基本的に、自然乾燥は髪にも頭皮にも良くない

結論から言ってしまえば、髪を洗った後はなるべく早くタオルとドライヤーを使って乾かす事が正解。
自然乾燥には以下のようなデメリットがあります。

キューティクルがダメージを受けやすい

髪は濡れた状態だと膨張し、髪をうろこ状に覆っている保護成分のキューティクルが剥がれやすくなっています。
自然乾燥の場合、髪が濡れた状態が長時間続く事になりますので、髪をいじったり、横になって寝具とこすれたりといった刺激によってキューティクルが剥がれてしまいやすく、髪がダメージを受けやすいのです。
早めにしっかりと乾かす事で髪のダメージを防ぎ、美しく強い髪を維持する事が可能となります。

湿った頭皮は雑菌の繁殖などトラブルの元に

人の皮膚には数多くの常在菌が存在していますが、それは頭皮も同じ。
適度な潤いがあり、皮脂膜によって保護されている頭皮では雑菌の繁殖も抑えられますが、湿った状態は抗菌力も弱く、菌の繁殖しやすい状態となります。
雑菌が繁殖すると、頭皮の炎症などのトラブルに発展しやすくなり、髪が健康に育ちにくくなってしまいますので、早めに乾かして頭皮を健康に保つ事が大切です。
また、髪の地肌が濡れた状態が続くと、ムレが不快なにおいの原因となります。

ドライヤーの熱ダメージは大丈夫?

自然乾燥は以上のようなデメリットがあるためNGケアですが、一方でドライヤーも熱によるダメージがあります。
髪は熱による刺激を受ける事でもキューティクルが開きやすくなるため、ドライヤーをかけながら髪を擦ったりしてしまうとそれも髪の大きなダメージに。しかし、髪をなるべく傷めないような正しい乾かし方を心がければ、髪に大きなダメージも残しませんし、しっかりと冷風でのケアまで行う事でキューティクルを閉じて美しい髪質を目指す事も可能です。

正しいドライヤーの方法

ドライヤーの熱ダメージを防ぐためにケア用品を活用!

また、ドライヤーの熱によるダメージを最小限に抑えるために「洗い流さないタイプのトリートメント」を利用すると、より美しい髪を目指しやすくなります。
洗い流さないタイプのトリートメントには「オイルタイプ」「ミルクタイプ」「ミストタイプ」があり、オイルタイプは髪をしっかりと保護し、仕上がりの纏まり感を作るのに適していて、ミストタイプはそこまで強い保護力は無いものの、仕上がりをふんわりとさせたい場合に適しています。ミルクタイプはその中間くらいなので、目指す髪質によって使い分けてみてください。

トリートメントによっては、単純に髪を熱ダメージから守るだけではなく、ドライヤーの熱も利用しながら髪の補修効果まで得られるようなものもあります。
ドライヤーで乾かしつつ、より美しい髪を手に入れやすくなるのでおすすめですよ!

情報提供元:女美会
記事名:「シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?