部分痩せに特化した、大人向け本格セルフエステ

そもそも、セルフエステって?

通常のエステサロンといえば、エステティシャンによってフェイシャルケアやダイエットのボディケアなどのサービスを受ける場所ですが、セルフエステはエステティシャンの手を借りず、自分で自分に美容ケアを施す場所です。

では、自宅でやるケアとは何が違うのか? それはズバリ、使用するマシンです。
エステティシャンがいないだけで、施術に使うマシンはエステサロンで使われる本格的なマシンですので、高出力で高機能です。1台数十万円から数百万円もするマシンもあり、家庭で使うにはなかなか手が出せない高価なものが使用できます。

セルフエステの中でも、オトナ女性向けなのが「BODY ARCHI」

店舗スタッフによれば、表参道、新宿、渋谷などに店舗展開しているBODY ARCHIには、近隣で暮らす30〜40代の女性が多く訪れているそう。学生や20代の顧客が中心となっている同業他社と比較して、BODY ARCHIの主な顧客の年齢層は若干高めで、ジムやヨガなどに通いながらセルフエステにも通うという美容に対して意識の高い大人の女性に人気のようです。

店内の内装はほんのりくすんだピンクとグレーのカラーリングに統一され、ターゲット層がなんとなく伺い知れます。


セルフエステのメリットとは?

セルフエステサロンには、通常のエステサロンに比べて様々なメリットがあります。

高単価なエステコースが超安価で受けられる

一般的なエステサロンのコースは1回数千円から数万円と、基本的には高額です。特に人気のダイエットメニューや高性能なマシンを使う場合はなおさらです。しかし、セルフエステサロンの多くは、定額制で、通常のエステよりもコストパフォーマンスが高く、最大の利点と言えます。

そもそもなぜエステってこんなに高いの? と疑問に思ったことはありませんか。
それにはマシンの減価償却費、スタッフの技術費、場所代、紙パンツや美容液などの消耗品費などが含まれています。例えばBODY ARCHIで使用しているマシンも200万円ほどするものですので、通常のエステでは1回2万円くらいのコース設定になるそうです。

しかしセルフエステは予約から来店、施術に至るまで全てにおいて人手がかからないようにできているため、スタッフの人件費や技術費部分が丸々かからず、安くエステを提供することができます。

エステサロンに求めるものは人によって様々だと思いますが、短期間でとにかく痩せたいとか、明確な目標に対する効果を求める人にとっては、セルフエステのコストパフォーマンスの高さは魅力的だと思います。

時間内は自分の好きな部位を施術できる

個室になっていることで、その時間はその空間で好きなようにエステができるのが最大の特徴です。エステティシャンに全てお任せするエステももちろんいいですが、自分でできると言うことはその日のコンディションや、細かな希望に対して、自由にエステメニューが組み合わせられるのはセルフエステならでは。

エステマシンを自宅に買い置くのはとてもハードルが高いですが、使い放題ならその必要もありません。

交感神経が働き痩せモードになる

通常のエステサロンでは、ベッドに横になってリラックスしながら施術を受けますので、脳はリラックス状態の”副交感神経優位”になります。
しかし、セルフエステは自ら起き上がって手と体を動かしながら施術するため、脳は活動状態の”交感神経優位”となり、体が積極的にエネルギーを使おうとします。

そのため、ダイエットなどを目的にする場合はリラックス状態でボディケアをするよりも、自ら動いてする方が痩せやすいと言えます。

誰にも見られずエステができる

他人に裸に近い状態を見られるのが恥ずかしくても、通常のエステサロンだとエステティシャンに見られるのはどうしても避けられません。

人に見られずこそろにダイエットしたい方にとっても、たった一人でエステができるセルフエステはとても安心できる場所です。

BODY ARCHIの料金プラン

セルフエステの最大のメリットとしてコストパフォーマンスの高さを先に説明しましたが、セルフエステサロンの「BODY ARCHI」の場合は、なんと、通常のエステサロンで、1コース受けるのに2万円くらいするマシンが、月1万円で使い放題です。

基本的には、1コマ45分で個室が使えます。
(ただし、通いたい時間帯と、一度に押さえたいコマ数によって、料金が分かれています。)

<料金プラン>
・フルタイム(11:00〜20:30) 75分(2部位) 15,000
・フルタイム(11:00〜20:30) 45分(1部位) 13,000
・open〜15時(11:00〜15:00) 75分(2部位) 12,000
・open〜15時(11:00〜15:00) 45分(1部位) 10,000
・ビジター open〜15:00 5000
・ビジター 15:15〜close 6000

