電車でつり革を持つ際や、髪をまとめ上げる際、つい周りの目が気になってしまっていませんか?

女性にとってムダ毛とは、わずらわしい存在そのもの。ただ、安易にカミソリや、毛抜きで処理を続けていると、黒ずみや毛穴目立ち、肌あれの原因になってしまうこともあるので、注意が必要なんですよ。

だったら脱毛サロンに通えばいいや!と思ってしまいますが、現実はそう甘くはなく、人気の脱毛サロンになると、なかなか思うように予約が取れないことも多く、気づいたら一番大事な夏が終わっていたなんてことも…。

そんな方に、ぜひおすすめしたいのが、自宅で好きな時に気軽に脱毛できちゃう『家庭用脱毛器』です。脱毛サロン級の「本格派」家庭用脱毛器を厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

脱毛
出典:byBirth

家庭用脱毛器のメリット

ではここからは、家庭用脱毛器のメリットを紹介していきますよ。脱毛サロンと比べて、どういった点が優れているのか見ていきましょう!

メリットその1 好きな時に脱毛ケアができる

忙しい女性にとって、脱毛サロンに定期的に通うということ自体、結構な負担ですよね。また脱毛サロンは土日に予約が集中するので、土日休みのお仕事の方は、なかなか予約が取れないことも多いです。夏前から夏場にかけてはほとんど予約が埋まっていて、スケジュールが立てにくい点もネック。

家庭用脱毛器があれば、自宅で好きな時間に気軽に脱毛できるので、サロンに通う時間と交通費もかかりません。気が向いた時に、すぐに脱毛ケアできるのが最大のメリットです。

メリットその2 ちょっとした気になる部位もケアできる

脱毛サロンでケアする程でもない顔の産毛や、背中やうなじなどの気になる箇所を、自分でケアできるところがいいですよね。

以前脱毛した箇所によくある「脱毛逃れの毛」をケアできるのも嬉しいところ。また、脱毛サロンでお願いするのはちょっと恥ずかしい「VIOのケア」が、自分で出来ちゃうところも魅力的。

メリットその3 コスパがいい

腕・脚・脇などの主要部位をサロンやクリニックで脱毛すると、20万円以上はかかってしまいます。しかし、家庭用脱毛器は高いものでも10万円程度。

また、サロンやクリニックでは脱毛が完了するまで最低でも半年はかかってしまいますが、家庭用脱毛器なら、1週間に1回のペースでケアすれば、大体1ヵ月~2ヵ月程で全身の脱毛が完了しちゃいます。

メリットその4 痛みが少ない

筆者の私は、医療脱毛経験者でもあるのですが…、クリニックでの脱毛は、機器の出力が上がるにつれ痛みも強くなる為、施術中はずっと半泣き状態でした。

特に、VIO部位は痛すぎてダメでした。5回分で契約したのですが、2回目で挫折してしまい、お金をドブに捨てるはめに…。

しかし、家庭用脱毛器なら、自分で出力調整できるので、痛みを気にせずに使えちゃいます。肌が弱い敏感肌の方や、小さなお子さんでも安心して使えるので、家族みんなで使えるところも魅力のひとつですよ。

では次に、家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント
出典:byBirth

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント・注意点

全身に使えるものを選ぼう

家庭用脱毛器を選ぶ際は、自分が脱毛したい部位に使えるかどうかしっかり確認しましょう。中には、脇や腕、脚には使えても、顔やVIOには使えないものもあるので、注意が必要です。

もし部位ごとにアタッチメントを変えなければいけないタイプだった場合は、顔やVIO専用のアタッチメントがちゃんと付属しているかなどのチェックも忘れずに!

照射回数が多くコストが安いものを選ぼう

それぞれの脱毛器には、最大照射回数が設定されています。少しでも1ショットあたりの金額が安く、コスパの良いものを選ぶといいですね。

また、家庭用脱毛器の中には、消耗品としてカートリッジ交換が必要なものもあり、照射回数が少ないと、カートリッジ交換の頻度が高くなり、コスパがよくないことがあるので、そのあたりをしっかり確認しましょう。

本体交換式の場合は、使いきったら本体ごと買い換える必要はありますが、照射回数が多いものを選べば、満足のいくケアができるので、どちらのタイプが自分に合っているか、本体価格やランニングコストを念頭に比較してみることをおすすめします。

照射面積が広いものを選ぼう

腕や脚を脱毛する際、照射面積が狭い脱毛器だと、ケアするのに時間がかかり面倒になってしまいます。

肌にあたる照射面積が広い方が、照射時間が短くてすむので、照射面の広さをしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

照射レベルを調整できるものを選ぼう

肌が弱い方などは、「照射レベルが細かく調整できる」脱毛器を選ぶと、出力を弱めて使用できるので、肌への負担を減らすことができます。

また、家庭用脱毛器には「レーザー方式」と「フラッシュ方式」の2つの脱毛方式がありますが、特に痛みに弱い方には、「フラッシュ方式」が断然おすすめです!

