クレンジング剤の主な種類について

まずはじめに、そもそもクレンジング剤にはどのような種類があるかおさらいします。

クレンジングオイル

鉱物油などオイル成分が大部分を占めているクレンジング剤が「クレンジングオイル」です。
オイルの他、水と油を馴染ませる界面活性剤が含まれていて、クレンジングのオイルと油性成分であるメイクを馴染ませ、界面活性剤で水にくっつけて流す事でメイクを落とします。

油と油はくっつきやすい性質であるため、油性成分であるメイクと短時間で馴染みやすいという特徴があります。

最近ではクレンジングオイルに粘性を持たせてジェル化した、油性のクレンジングジェルも販売されています。油性クレンジングジェルは性質としてはクレンジングオイルと同じで、ジェル化する事により摩擦の負担軽減や、伸ばしやすくしたものです。
粘性を持たせるために配合されている成分によっては洗浄力が低下してしまうため、クリームに近い性質になっているものもあります。

クレンジングクリーム

オイルに対して水分などを馴染ませ、滑らかなクリームにしたものがクレンジングクリームです。
メイクを落とす働き方としてはクレンジングオイルと基本的に同じですが、オイルよりも水で流しやすい点が特徴となります。
ただし、水分などが含まれているためオイルと比べればメイクに馴染みにくくなっています。

クレンジングリキッド・クレンジングジェル(水性)

オイルクレンジングが油と油を馴染ませてから界面活性剤で流すのに対し、界面活性剤で直接メイクの油分を浮かせるものがリキッドクレンジングです。基本的には強めの洗顔料というイメージになります。
ジェルクレンジングはリキッドクレンジングに粘度を持たせたものなので、基本的には同じものとなります。
オイル成分ではないため肌に残る事で乾燥を引き起こすというトラブルになりにくく、また水で洗い流しやすいという特徴があります。
一方、基本的には水性成分であるため、メイクにやや馴染みにくいものが多いといえます。

クレンジングミルク

クレンジングオイルとクレンジングリキッドの中間で、クレンジングクリームの粘度が無いものというイメージです。
程々に肌に残りにくく、メイクと馴染みやすいという性質になります。

タイプ別クレンジング剤の選び方

クレンジングオイルは肌への刺激が強いのでNGと言われたり、クリームは洗浄力が弱すぎるなどと言われたりもしますが、基本的にはどれが良い、どれが悪いというわけではなく、普段のメイクや洗顔の方法によって最適なものは変わります。
ここでは、それぞれどんなタイプの人がどのクレンジング剤を選ぶべきなのかを紹介します。
まず、一番簡単な選び方としては、普段のメイクの濃さやクレンジングをどの程度丁寧に行えるかという点での選び方です。

           【メイクが濃い】|【メイクが薄い】
▶︎さっと済ませたい     オイル      ミルク
▶︎じっくりケアできる   クリーム   リキッド・ジェル(水性)

メイクが濃いめで洗顔を短時間で終わらせる人はクレンジングオイルを

一番肌への刺激が強いと言われるクレンジングオイルですが、メイクに馴染む力は最も強く、メイクをキレイに落としきる力を持つというメリットもあるため、普段のメイクを比較的しっかり濃いめに行っている人にとっては最適な選択肢の一つです。
特に、クレンジングにかける時間を短く済ませたい人にとっては最適で、時間をかけなくてもしっかりとメイクに馴染んで落とせるため、洗顔にかける時間が短いという人はクレンジングオイルを選びましょう。
少量でもメイクを落とす力が強いため、経済的な利点もあります。

ただし、注意点としてはクレンジングオイルは洗い流す時間を十分に設ける必要があるという点です。
クレンジングオイルの成分が肌に残ったままになると、肌内部の保湿成分を吸着してしまうなどの原因により肌が乾燥しやすくなりますので、メイクに馴染ませた後、ぬるま湯や水で洗い流す時間を十分にとるようにしましょう。
目安としては2分以上かけるイメージで、しっかりと洗い流せば肌への負担も少なくする事ができます。

