自宅のヘアケアで手に入れる美髪テクニック

自宅のヘアケア
出典:byBirth

トリートメントをつける前は水気をオフしてからつける

シャンプー後にトリートメントをつけるときは、しっかりと髪の毛の水気をオフしてから伸ばすようにしましょう。水気をオフしてから伸ばすと、より一層髪の毛にトリートメントの成分が浸透してくれます。

シャンプーを洗い流した後に、濡れた髪の毛を手で絞るようにして、根元から毛先に向かい水気をオフしていきましょう。

トリートメントは頭皮につけないようにする

保湿力の高いトリートメントは、頭皮や根元につけてしまうと、どうしても髪の毛をペッタリとボリュームダウンさせてしまいます。トリートメントをつける際は、頭皮と根元を除いて、ダメージを受けやすい毛先を中心になじませていきましょう。

このとき、トリートメントをなじませた後は、粗めのヘアコームでトリートメントが髪の毛全体に行き渡るようにしてみてください。

ゴワつきが気になる方は、軽めのテクスチャーのタイプを選ぶ

毛量が多くゴワつきが気になる方は、トリートメントを軽めのテクスチャーのサラサラさせてくれるタイプにしてみてください。保湿力の高いトリートメントは、どうしても髪の毛に重たさを与えてしまいます。軽めの仕上がりのトリートメントを使って、髪の毛の重さをとるようにケアしていきましょう。

ドライヤーで手に入れる美髪テクニック

ドライヤーで手に入れる美髪テクニック
出典:byBirth

タオルドライでしっかり乾かしてからドライヤーをかける

髪の毛が濡れたままの状態で横になる・眠るなどしてしまうと、髪の毛が摩擦でダメージを受けてしまいます。しかし夏場は、「ドライヤーの熱風に煽られるのがしんどい…」という気持ちが出てきてしまいますよね。

ドライヤーをかける時間を短縮させるには、あらかじめタオルドライをしっかりしておくことが大切です。最初に水気をしっかりと拭き取れていないと、ドライヤーを当てる時間が余計にかかってしまいます。ドライヤーの熱風を当て続けるのは、髪の毛にも負担が大きいので短時間で乾くようにしておきたいところ。

おすすめのタオルドライ方法は、マイクロファイバー素材のタオルなどを使って水気を拭き取る方法です。吸水性が高いタオルを使えば、普通にタオルを使うよりも素早く水気を拭き取ることができるので、夏場に最適の方法です。

髪の毛を乾かす前にコーミングして整える

髪の毛をタオルドライしてぼさぼさの状態で乾かすと、髪の毛が絡まって解けなくなってしまうほか、ドライヤーの熱が当たる面積にムラができてしまいます。ドライヤーの熱が過剰に当たりすぎると、髪の毛が乾燥してパサパサになってしまうので注意が必要です。

髪の毛にドライヤーをかける前に、髪の毛全体をコームでとかして毛流れを整えておきましょう。髪の毛全体の毛流れが整うことで、ドライヤーの熱も満遍なく当たるので、乾燥ムラができずツヤのある状態に仕上がります。

根元のうねりはブローで改善する

キレイに整った髪の毛に仕上げるために大切なのは、根元のうねりをしっかりと伸ばしておくことです。根元はヘアアイロンだけで整えるのが難しいので、ドライヤーで髪の毛を乾かす際に、うねりを伸ばしておくことがポイントです。

まだ髪の毛が濡れている状態で、根元のうねりを引き延ばすように、髪の毛を手ぐしで引っ張りながら乾かしていきましょう。毛束を少しずつとり、毛先に向かって引っ張るようにしてブローしてみてください。

ヘアアレンジで手に入れる美髪テクニック

ヘアアレンジで手に入れる美髪テクニック
出典:byBirth

ヘアアイロンは髪の毛が乾いてから使う

髪の毛が濡れたままでヘアアイロンを使うと、ダメージの原因となってしまうので注意しましょう。ヘアアイロンを使う際は、ドライヤーでしっかりと髪全体を乾かしてからにしましょう。

自宅のヘアアレンジは毛先だけの無造作巻きがおすすめ

自宅で過ごすだけの日のヘアアレンジは、ダメージを最小限に抑えるために毛先だけの無造作な巻き髪がおすすめです。ヘアアイロンで毛先だけをランダムに巻いて、無造作な動きを作るとやりすぎないリラックスした抜け感が作れるので、お家ムードにぴったりです。

自宅にいても気分が上がるヘア美人で過ごそう

ヘア美人で過ごそう
出典:byBirth

自宅で一人で過ごす日でも、髪の毛がツヤツヤでキレイに整っているとテンションが上がりますよね。

髪の毛にダメージは与えないように注意しながらも、簡単でオシャレなヘアアレンジをして、毎日を楽しく過ごしましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「お家でも“美髪”でいたい!自宅でできるヘア美人の作り方