コンプレックスが長所と感じられるようになる例3つ

今回は、ラブリサーチで175人の方にアンケートを取った中で、コンプレックスが長所と感じられるようになった例の多かった&目立った3つをご紹介します!

「背が低い」コンプレックは「可愛さ」や「賢さ」に!

アンケートの中で多かった内容の一つが、「背が低い」という身長に関するコンプレックス。
最近は昔と比べて平均身長もあがり、身長が高い女性も増えてきていますし、モデルやCAなど職業によっては身長制限も有ったりするので、背が低い事はコンプレックスに感じやすいポイントの一つですよね。
そんな背の低さは、一方で「可愛さ」として、「守ってあげたい」と思わせるような長所にもなる部分で、特に恋愛において、男性は「守りたくなる」相手に好意を持ちやすいという面もありますので、大きなチャームポイントに。また、女性からすれば相手が大きい方が「安心感」に繋がると思いがちですが、男性は背が低い女性に対しての方が「安心感」「安らぎ」を覚えやすいという特徴もあります。

また、歴史的には背が低い女性が「知恵者」として伝えられている文献も多く、クレオパトラやヴィクトリア女王も身長150㎝程度であったとされています。

小さいバストは「形」が褒められやすい

体型という点では、身長と同じくバストの悩みがやはり多く目立ちました。特に、小さいバストのサイズに対してコンプレックスを感じている方は多いですよね。
そんな小さいバストの方々は、「形がきれい」「カワイイ」などという表現で褒められる事が多いようで、特に男性視点で言えばバストは大きさよりも「全体のバランス」が重要という圧倒的なアンケート結果がありますので、小さくても形がキレイなバストは強い魅力の一つなんです!
もちろん、小さくてもちゃんとケアをしなければ形は崩れてしまいますので、ふっくらとキレイな形になるように、マッサージなどのケアをしっかりと行うようにしましょう。

ぽっちゃりも「柔らかくて魅力的」

身長、バストときて、次に多い体型のコンプレックスはやはり「太っている」ぽっちゃり体型。
でも、ぽっちゃり体型に対しても「触り心地が良い」や「可愛い」という形で褒められた経験を持つ人は多く、痩せようとしたら「そのままがいい」と言われる事もしばしばあるようです。
そもそも、最近は特にモデルなどが極端に細い体型の場合も多く、女性の視点で理想の「細い」体型も、男性から見たら「細すぎる」という感覚になりやすく、実際に他のアンケートでもそのような結果が出ています。
無理にダイエットをして、女性の「理想の細さ」を目指すのではなく、しっかりと栄養バランスや睡眠に気を付けて、質感の良い肌や明るい表情でいた方が、男性から見たら魅力的なチャームポイントとして映るのではないでしょうか。

コンプレックスとチャームポイントは紙一重

コンプレックスもチャームポイントも、結局は見方次第で、人と違う部分を好意的にとるか、ネガティブに捉えるかの違い。
無理に自分のコンプレックスを解消しようとしてネガティブな思考にとらわれないで、チャームポイントとしてポジティブに捉える事で、自分に自信をもってより明るく過ごす事も、魅力的な女性になるためのポイントですよ!
自分自身がコンプレックスと思い込んでいる部分があったら、恋人や友人、家族などに打ち明けてみたら「そこが好き!」という意見が、実は多く出てくるかもしれませんよ!

リアル恋愛調査 まるっと読み! 女性の恋愛・カラダ・エッチの悩みはラブリサーチへ! 記事提供元:ラブ♡リサーチ

情報提供元:女美会
記事名:「コンプレックスも見方次第? 短所も違う視点で見れば長所に!