マスクで隠れていても、油断ならない!

いつマスクを外しても、美しい唇を保てるリップアイテムの選び方

美しい唇を保てるリップアイテム
出典:byBirth

ベタつかず色持ちのいい「ソフトマットリップ」を持っておくべし

マスクをしていて一番気になるのが、口紅がマスクについてしまうことだと思います。マスクが擦れて口紅の色が消えてしまったり、グロスを塗るとマスクにベタベタが移り、不快に感じてしまうこともあります。

それを避けてしっかり血色感を残すなら、やはりマットに仕上がるリップアイテムを1つ持っておくのが良いでしょう。最近発売されているマットリップはパサっとなりにくい、乾燥しづらい処方のアイテムが多いので、乾燥に悩んでいる方も使いやすいですよ。

また、マットリップは色がしっかり残りやすいので、ティッシュオフしてマスクをすれば色持ちもアップします。

お出かけ先でも使えるケア効果の高いリップアイテムを持っておくべし

マスクによる摩擦が繰り返されると、唇も荒れてしまいます。特に今の季節は紫外線も大敵なので、しっかりお出かけ先でもリップケアを怠らないようにしましょう。

洗い流す必要のないリップスクラブや、無色透明で保湿ケアがしっかりできるグロスを常備しておくのが良いでしょう。特にグロスは、メイク直しをする際最初にたっぷり塗っておき、他のパーツを手直しし終わってからティッシュオフすると、ふっくら健康的な唇へと導くことができます。こちらも必ず持ち歩くようにしておきましょう。

おうち美容で使えるリップケアアイテムも常備しておくべし

外出自粛が推奨される中、おうちで丁寧にリップケアができるアイテムもお試ししてみましょう。例えば、リップ専用のパックはつけたまま他の作業ができるので、ラクにリップケアが出来ます。

また、先ほどご紹介したスクラブとリップパック、保湿系のリップクリームやグロスを組み合わせてスペシャルケアをすると、唇の美しさをずっと保つことができます。唇は小さなパーツですが荒れているととても目立つので、ぜひ日々のスキンケアにリップケアも取り入れましょう。

美容ライターも愛用!女度を下げないリップアイテム4選

レブロン キス シュガー スクラブ

レブロン キス シュガー スクラブ
出典:byBirth

保湿力の高いリップベースにスクラブが混じっているリップケアアイテムです。柔らかいシュガースクラブが優しく唇の角質をオフし、なめらかに整えてくれます。

洗い流さなくても良いタイプなので、持ち運んで気になった時にすぐに使えるのも嬉しいポイントですね。スクラブのやりすぎはかえって荒れてしまいますが、ざらつきが気になる時など定期的に角質ケアをすることで、口紅のノリや発色がよくなり、マスクの下でも美しい唇を保つことができます。

モットラボ リップショット

モットラボ リップショット
出典:byBirth

こちらは普通のリップパックとは一味違うリップケアアイテムです。ヒアルロン酸Naのマイクロニードルとプランプエッセンスのおかげで、ふっくらハリ感のある唇へと導いてくれる優れものです。

リップショットのマイクロニードルは、ヒアルロン酸などの美容成分を針状にしたものを指しますが、針といっても痛くなく、ほんのりピリピリ感を感じる程度です。角層まで美容成分がしっかり行き渡り、効果も感じやすいです。おうち時間を有意義なものに変えてくれる、ちょっぴり贅沢なおうち美容グッズです。

THREE リップコンシャス プロテクター

THREE リップコンシャス プロテクター
出典:byBirth

意外と見逃しがちなのが、唇の紫外線対策。顔や身体はしっかり対策していても、うっかり唇を見逃していると、それだけで美しい肌から遠ざかってしまいます。こちらのリップはSPF35・PA+++、紫外線吸収剤フリーと紫外線対策もバッチリできるリップクリーム。ほんのりコーラル色を感じるので、健康的な仕上がりにすることができます。

ベタつかずマスクの下でも快適に使えるので、マスクを外しても隙のないリップメイク、ストレスのない紫外線対策を同時におこなえるので、今の季節には欠かせないアイテムとなるでしょう。

シャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 956

シャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 956
出典:byBirth

筆者はマスクが必須になってからは、専らこちらのリップを使用しています。ふわっとしたムースのような液状になっていますが、伸ばすと驚くほどサラサラ!商品名にパウダーとついているのも納得なぐらい、サラサラマットな仕上がりになります。

粉っぽさやパサっとした感じは無く、彩度の高い華やかなレッドカラーですが、唇を柔らかくソフトな印象に仕上げることができます。マスクにつくこともほとんどなく、まさにマスクをしている時に使いたい優秀リップアイテムです。

リップアイテムを使いこなして、隙のない仕上がりを目指そう

筆者は乾燥肌で唇も乾燥しやすく荒れやすいのですが、リップケアはちょっと気をつけるだけでも効果が出やすいパーツです。突然マスクを外さなきゃいけない場面でも、プルプルの唇が保たれていれば常に自信のある顔でいられます。

ぜひこの記事を参考に、唇を中心にどのパーツも隙のない仕上がりを目指してくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「マスクの下の唇、どうしてる?美容ライターが実践するリップケア&リップメイク