なんといっても眉!

太眉か細眉か、という単純な問題ではないんですね。まず何より、自分の顔にはどんな眉が似合うのかを研究しましょう。
「自分ではわからない・・・」という場合は、今は美容室で眉毛カットをメニューに入れているところが多いので、一度お任せで眉を整えてもらったらどうでしょう?

だいたい千円から二千円くらいでお願いできますし、そのときに「私はどんな眉が似合うと思いますか?」と率直に尋ねてもいいでしょう。そのときに回答が適当だったり、根拠のないことを言っているなら、その方に整えて貰うのはそれっきりになりますよね。もっと本格的に自分の眉を知りたい人にはアナスタシアなどの眉毛専用のサロンも増えていますので、そちらでお願いするのも良いですね。美容室よりは多少お値段はしますが、目元の筋肉の動きなどから形を決めてくれるので、ちぐはぐな印象になるのは確実に避けられますよ。

トレンドはチークで取り入れよう

どうしてもトレンドを追いかけるメイクというと、アイシャドウの色味やリップになりがちなのですが、筆者がイチオシするのはチークでトレンドを押さえる方法です。

シーズンごとに新色のアイシャドウパレットやリップコレクションが発表されますから、どうしてもそちらに目が行きがちになるのは仕方ないのですが、あまり奇抜な色や自分には合わない色がトレンドなのに無理して使うのは結局垢抜けから遠のいているんですね。

そもそも垢抜けメイクの根本には「自分を知り、自分を生かす」があるといえますから、自分の魅力が下がるようなことを、流行りだからと言うだけでやるのは少々イタいのでは?

例えばラベンダーチークや、イエローチークなど、1品で旬な顔になれるアイテムは必ずあります。目元や口元に合わない色を持ってくると「似合ってない」と思われたときに、強い印象になるんですね。でもチークなら目立ちたくなければ薄く、個性を際立たせたいならはっきりと、と自分で調節できます。ですので、今までより少し、チークに目を向けてみるのはおすすめですよ。

またチークは目元や口元より、塗る面積が大きいですよね。ですから、美肌効果を狙うのにも一役買っていますよ。

髪の毛も忘れずに!

ここまでは、メイクの注意点を書いてきました。次の関門はヘアスタイルです。カラーリング、パーマの有無も大事ですが、やはり基本はカットです。
事実、筆者は長い期間、パーマとカラーをずっと並行して行っていましたが、インナーカラーをはじめてブリーチをしたのでパーマがかけられなくなったんですね。そうするとカットの技術がどれほどなのかが、一目瞭然になりました。

動きを出したくて、ボリュームを出したくてパーマをかけるのはいいのですが、その日の気分で変えられるという意味では、アイロンなどを使ってストレートにしたり、巻いたりできるパーマのかかっていない状態が、一番自由だと思います。

参考になる動画のご紹介です。

【トレンド顔の作り方】メイクしてる?を卒業!デイリーコスメで激変

11分33秒の動画です。人気美容系ユーチューバーの和田さんが解説してくれています。私も知らなかったのが、とにかく色ムラをなくすこと。目の下、Tゾーンなどを立体的にすることで、とても大きな変化が起きています。使用コスメもプチプラ中心ですので、直ぐに真似したくても大丈夫なのが嬉しいですよね。

最後に・・・・

垢抜けメイクについての今回の記事、如何だったでしょうか?

垢抜けというのは、言い換えると洗練されている、ということでもあるんですね。ですからメイクを垢抜けにしたら、やはり細かい所作などにも気を配って過ごすと、ますますエレガントで素敵になりますよ。

女性の特権、メイクでの変身を思いっきり楽しみましょうね!

情報提供元:女美会
記事名:「垢抜けているのに親しみやすいメイクのポイントとは