注意点

超音波を浴び続けても肌や体にリスクは無いの? と不安になる人も多いようですが、もともと超音波は胎児のエコー検査などにも使われる安全なものです。定期的に施術を受けても人体にリスクはありません。

ただし、振動の数値が高いほど肌表面に作用し、数値が低いほど肌の奥深くにまで達するという特徴があるため、顔に施術する場合は適度な数値であてることが大切です。例えば1秒間に00万回の振動では、かなり深部にまで届くためボディーには適していますが、顔には刺激が強すぎます。やみくもに小顔効果が高まれば良いというわけではないことを覚えておきましょう。

また、集中焦点式超音波はもともと医療機関で前立腺などの治療に使われていたもので、肌の上からピンポイントでその部分を破壊することができる技術です。それをエステに応用したものですので、もちろん体の組織を破壊するというところまで影響のないものなのですが、稀に、エステでハイフの施術を受けて火傷したなどのトラブルが報告があり、使うマシンや使う人の技量などに左右されることもあり、エステでこの治療を提供することについては賛否両論あります。

ラジオ波(RF)

ラジオ波(RF)とは、ラジオ波を発する機器を肌にあてることで、引き締めや美肌、エイジングケアなどさまざまな効果をもたらす施術です。

ラジオ波とは高周波の一種で、体を深部から温める効果があることから、体が冷えやすい人や体の疲れが溜まっている人にも向いています。体が温まることでその部分が柔らかくほぐれて、温熱効果で引き締まることからハイパーナイフと呼ばれている人気のメニューも、ラジオ波が使われています。
(写真は「クリニカルサロン シーズ・ラボ」のラジオ波と吸引を同時に行うマシンでの施術)

1回でも顔がスッキリとしたと感じる人が多いようですが、効果を定着させるには数回繰り返す必要があります。

さきほどご紹介した超音波を使った機器との違いを挙げるなら、ラジオ派は1回のスリミング効果が高い反面、続けないともとに戻ってしまうことがあります。一方で超音波は、ラジオはほどの即効性はありませんが、一度ほぐしができるともとに戻りづらいという特徴があります。どちらもメリット・デメリットがあるので自分に合ったほうを選びましょう。

ラジオ波(RF)の効果

ラジオ波の大きなメリットは、小顔だけでなくエイジングケア効果も高いというところです。繰り返すほどに年齢とともに増えていくお肌の悩みを改善します。

・冷え・むくみが気になる
・たるみを引き締めたい
・ハリや弾力のある若々しい肌に整えたい
・ほうれい線が気になる
・肩こりがある

ラジオ波で深部からじんわりと温めることで、ポカポカとして体温が上がり巡りが良くなります。

巡りが良くなることは、肌のハリや弾力をキープするコラーゲン・エラスチンなどの成分を増やすことにもつながるため、顔のたるみを引き上げて、気になるほうれい線などもケアできます。小顔と若返り、両方捨てがたいという人におすすめな施術だといえますね。

また、温めとデトックスによって肩こりもスッキリとします。このように、プラスαの効果が多いのもラジオ波フェイシャルの特徴です。

ラジオ波(RF)の注意点

美容クリニックでもラジオ波を使った治療をおこないますが、エステサロンで使われている機器はもっと出力が弱いものなので、とくにダウンタイムなどもありません。

ただし、エステサロンでの施術は誰にでもできるだけに、しっかりとした研修を受けているスタッフがおこなわないと思わぬ事故が起こる場合もあります。実際に、エステサロンでラジオ派の施術を受けた人が火傷を負ったというトラブルが起こっています。

お店を選ぶ際は、料金の安さだけでなくスタッフの対応や知識などをしっかり見て、信頼できるサロンに任せるようにしましょう。

EMS

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略称で、日本語に訳すと電気筋肉刺激となります。文字通り、肌の上から電気を当てることで、筋肉を刺激し、強制的に筋肉を動かす施術となります。

施術にはEMSマシンを使いますが、よく知られているのは、ボディに巻いて使うタイプのものだと思います。フェイシャルの場合は、電気刺激を伝えるハンドピースなどを顔に当てて、少しずつ動かしながら使うものが多いです。
(写真は「クリニカルサロン シーズ・ラボ」で行われるEMSマシンでの施術)

EMSの効果

電気刺激で筋肉を動かすことで、筋肉のこわばりをほぐし、頬骨やエラなどのラインを和らげるほか、たるんだ広角やフェイスラインの筋肉を刺激することで逆に緊張させ、引き締める効果もあります。

EMSの注意点

上記のように、筋肉のこわばりをほぐすことと、逆に筋肉を緊張させることと、両方可能なため、アプローチの仕方によっては、逆効果となる場合もあります。
小顔効果を出すためには、表情筋のつき方やEMSの施術テクニックを熟知した技術が必要とされます。

まとめ

エステサロンで小顔になるメニューのなかでも、人気の4種類をご紹介しました。機器を使わない施術のなかでは、リンパドレナージュやコルギなどが小顔効果が高く、幅広い年代の女性たちに親しまれています。そして、機器を使った施術では超音波やラジオ波フェイシャルなどが人気です。それぞれ、小顔だけでなく美肌やアンチエイジングなどプラスαの効果があるので、自分の悩みに合わせてぴったりの施術を選ぶようにしてください。


情報提供元:女美会
記事名:「エステサロンで小顔になろう!人気メニューの特徴とその効果とは?