肌のハリを保つコラーゲンとは

コラーゲンとは人の体内にも元々存在している成分で、肌においては真皮層という部分の中で肌のハリ(弾力)を作り出すために重要な役割を担っています。
肌は目に見える表面から「角質層」「真皮層」「皮下組織」という形の層に分かれていますが、この真皮層にある繊維芽細胞という細胞がコラーゲンを作り出す事で、肌は弾力を持って外部からの衝撃を吸収できるようになっているのです。

コラーゲンの不足はエイジングトラブルの大きな原因

肌にあるコラーゲンの量は加齢によって減少していってしまいますが、コラーゲンが減少してしまうと肌は若い頃のような弾力を失うため、シワやたるみといったトラブルを抱えるようになります。
逆に、年をとってもコラーゲンの量が十分に作られていればシワやたるみが引き起こりにくく、エイジングケアはコラーゲンをしっかりと保つ事が重要な要素の一つとなります。

コラーゲンは食べても肌にそのまま使われない

コラーゲンが肌のケアに重要という事は多くの人がしっているため、エイジングケア目的としてコラーゲンのサプリなどが販売されているケースも多くあります。
しかし、コラーゲンは食事によって取り入れても基本的に一度アミノ酸に分解され、そこから身体の色々な部分に利用されるため、基本的にはタンパク質を食事で取り入れるのと一緒。コラーゲンを集中して食べたからといって、その分肌のコラーゲンが増えるというわけではないので注意が必要です。

コラーゲン配合化粧水が肌にもたらす効果

コラーゲンは肌のハリに重要な成分ですが、化粧水として利用した場合も、体内で作られたコラーゲンと同じように肌のハリをもたらすために利用されるのでしょうか。

実はその答えは明確に「NO」です。

人の肌は基本的に外部からの物質を浸透させない「バリア機能」が働いていて、化粧水などで肌に塗ったとしても、それが肌の奥まで到達する事はほぼありません。
肌に浸透したとしても、それは「角質層」までの浸透であり、コラーゲンがある「真皮層」までは到達しないため、体内で作られたコラーゲンと同じような働きをする事はまずありえないのです。

スキンケアコスメのコラーゲンは保湿効果目的

それではスキンケアコスメのコラーゲンが何を目的としたものかというと、それは保湿。
コラーゲンは水分を保持して潤いを保つ効果があるため、化粧水などで利用をする事で肌の保湿効果を得る事ができます。

コラーゲンが保湿成分として優秀な点としては、高い保湿効果があるのはもちろんの事、元々肌に存在している成分であるため刺激なども少なく安全性が高い事や、ナノ化する事によって角質層に浸透させる事ができるため、肌内部からの保湿効果を発揮する事が可能という点にあります。

コラーゲン配合化粧水の選び方

コラーゲン配合化粧水を選ぶ際には、コラーゲンがナノ化(低分子化)されたものを選ぶと良いでしょう。
ナノ化とは、成分を化学的に小さく切ったりしてしまう事で、通常のコラーゲンでは角質層にも浸透が難しい大きさであるところを、ナノ化する事でしっかりと角質層内部まで浸透させていく事ができるようになるのです。

角質層内部に浸透させる事の重要性としては、例えば肌表面に塗っただけでは少し洗い流しただけで保湿成分が全て流れ去ってしまうのに対し、内部に浸透していればそのまま肌に残り、潤いを保つ事ができるようになります。
また、肌はNMFや細胞間脂質といった角質層内部での保湿機能と、皮脂による角質層に脂でフタをする保湿機能の2つを持ち合わせていますが、角質層に浸透するナノ化コラーゲンを利用する事で角質層内部での保湿が可能になるため、スキンケアの効果が劇的に高まります。

コラーゲン配合化粧水の効果的な使い方

コラーゲン配合化粧水は肌内部での保湿として高い効果を発揮するため、乳液など油膜によって保湿をするスキンケアコスメの前に利用しましょう。
基本的には肌を洗った直後にたっぷりと利用し、肌への水分と保湿成分(コラーゲン)補給という形が適しています。
特に他の化粧水と使い方が異なるという部分はありませんが、肌の乾燥が気になる場合は2回以上、重ね塗りすると保湿成分を多く取り入れる事ができるため、高い保湿効果を得やすくなります。

情報提供元:女美会
記事名:「コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方