アイシャドウでグラデーションを作らない

目元をくっきりさせるために使うアイシャドウ、ほとんどの方がグラデーションに塗っていますよね。もはやグラデーションにするのが当たり前みたいになっていますが、まつ毛が多い方にはおすすめできません。グラデーションを作るのではなく、目元のくすみを取る目的で使うとケバくなりにくいですよ。パール感のあるベージュや薄付きのピンクをまぶた全体に伸ばします。これだけでは物足りないという場合は、二重幅に先ほどのアイシャドウより少し濃いものを入れると自然に目元が引き締まります。

アイラインはブラウンを使って

まつ毛が多いとそれだけでアイライン効果があるため、さらにその上からアイラインを重ねることでケバくなりがちです。ですからそもそもアイライン自体必要ない場合も多いですが、目を大きく見せたいとか、目元の印象を強めたいときは、ブラックではなくブラウンのアイラインを活用しましょう。
ブラックとは違って目元をふんわり仕上げてくれるので、ケバくなりすぎません。シャープな印象に仕上げたい方はリキッド、柔らかな印象に仕上げたい方はペンシルを使うとよいですよ。
また、瞼を縁取るように描かずに、目尻にだけ描くのもオススメです。

マスカラは控えめに

もともとまつ毛が多いので、マスカラを塗らずにビューラーだけで仕上げてしまうのもありです。マスカラの塗りすぎは一気にケバくなってしまう原因に。ケバくなりたくないけど、まつ毛メイクに手を抜きたくない!という方は、繊維が入っておらず、ダマになりにくいマスカラで自然にまつ毛をコーティングしてあげましょう。

眉毛はふんわり仕上げて

まつ毛が多いと顔全体の印象が濃くなります。そのため眉毛は薄くふんわり仕上げるのがポイント。アイブロウペンシルで眉毛の形を整えたら、上からアイブロウパウダーを重ねてふんわり感を演出。ペンシルとパウダーの合わせ技を使うことで、主張の強すぎないふんわり眉毛に仕上げられますよ。

リップメイクも薄付きに

アイメイクでどれだけケバさを抑えたメイクをしても、リップの主張が強いと一気にケバさはアップ。ケバさを抑えたいのであれば、ピンクベージュやコーラルオレンジなどの肌に馴染みやすいカラーをチョイスしましょう。リップにほんのり血色とツヤをたしてあげられるようなものがおすすめです。

ケバくならないメイクを動画でもチェック

ケバく仕上がらないナチュラルメイクの方法は、上で紹介した以外にもたくさんあります。ここでは「この動画は参考になる!」と思ったものを3つご紹介していきましょう。

無防備メイク-ナチュラルメイク-自然派

スッピンのようでスッピンじゃない、作り込んだナチュラルメイクの方法を紹介しています。まつ毛がもとから多い方にも参考になる動画です。インナーグロウパウダーを使うことでツヤ感のあるナチュラルさを演出しています。

【ナチュラル】すっぴん風お泊りメイク???

お泊り風メイクもケバくならないメイクをしたい方にはピッタリ。まつ毛が多い方はもともと目ヂカラがあるので、こういった自然なメイクでもキレイに映えますよ。

ナチュラルブラウンメイク?~Natural Brown Makeup~

優しい雰囲気なのに目ヂカラたっぷり

ブラウンを基調としたメイクでナチュラルに仕上げています。ケバくなりたくないけど、メイクはしっかりしたい!という方向きの動画です。プチプラだけでブラウンメイクが完成しますよ。

まとめ

まつ毛が多い方は、とにかく濃い色を使わずにナチュラルを意識することが大切です。アイシャドウで目元のくすみを飛ばし、ブラウンのアイライナーで目元をふんわり仕上げるとケバくなりにくいですよ。またリップカラーも肌なじみによい色を選ぶとナチュラルに仕上がります。

情報提供元:女美会
記事名:「まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法