髪の毛はなんでパサつくの?

髪の毛はなんでパサつくの?
出典:byBirth

髪の毛の80~90%は、ケラチンタンパク質という硬いタンパク質でできています。このケラチンタンパク質ですが、乾いている時は硬くて、濡れるとゴムみたいに伸び縮みする特性があります。

例えば寝癖がついた時にそのままブローしても髪の毛がなかなかまとまらないですが、一度髪の毛を濡らしてからブローしてあげると楽に寝癖を直せてセット力が持続します。

ただ、このケラチンタンパク質は、熱やアルカリの薬剤には弱い特徴があります。例えば、毎日ヘアアイロンを使っていたり、髪の毛が濡れすぎている状態でドライヤーをかけると、タンパク質が固くなってゴワゴワしたり、広がりやすい髪になります。

また、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正はアルカリ剤なので、頻繁にやることで髪の中の栄養分が外に流れやすくなって、髪の毛が細くなったり切れ毛や枝毛になりやすくなります。

自分の髪の毛がどのくらいダメージがあるか知りたい場合は、髪の毛が濡れているときに、1本髪の毛取って引っ張ってみると分かりやすいです。ダメージが軽い方だと伸び縮みできますが、ハイダメージだと軟毛になっているので、縮むことができず切れそうになるまで伸びます。

このように、綺麗な髪にするにはケラチンタンパク質が非常に大切です。

ダメージを補修
出典:byBirth

美容室でもカラーやパーマをする時は、髪の毛のダメージを補修して、カラーやパーマの仕上がりが綺麗になるように、良質なタンパク質を施術前につけたり、施術後のアフタートリートメントとして髪につけることが多いです。なので、家で本格的なヘアケアをしたいと思ったら、美容室と同じようにタンパク質を髪に与えればダメージを食い止めることができるのです。

タンパク質を与えてくれるアイテムは、シャンプーやトリートメント、栄養剤などいろいろ売られていますが、その中でも今回は短時間でタンパク質を髪に入れて、ダメージを補修するアイテムをご紹介します。

時短&高保湿抜群と話題のモレモ「ウォータートリートメントミラクル10」

この投稿をInstagramで見る

moremo japan official(@moremo.jp)がシェアした投稿

こちらは髪の毛のダメージを補修してくれるタンパク質やアミノ酸、それからコラーゲンや植物エキスなどの保湿成分が入ったアイテムです。

モレモ「ウォータートリートメントミラクル10」
出典:byBirth

サラッとした水っぽい感じのテクスチャーが特徴で、香りはムスクとフローラルの香水みたいな香りがします。

香りはムスクとフローラル
出典:byBirth

トリートメントをつけたところが少し温かくなって、髪の毛がヌルッとした手触りになるので、トリートメントが浸透しているのを実感しやすいです。もちろん、このヌルッと感も洗い流すと、しっとりに変わります。

どんな髪質に向いてる?

太い毛から細い毛まで使えます。ただ、短時間でトリートメント効果が出るタイプなので、猫っ毛の方はつけすぎてしまうと効果が強すぎて、ベタベタになる可能性もあるのでつけ過ぎ注意です。

このアイテムの効果は、髪の毛が傷んでいる人ほど実感できます。例えば毎日ヘアアイロンを使っている人や、月に一回以上カラーやパーマ、縮毛矯正をしている方はトリートメント効果がわかりやすいですよ。

筆者が気に入っているポイント

筆者が気に入っているポイント
出典:byBirth

筆者の場合は、2ヶ月の間にブリーチを3回して、カラートリートメントや黒染め、それから市販のカラーをやったので、髪がハイダメージで広がりやすく、櫛通りが悪いです。そのような筆者が実際に使ってみて気に入ったポイントをまとめてみました。

ポイント1. つけて10秒で髪の毛の質感が変わる

テクスチャーが透明で水みたいにサラッとしたトリートメントなんですが、これを傷んでいる毛先中心につけて揉み込んであげると、たった10秒でしっとりしてくれるんですね。

集中トリートメントでも大体5~10分おかないとしっとりしないものが多いと思うのですが、こちらは短時間で効果が出てくれるのでびっくりしました。

ポイント2. 手触りの良さが続く

ハイダメージの髪だと、集中トリートメントをしても直後は髪がしっとりしますが、乾かすとパサパサになったりトリートメント効果が1日しかもたないということもありますが、このアイテムは筆者の髪でも2日もってくれました。

ポイント3. 髪の毛がまとまりやすい

髪の毛をコーティングしてくれる成分が入っているので、手触りもいいのですが、髪の毛もまとまりやすいです。私の場合、癖毛なので夜にブローしないと、朝、髪の毛が広がりすぎてスタイリングが大変ですが、このアイテムは半乾きのまま寝なければ、朝髪の毛がまとまってくれているので支度が楽になりました。

〈あえて言えばここが気になる〉

筆者が使っていて気になったところは、香りと使いやすさです。

まず香りはムスクとフローラル系をミックスした香水のような香りで、香水好きな方なら好まれる香りかと思いますが、ほとんど香水を使わない筆者には香りが強い感じがしました。

また、 使いやすさでは、容器からそのまま出てくるタイプで、中に入っているトリートメントが水みたいにサラサラしているので、手にトリートメントを出した時に手からこぼれたり、まんべんなく髪につけるのが難しくて、1回でたくさん量を使いすぎてしまいました。なので筆者の場合は、100均などで売っている小さめのスプレータイプのボトルにトリートメントを入れてます。

〈アレンジを加えた使い方〉

私の場合、このアイテム単品だけ使って仕上げるというより、いつも使っているトリートメントを上からつけて洗い流すようにしています。

アイテム単品で使う時と、仕上げにいつも使っているトリートメントをつけてから流すのとでは仕上がりの差が変わらないので、コスパも気になる方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

髪の毛には何が必要なのかを理解した上でヘアケア選びをすれば、家にいてもサロンと同じような集中ケアができます。

今回、ご紹介したモレモのヘアトリートメントも、時短しながら集中ケアができるので、ヘアケアをやりたいけど時間をかけたくない!という欲張りなお願いを叶えてくれるアイテムです。

家でカラーする時にも、アフターケアとして使ってあげるとダメージ補修になりますので、興味のある方は参考にしてみてください。

情報提供元:GODMake
記事名:「ダメージ毛でもサロン帰りと同じ美髪になれるヘアケアのコツ