オーガニックコスメとは

まずはオーガニックコスメがどのようなものかをおさらいしましょう。オーガニックコスメはこれといって明確な定義があるわけではありませんが、ほとんどの場合「有機原料(化学薬品を使わずに育てられた原料)で作られた化粧品」を指します。植物の素材そのものが持つ自然の力を利用して、人間が本来持つ「自然治癒力」で素肌の力を高めよう、というものです。

オーガニックコスメの定義って?

自然の力で素肌の力を高める、ってなんだか素敵なものに思えますが、実は選び方を間違えるとオーガニックコスメは肌へと刺激になってしまう可能性もあります。なぜなら、オーガニックコスメには、「90%以上有機栽培の植物成分を配合したらオーガニックコスメだ」などの明確な基準がないからです。つまり、メーカー独自の判断にゆだねられているため、90%はケミカル成分、10%は有機栽培の植物成分だとしてもオーガニックコスメと言えるのです。

本物のオーガニックコスメを選ぶためには、厳しい自社基準を定めている信頼できるメーカーを見つけることや、海外のオーガニック認証機関が認めているCOSMECO(コスメエコ)、COSMEBIO(コスメビオマーク)、BDIH(コントロールドナチュラル・コスメティック)などのマークがついているものを選びましょう。


結局のところ、オーガニックコスメは肌に優しいの?

先ほど、本物のオーガニックコスメを選ぶには・・・という話をしましたが、そもそも「本物」を選ぶ必要性はあるのでしょうか? その必要性を判断するための要素として、肌への優しさという点は無視できません。
肌に優しいイメージを持つオーガニックコスメですが、一概に肌に優しいとは言い切れません。オーガニックというのは、農薬を一切使わずに栽培された植物のこと。植物には重大なアレルギーを引き起こすものもありますよね。今の季節なら花粉症。花粉症に苦しんでいる方はうんうん、とうなずいている方もいらっしゃるかと思いますが植物=肌に優しいというわけではありません。花粉症の例のように植物だって場合によっては肌に刺激になってしまいます。
また、通常は化粧品の品質を安定させるために防腐剤などの化学原料を入れることもありますが、オーガニックコスメでは防腐剤などを不使用としているものも多く、品質が安定しにくいという側面もあります。
なので、オーガニックコスメは肌に優しいとは言い切れないのです。

オーガニックコスメが向いている人・向いていない人

向いている人

・肌が敏感すぎずある程度コンディションが安定している
・科学的ではない天然の香りに癒されたい
・大きな肌悩みがなく化粧品に強い効果を求めていない
・肌のケアを最小限にし、できるだけナチュラルな肌でいたい
そんな方にはオーガニックコスメが向いています。

向いていない人

・アレルギーやアトピー、肌が敏感でコンディションが安定しにくい
・肌悩みに対して強い効果を求めている
・コスメの保存方法や使用期間などをあまり気にしない
そんな方は、刺激になりやすいオーガニックコスメは避けるのが無難です。自然の原料を使っている場合、保存方法や使用期限などがしっかりと定められているものも多く、注意が必要なため、管理が面倒という方には不向きです。
また、今気になる肌悩みがある方はピンポイントで効かせることができるケミカルなコスメが◎

オーガニックだけにとらわれる必要はない

そもそもなぜ化粧品には化学的な原料が使われているか?ということを考えてみましょう。
・化粧品の品質を保つため
・通常の生活では改善しにくい肌悩みに対応するため
など、さまざまあります。
オーガニックコスメに向いている人・向いていない人をご紹介しましたが、必ずしもオーガニックコスメ・ケミカルコスメにとらわれる必要はありません。どちらかだけ使うのもいいですし、どちらも使っていいとこどりするのもよし。大切なのは自分の肌に合うものを適切に使うことです。自分にぴったりあうコスメを探してみてくださいね。

情報提供元:女美会
記事名:「オーガニックコスメって肌に優しいの? 本当のところ教えます!