経済的、時間的な余裕がある人はクレンジングクリームを

クレンジングクリームはオイルと比べればメイクに馴染みにくい反面、肌への刺激は優しく、洗い流しやすいクレンジング剤です。
オイルと比べるとメイクに馴染みにくいため、しっかりと時間をかけてメイクに馴染ませる必要があり、短時間で洗顔を終わらせようとすると、メイクが落としきれずにトラブルの原因となります。
また、長時間ゆっくりと馴染ませる際、肌への摩擦刺激を防ぐ必要がある事から、クレンジングの時には指が肌に直接触れる事がないくらい、多めの分量を使う必要があります。
少量で済むオイルと違い、ある程度一度に使う量が多く購入頻度も高くなるため、経済的にはデメリットとなります。

しっかり使えばメイクをしっかり落とす力があり、肌への負担も少ないため、丁寧にケアが行える人にはお勧めです。

お風呂で使いたい人はクレンジングリキッド(ジェル)を

クレンジングリキッドやジェルは、界面活性剤によってメイクを除去する方法であるため、手などが濡れていても使う事ができる商品が多いです。
他のクレンジング剤は基本的に入浴前に、手が濡れていない状態で利用する必要がありますが、リキッドやジェルタイプであればお風呂に入ってから使う事も可能です。
性質としては強めの洗顔料というイメージであるため、クレンジング後の洗顔(W洗顔)が不要という点もメリットとなります。

ただし、基本的に油性成分であるメイクにはなじみにくいため、洗浄力は低くなりがちで濃いめのメイクだと落としきれない場合があるという点がデメリット。
中には洗浄力が高いものもありますが、その場合は界面活性剤の分量が多く、肌を乾燥させやすくなってしまうリスクもあります。

利用する際はクリームと同じようにじっくりとメイクと馴染ませる必要があるため、メイクが比較的薄めの場合は洗浄力が強すぎないクレンジングリキッドやジェルを選び、メイクが濃いめの場合にはクレンジングクリームを使って、入浴前にしっかりクレンジングをするというケアが良いでしょう。

メイクが薄く、手早く洗顔したい場合はクレンジングミルク

オイルとリキッドの中間ともいえるクレンジングミルクは、程々にメイクと馴染みやすく、ある程度は手が濡れたりしていても扱う事が出来、程々に流しやすいので肌への強い刺激になりにくいという、万能タイプ。悪く言えば器用貧乏なタイプです。

薄めのメイクであれば肌への負担も少なく、十分にメイクを落とせるため最適なクレンジング剤だと言えますが、濃いメイクの場合はなかなかメイクに馴染ませきらず、メイクを落とすために摩擦刺激などが強くなってしまう可能性もあるため向いていません。

アイメイクなど濃いめのメイク部分にはオイルを主成分とした強めのクレンジングで一気に落とし、メイクが薄い部分はミルクを使うというような使い分けをすると、肌への負担が少なくすみます。

それぞれの正しい使い方にも注意

クレンジング剤は、どれを選ぶかだけではなくそれぞれの最適な利用方法を守るという事も大切です。

クレンジングオイルは擦らないように短時間で馴染ませ、時間をかけてしっかりと洗い流すように使う。
クリームはたっぷりと手に取り、じっくりと丁寧に馴染ませる。洗い流す時もオイルと同じように、しっかりと時間をかけて流す。
リキッドやジェルタイプは、しっかりと予洗いを行ってから、クリームと同じようにたっぷり目に手に取ってじっくり馴染ませる。洗い流す時はそこまで時間をかけなくてもOK。
ミルクはオイルと同じように短時間で馴染ませ、しっかりと洗い流しますが、オイルほど時間をかけなくても大丈夫です。

利用法を間違え、例えばオイルをじっくりと馴染ませて使ってしまえば肌が乾燥しやすくなりますし、逆にクリームやジェルをさっと使おうとするとメイクが十分に落としきれないなどの状態になりますので、それぞれの使い方もしっかりと守るようにしましょう。

自分自身のタイプに合わせて最適なクレンジング選びを

以上のように、クレンジング剤は何がよくて何が悪いというものではなく、普段のメイクがどの程度であるか、またケアにかける時間がどの程度かなど、生活習慣などに合わせたものを選ぶ事が大切です。
自分にあったクレンジングを使って、美肌を目指してくださいね。

情報提供元:女美会
記事名:「クレンジングは結局何を選ぶのが正解? オイル・ミルク・クリーム・ジェルの使い分け