ファンデーションを立体的に塗る

まず、メイクをする前にはしっかりとスキンケアを行って肌の水分と油分をコントロールしましょう。
スキンケアでしっかりと肌を保湿し化粧下地を塗り終わったら、次にファンデーションを塗っていきます。
顔全体に均一に塗ってしまうとのっぺりとして立体感がなくなってしまうので、顔の中心部から外側へ伸ばしていくように塗っていきます。中心部はしっかりと、外側は薄付きになるようなイメージです。
顔の中心を濃くする事で、明るい部分がギュっと集まって顔の印象を立体的に、小顔に見せてくれます。

ここが小顔メイクのキモ!シェーディングでメリハリを

小顔メイクにシェーディングは絶対に欠かせません。シェーディングは影を作ることによって顔にメリハリをつけ、小顔に見せる効果があります。
普段使っているファンデーションよりも2トーンほど暗めの色のシェーディングを用意しましょう。丸顔の方は顔の周りをぐるっと一周回まわるようにおでこ、こめかみ、あごと全体に入れてきます。
面長さんは特におでこと顎にシェーディングを入れていくことで小顔効果が出やすくなりますよ。
輪郭だけでなく眉毛の下や鼻筋などにもシェーディングを入れましょう。

高く見せたいところにハイライトを入れる

小顔に見せるポイントは引っ込めるところは引っ込めて、出すところは出すこと。
顔にメリハリをつけることで立体感を出し、小顔に見せるのです。シェーディングで顔を引き締めたら次はハイライトを使います。
Tゾーン、Cゾーン、あごにハイライトをのせていきましょう。光をきれいに反射させることで、メリハリもつきますしお肌をキレイに見せる効果もあります。

チークはピンク色を避けて

ピンクのチークは女性らしく仕上がりますが、小顔メイクにはあまり向いていません。小顔に見せたいのならブラウン系よりのオレンジを選びましょう。暗めの色を選ぶことで顔を引き締めて見せる効果があります。
ただし色白の方にはオレンジは残念ながらあまり似合いません。色白お肌の方は深みのあるピンク系を選ぶとよいでしょう。丸顔さんは口角の上から耳にかけて斜めにチークを入れます。
面長さんは頬骨の下あたりに入れると小顔効果が増しますよ。

眉毛は少し長めに

小顔に見せたいのなら、眉毛はいつもより長めに書きましょう。口角と目尻を結んだ延長線上に眉尻が来るように書くと、ちょうどよい長さになります。
眉毛を長めに書くことによって、顔の余白を少なくし小顔に見せることができるのです。

アイシャドウをグレー系にすることでより小顔に

アイシャドウといえば、ブラウン系を使っている方がほとんどでしょう。しかし小顔にしたい場合は、ブラウン系よりもグレー系の方が適しています。
グレー系で目元に彫りを作ることで小顔に見せる効果があるのです。

小顔メイクにオススメの動画

シェーディングをする場所やハイライトを入れる場所などを動画でもう少し詳しく見てみましょう。
今回は小顔メイクのコツを押さえるのにオススメの動画を3つご紹介していきます。

【メイク】詐欺級小顔メイク&ヘア!初デート前にw/イベント・パーティー向け

小顔に見せるメイク方法から、ヘアアレンジまで紹介されている動画です。小顔メイクとヘアアレンジを気をつけるだけでとても印象が変わりますね。

【メイク基礎】面長改善メイク?~小顔に見せる方法~

面長さん必見の小顔メイクの紹介動画です。小顔になるメイク方法と面長を解消するメイク方法を同時に実践できるので気になる方はぜひチェック。

【シェーディング】あなたの本当に入れるべき場所を伝授!美人顔を引き出す

意外と難しいシェーディングが、この動画を見ることで上手にできるでしょう。自分の骨格に合ったシェーディングができるようになります。

まとめ

小顔になりたいと思う女性は多いですよね。小顔はメイクで顔にメリハリを作ることで、誰でも簡単になれます。
眉毛の長さやチークの入れ方にも気をつけることでより小顔効果を増すことも可能です。シェーディングとハイライトを用意して、今日からあなたも小顔メイクを始めましょう。

情報提供元:女美会
記事名:「小顔メイクのコツとポイント