※1部位45分換算なので、1部位=1コマ取れると考えます


このように、オープンから15時まで限定での通い放題にすれば、10,000円から始められるというお得さ。しかも平日だけでなく土日もOK。(オープンとクローズの時間、また定休日は、各店舗毎に確認してください)

BODY ARCHIの会員特典

BODY ARCHIは初回体験コースのあとの2回目以降の利用には、入会が必要です。
入会すると、このような便利な特典があります。

会員用アプリで来店予約などができる

 BODY ARCHIでは、会員機能を専用のスマホアプリ上で利用できます。
 毎回の来店予約や、当日予約、キャンセルなどがスマホでいつでも簡単に行えます。
 また、支払い方法や通う店舗の変更も可能です。
 エステマシンの使い方などもアプリで確認できます。

複数店舗あるうち、2店舗通い放題

私が最も便利だと思ったのが、使い放題の店舗が2店舗まで選べることです。職場や自宅など自分の行動圏にある店舗を二店舗選んで好きな時間に通うことができます。

ちょうど私が体験に伺った日はまだ都内に3店舗しかなかったのですが、6月からさらに3店舗オープンしたということで、もっと通いやすい店舗に変更できるようになりました。
今後もっと増やしていく方針だそうなので、個人的にはjobikaiオフィスのある池袋とかにできるといいな、と期待しています。

物販は5%OFF

BODY ARCHIではオリジナルのドリンクやサプリメント、コスメなどが店頭で販売されています。こちらを会員は5% オフで購入が可能です。
アプリの会員コード読み取りで割引が適用されます。

私が購入してみたシリカウォーター。天然のケイ素が豊富に含まれていると有名な宮崎県小林市で採取されたミネラルウォーターで、シリカ好きにはたまらない1本。マグネシウムやカルシウム、カリウムなども豊富で、デトックスを強力サポートしてくれます。

25,000円の遺伝子検査によるダイエットアドバイスが無料

こちらは期間限定キャンペーンだと思いますが、このように会員限定でお得に利用できる関連サービスなどが用意されています。
(こちらの特典は6ヶ月通うことが可能な場合に限り適用されます)

お得な当日入会特典

さらに、初回体験コースを受けた当日であれば、上記の会員特典の他に下記のような当日入会特典が用意されています。

専用の施術ウェア(ブラ&ショーツ)1セットプレゼント

施術の際に着用できるウェアが、入会特典としてついています。
ブラック、ピンク、ブルーの3色のうち、好きな色が選べます。
今回はピンクをセレクト。

入会費20,000円が無料

通常入会費20,000円のところ、初回体験の日にそのまま入会手続きをすると、入会費が無料になります。
事前に入会するかどうかの決め手となるポイントを自分の中でしっかりと設定しておくと良さそうです。

BODY ARCHI がおすすめな理由

ここまで、BODY ARCHIのエステ店舗としての特徴をつらつらと説明してきましたが、みなさんが最も気になっているのは、他のエステサロンと比べて、または他のダイエット方法と比べて、選ぶ価値がどこにあるのかといった点だと思います。

そこで、私が実際に通ってみて感じたBODY ARCHIをおすすめしたいポイントをご紹介します。

全個室で同じマシンが使用可能!

マシンが全室一緒なので、ボディでもフェイスでも時間内に好きなメニューができるのはBODY ARCHIならでは。
他のセルフエステでは、フェイシャルやボディなど目的の施術内容によって個室が異なるぶん、当日になってから、「今日はフェイシャルもやりたいな」とか思っても変更が難しいのですが、全個室が同じ設備で統一されているので、当日気が変わってしまったとしてもやりたい施術を行えます。

出力が高く、RFの温まりも早い

温熱作用のあるRF(ラジオ波)が出力されるマシンは、マルチポーラ式がほとんどですが、ここでは数少ないモノポーラ式のマシンが使えます。

モノポーラ式といえば、インディバというマシンに代表されるような深部温熱のマシンで、クリニックや診療所、整体院などで腰痛などの治療にも使われる方式です。つまり、マルチポーラでは体の浅い部分を即座に温めることができ、モノポーラでは体の深部を温めるので施術後数時間まで体の深部の暖かさが持続します。二つの方式を組み合わせることで、ダイエットの大敵である冷えを解消し、燃えやすい体を積極的に作ります。

しかも使用するマシンの出力が高いのか、具体的な数字は公表されていないのですが、体感でも、当ててすぐに温かさが伝わるほどしっかりと効果があるので、満足度が高いです。

EMSと吸引を同時に行える

電気の刺激で強制的に筋肉を動かすEMSと、吸引によって肌をのみほぐすパルス吸引が一度に出力されるモードもマシンに搭載されています。
RFで体をしっかり温めた後、この EMSと吸引で体の内側と外側同時にほぐすことで、老廃物をぐんぐん流していくようなイメージでボディが一気に引き締まります。