レーザー方式に比べ、効果が出るのにやや時間はかかりますが、痛みが少なく、1回あたりの照射時間も短いので、スピーディーかつ気楽に脱毛を続けられますよ。

照射面積が広いものを選ぼう
出典:byBirth

おすすめ「本格派」家庭用脱毛器3選

全身に使用できる「本格派」家庭用脱毛器を厳選してみました。

脱毛効果だけでなく、美肌効果も得られる人気アイテムをピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

シーズ・ラボ

フォトEPC

74,800円(税込)

この投稿をInstagramで見る

クリニカルサロン シーズラボ公式(@cizlabo)がシェアした投稿

プロのエステティシャンと業務用マシンメーカーが共同開発した、プロレベルのフォト美顔&脱毛器。本体は330gと軽量、面倒なジェルも不要で、疲れ知らずで、楽々全身脱毛できちゃいます。

最大15ジュールと脱毛サロン並みのハイパワーなので、効果実感までとてもスピーディー。照射回数は30万回と満足のいく回数で、約20年はアタッチメントを交換しなくてすむ、コスパ最強アイテムです。

また、フェイシャル用のアタッチメントを付ければ、たるみやしわ、ニキビのケアもできる優れもの。高い脱毛効果だけでなく、エイジングなどの美肌ケアも一緒にしたいという方におすすめです。

Panasonic(パナソニック)

光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP82

オープン価格

この投稿をInstagramで見る

PanasonicBeauty(パナソニックビューティ)(@panasonic_beauty)がシェアした投稿

皮膚科専門医監修のハイパワー光美容器。

「Wランプ」連続発光と波長調整フィルターで、ハイパワーなのに刺激が少なく肌にやさしいところが嬉しいポイント。1回目の照射から高い効果を実感できますよ。

ボディー用やフェイス用、ビキニ用とそれぞれの箇所に合わせた「アタッチメント」が付属されているので、全身くまなく脱毛ケアができちゃいます。

肌に押しあてるだけの「ボタンプッシュレス」、「スライド連続照射機能」搭載なので、面倒くさがりの方にもかなり重宝しますよ。1分間に60ショットの「スピード照射モード」で、時間がかかるボディもサッと時短でお手入れ可能。

カートリッジ交換式ですが、照射回数は30万回と約25年使え、家族最大5人までシェアできる十分な量となっています。

「美肌に効果のある光エネルギー」の刺激で、脱毛ケアしながら、不要な角質をはがれやすくし、キメ感のある明るい素肌に導きます。

OPUS BEAUTY(オーパスビューティー)

OPUS BEAUTY 03

39,800円(税抜)

この投稿をInstagramで見る

【公式】家庭用脱毛器(オーパスビューティー03)(@opus.beauty_03)がシェアした投稿

脱毛器メーカーの自信作!脱毛サロン級の14ジュールの強力照射で、産毛から濃い毛までしっかりケアできます。

高機能タッチセンサー搭載なので、顔や指などの立体的な箇所や、背中などの見えにくい箇所も使いやすい設計になっています。また、アイスクール機能で、面倒な冷却ジェルや保冷剤が不要、冷やしながら照射するので、痛みが少ないところも魅力。

肌に負担をかけずに脱毛でき、脱毛ケアしながらリフトアップや毛穴引き締め効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

カートリッジ交換不要で、使いきりタイプではありますが、照射回数は35万ショットと十分満足のいく量。小さいお子さんも使える安心機能も万全なので、家族みんなで脱毛ケアしたい方におすすめです。

以上が私がおすすめする厳選アイテムになります。自宅で過ごす時間が増えた今、脱毛ケアを本格的に始めるには、最適な時期かもしれません。

リラックスしながらマイペースに脱毛ケアできちゃう、メリットだらけの『家庭用脱毛器』を、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?

情報提供元:GODMake
記事名:「「本格派」家庭用脱毛器でツルツル美肌を手に入れよう!