自然乾燥はNGだけどドライヤーの熱は髪のダメージに

ドライヤーの熱は髪のダメージに
出典:byBirth

「ドライヤーをかけると髪が傷むから」といって、自然乾燥させていませんか?自然乾燥すると頭皮が湿った状態が続き、雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化しやすくなります。

頭皮環境を良好に保つことは、美髪のためには大事なこと。そのため、ドライヤーで髪を乾かすことは必須条件なのです。

しかし、ドライヤーの熱が髪のダメージになるのもまた事実。では、どのようにすれば髪を傷めずに、髪を乾かすことができるのでしょうか?

髪を傷めないドライヤーの使い方

できるだけ髪を傷めないためには、ドライヤーの使い方が重要です。どのようなポイントに気をつければ良いのか見ていきましょう。

タオルドライをしっかりする

タオルドライをしっかりする
出典:byBirth

できるだけ髪を傷めずに髪を乾かすには、ドライヤーをかける時間を短くすることが大事。そのためには、タオルドライをしっかりすることがポイントです。いきなりドライヤーを当てるのではなく、乾いたタオルでしっかりと髪の水分を吸い取りましょう。

このときに、髪をこするようにゴシゴシ拭くのはNG!タオルで髪を包み、押さえるようにして水分を吸収させます。

ドライヤーの前に美容オイルをつける

ドライヤーの前に美容オイルをつける
出典:byBirth

髪をドライヤーの熱から守るには、ドライヤーを当てる前に美容オイルをつけるのがおすすめです。ホホバオイルや椿オイルなど、植物性のオイルでアウトバストリートメントをしましょう。

美容オイルをつけることで、髪をドライヤーの熱ダメージから守ってくれます。

髪から20センチ以上離す

髪から20センチ以上離す
出典:byBirth

ドライヤーで髪を乾かすときは、速く乾かそうとして髪に近づけ過ぎていませんか?それでは髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、髪から20センチ以上離してドライヤーを当てるようにしましょう。

一ヶ所に風を集中させるのではなく、ドライヤーを軽く揺らしながら当てるのがポイントです。

短時間で乾かすための順番

ドライヤーを髪に当てる時間を短くするためには、短時間で乾かす必要がありますよね。

できるだけ速く髪を乾かすには、効果的な乾かす順番があります。髪が密集している後頭部はもっとも乾きにくいため、まずは後頭部から乾かしはじめましょう。

そして、髪の根元を中心に乾かしていきます。頭皮付近の髪が乾けばOKなので、毛先は多少濡れていても大丈夫です。

完全に乾く前に冷風で仕上げる

ドライヤーで髪を乾かすときは、完全に乾く前に冷風で仕上げるのがコツです。毛先まで完全に乾かしてしまうと、髪の水分量が少なくなり、髪のパサツキの原因になります。

乾く直前でドライヤーを冷風モードに切り替え、髪全体に当てることでキューティクルを閉じる効果も期待できます。

サラツヤ髪をキープするドライヤーの選び方

では、サラツヤ髪をキープするには、どのようなドライヤーを使えば良いのでしょうか?

ドライヤーの選び方と、いくつか商品をご紹介します。

速乾性のために風量の強いドライヤーを選ぶ

髪を傷めないためには、速く乾かすことが条件でしたよね。速乾性を期待するなら、風量が強いドライヤーを選ぶことが大切です。髪を乾かすのは、熱よりも風のほうが効果的なのです。

ReFa「リファビューテック ドライヤー」

「リファビューテック ドライヤー」は、ドライヤーの熱ダメージを軽減するために、低温設定になっています。低温にもかかわらず、速乾性も期待できるのがおすすめポイントです。

髪ダメージのケア機能があるドライヤーを選ぶ

頭皮や髪のダメージを抑えるには、ケア機能が付いているドライヤーを選ぶようにしましょう。

たとえば、以下のようなケア機能のあるドライヤーがおすすめです。

  • マイナスイオン
  • 冷風
  • スキンモード

マイナスイオンは切れ毛や乾燥から髪を守るため、適度な湿度を与えることで静電気を抑える効果があります。

また、完全に乾く前に冷風で仕上げるため、冷風モードが搭載されているドライヤーを選びましょう。

スキンモードとは、顔に当てて美肌効果が期待できる美顔器のような機能。髪だけでなく肌までケアできたら、スゴイですよね。

テスコム「コラーゲンイオン ヘアードライヤー」

テスコムの「コラーゲンイオン ヘアードライヤー」は、その名の通りコラーゲンを排出する機能の付いたドライヤーです。コラーゲンは美肌効果があるのはもちろん、髪にも良い効果を与えてくれます。

お風呂上がりは肌が乾燥しやすいので、スキンモードで顔に当ててみると、しっとりとした肌を実現してくれるでしょう。

重量が軽めのドライヤーを選ぶ

ドライヤーを使う時間はできるだけ短くするといっても、髪が乾くまでにはそれなりの時間がかかります。そのため、できるだけ重量が軽めのドライヤーを選ぶことが大切です。

毎日使うものなので、機能性だけでなく、使いやすさもチェックするようにしましょう。

カドークオーラ「ヘアドライヤー(BD-E1)」

カドークオーラ「ヘアドライヤー(BD-E1)」は、見た目がコンパクトでちょっと変わったフォルムをしています。

ドライヤーの風の吹き出し口が短く、重量が軽く作られているのです。しかし、軽さだけがメリットではなく、速乾性も期待できることがポイント。使いやすさで選ぶならおすすめです。

髪を傷めないドライヤーでサラツヤ髪をキープ!

髪を傷めないドライヤーの使い方と選び方についてご紹介しました。

サラツヤ髪をキープするには、髪を乾かす前のタオルドライや、美容オイルでアウトバストリートメントをするのもおすすめ。髪や頭皮にダメージを与えないように、速乾性や機能性の良いドライヤーを選びましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「サラツヤ髪をキープしたい!髪を傷めないドライヤーの使い方