EMSモードは顔にも使えるので、フェイスラインの引き締めにも即効性が高いです。

清潔感があり穏やかな雰囲気

他のセルフエステにいったことがある方は、落ち着かない、ちょっと庶民的、といったイメージを持っているかもしれません。
しかし、BODY ARCHIはそのイメージの逆。落ち着いたテイストの店内と、広々とした個室、設備の一つ一つにこだわりが感じられ、シンプルでありながら使いやすさが考えられた設計です。
施術に使用する使い捨てのタオルも3つも用意され、それでも足りなければ追加でもらえるので、ストレスなく利用できます。

入店、退店も、スマホをかざすだけなので、とってもスマート。こういったエステのサービス内容にチェックが厳しいオトナ女性から見ても便利です。

選びやすい月額プラン

一番安い月額プランでも10,000円と、ライバル店に比べれば少しお高めの設定ではありますが、それでも一番高いプランと5,000円しか違わないのは、通える時間帯と予約できる枠の大きさだけだから。どのプランを選んでも、時間内にできることに違いはなく、どの個室でもボディ&フェイシャルの好きな部位を好きなメニューで施術できます。

でも・・・立地によっては気になる点も

現在BODY ARCHI店舗は、渋谷、表参道、新宿など主要駅の出口近くにはあるものの、駅の改札から徒歩5分以上はかかる入り組んだ場所がほとんど。週2回などの高頻度で通うことを考えると、ちょっと遠いな、と思う方もいると思います。

そして、やはり主要駅といえば、美味しいお店の誘惑からは避けられません。これは完全に私の体験談ですが、お店に到着するまでには人気のカフェなどが軒を連ねているので、ダイエット中の身としては誘惑に負けそうな心配があります。
誘惑に強い方にとっては全く問題ないでしょう。

じぶんdeエステとの比較

セルフエステで競合しているじぶんdeエステと、今回ご紹介しているBODY ARCHIを比較してみました。

 BODY ARCHIじぶんdeエステ
最低月額料金 1回時間月10,000円〜 45分〜月5,980円〜 45分〜
設置マシンFORCECUTTERCELLZEROなど数種類
RF(モノポーラ)-
RF(マルチポーラ)
キャビテーション-
吸引○パルス式○ローラー式
EMS-
体験費用1,000円(当日入会で無料)無料
入会特典体験当日入会で入会費20,000円が無料、施術ウェア(ブラ・ショーツ)プレゼント体験当日入会で入会費と事務手数料13,000円が無料
個室
マシン設置全個室で全背術可能施述内容により個室が異なる
勧誘なし
スマホ予約&チェックイン

私は両方とも利用したことがありますが、どちらが優れているとも言い切れません。どちらも使用するマシンはしっかりしたものですし、実際に1回で出せるボディメイク効果もそこそこありました。ダイエットを目的にするのであれば、どちらを選んでもしっかり結果はついてくると思います。あとは利用目的、料金、マシンへのこだわりなどで選ぶのがいいでしょう。

ただし、30代以降で、落ち着いた雰囲気が好きな人は断然BODY ARCHIをおすすめします。
じぶんdeエステはキャビテーションやローラー式の吸引など、BODY ARCHIにないメニューが選べますが、価格が安い分、若い世代の女性が多いのもありお店が少し騒がしい時があります。

BODY ARCHIはこんな人にオススメ

・短期間で部分痩せをしたい
・理想のボディラインを作りたい
・セルライトが気になる
・体の冷えを改善してジムなどの効果を高めたい
・食事や運動など、複合的にしっかりとボディメイクをしたい
・エステ費用を出来るだけ安くしたい
・大人向けの落ち着いたお店がいい

海やプールに行きたいなら、2ヶ月集中して通ってみよう

春がすぎ、梅雨の時期になると、もうすぐ夏。
そろそろダイエットを本格的に始めたいと思う方も多いことでしょう。
いつも通りの生活にちょっとだけ何かをプラスしてボディラインをシャープにしたい方や、真夏になる前の1〜2ヶ月間だけでも集中してダイエットしたい方は、ぜひセルフエステサロンを利用してみてはいかがでしょうか。


ここまで、長い文章におつきあいいただきありがとうございました。
次の記事では、実際にBODY ARCHIを利用した体験談をお伝えしたいと思います。
恥を忍んで施術のビフォーアフターもお見せします。
よろしければぜひ続きもお読みください。

情報提供元:女美会
記事名:「 1万円で通い放題のセルフエステBODY ARCHIって? じぶんdeエステとの違いを含めて詳しく解説します