フェイスパウダーは何のため?

フェイスパウダーは何のため?
出典:byBirth

普段何気なく使っているフェイスパウダーですが、どんな意味があるのかご存知ですか?

フェイスパウダーはパウダーファンデーションと違い、油分が含まれていないので、さらっとした使い心地です。油分が含まれたリキッドファンデーション、クリームファンデーションなどの後に使うことができます。

パウダーをつけなかった場合、常にお肌がぺたぺたとしている状態です。そうなることで、空気中のちりやホコリ、花粉等が付着しやすくなるため、それを防ぐためにもパウダーをつけることが、お肌を守ることにもつながります。

そんなフェイスパウダーの役割を見ていきましょう。

余分な皮脂を吸着し、テカりにくくしてくれる

パウダーをつけることで皮脂を吸着し、それによるテカりを長時間防いでくれます。

ファンデーションを崩れにくくしてくれる

皮脂が浮いてくることで、メイクしたてのフィットしたファンデーションも浮いてきます。浮いてきたファンデーションはよれやすくなり、少しの刺激ではげてしまいます。

パウダーをつけることで、長時間ぴたっと肌に密着させ、崩れにくくなります。

パール効果でツヤ肌に見せてくれる

パールが含まれたフェイスパウダーは、お肌に透明感をもたらし、“ツヤ肌”にしてくれます。

色の補正効果があるものは、顔に温かみをもたらす

ピンクがかったものやパープル、イエローなどのパウダーを見たことはありますか?このタイプは、その方のお肌の色味に合わせて温かみをもたらす効果があります。

  • ピンク、パープルのパウダー・・・お肌に赤みがほしい時、透明感がほしい時
  • イエローのパウダー・・・健康的な肌色にしたい時

フェイスパウダーの種類

フェイスパウダーの種類
出典:byBirth

フェイスパウダーは大きく分けて2種類あり、そこから細かく分類されます。

タイプ1. プレストパウダー

プレストパウダーは、粉がプレスされ、固形になっているものを言います。一番使い勝手の良いタイプで、ツヤを残しながら、ファンデーションを密着させてくれます。

ほとんどがコンパクトタイプで付属にパフがついているので、持ち運びにも便利です。

タイプ2. ルースパウダー

ルースパウダーは、粉がばらばらになっている状態のお粉です。粉末状になっているので一度にたくさんの量がつけられ、お肌をマットに仕上げたい、ふんわりしたマシュマロ肌にしたい、という時に使えます。

また、皮脂が多く出やすいオイリー肌の方も、たくさんの量をつけることでテカリを防止してくれるため、朝のメイク時におすすめです。

タイプ3. パール効果、補正効果のあるもの

このタイプは、ベースメイクを崩れにくくするということと、パール効果や色の補正ができるので便利なアイテムと言えます。

ただ、パールや色の補正に特化されたものもあるため、ベースメイクの“崩れ”を重視する方は、シンプルなお粉と併用して使う方が良い場合もあります。

フェイスパウダーをキレイにつけるコツ。肌別編

フェイスパウダーをキレイにつけるコツ
出典:byBirth

パウダーをつける時に色々なツールがありますが、肌別でのきれいなつけ方を、ツールごとにオススメとあわせてご紹介します。

乾燥肌~普通肌の方

ブラシでつける場合

ブラシに粉を取ったら、一度ティッシュもしくは手の甲でなじませます。こうすることで余分な粉が落ち、ブラシの中まで粉が均一に行き渡るため、ムラなくつけることができます。

まずは一番皮脂の出やすいTゾーンからつけていきます。鼻の部分はブラシを垂直にして、粉を叩き込むイメージでつけましょう。その後はブラシに残った分で、おでこ、頬、口周りに円を描くようにやさしくすべらせます。

粉が足りない場合は量を調節してください。

パフ、スポンジでつける場合

粉をパフに取ったら、両手を使って揉み込むようにしてパフに粉をなじませます。スポンジの場合は、ティッシュか手の甲に擦るようにして、余分な粉を落としつつ、中まで含ませるようにします。

まずはTゾーンから、鼻周辺に叩き込むようにやさしくつけます。その他のおでこ、頬、口周りもやさしくプレスしながらつけていきましょう。事前にリキッドファンデーションをつけている場合、それがはげてしまうといけないので強くこすらず、やさしくプレスしていきましょう。

オイリー肌の方

パフかスポンジでつけるのがオススメ

パフやスポンジの方がつけられる粉の量が圧倒的に多く、その分長時間テカりにくくしてくれるため、オイリー肌さんはブラシよりも、パフかスポンジでつけることをオススメします。

まず、粉をパフにとったら、揉み込むようになじませます。スポンジの場合は、ティッシュか手の甲でなじませます。テカりやすいTゾーンから、叩き込むようにやさしくつけていきます。特に鼻の部分は、小鼻周りまで念入りにつけましょう。肌に対して垂直につけることで、より粉を密着させることができます。

Tゾーンは少し粉っぽくなっても大丈夫です。そのままTゾーン全体につけられたら、再度粉を足し、おでこ、頬、口周りにもやさしくつけていきます。

混合肌の方

パフとブラシの両方使いがオススメ

混合肌の方は、Tゾーンがオイリー、それ以外の部分が乾燥という肌タイプのため、ブラシとパフを使い分けるのが良いでしょう。

オイリーさんと同じ要領で、パフかスポンジでTゾーンに粉をつけます。その後のおでこ、頬、口周りはツールを変えてブラシでつけましょう。ブラシに粉を取ったら余分な粉を落とします。ブラシをやさしくすべらせるように、お顔全体につけていきます。

このように部分使いすることで、長時間、部分的に良い状態を保つことができます。

オススメ優秀フェイスパウダー

NARS

ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

10g 5,500円(税込)

無色透明のプレストパウダー。色がついていない分、リキッドファンデーションの色をそのまま発色させてくれます。

ミネラルパウダー、グリセリン(保湿成分)配合で、乾燥しづらいお肌に。また、こちらのパウダーは、ルースタイプも同じ値段で出ています。

ローラ メルシエ

トランスルーセント ルース セッティング パウダー グロウ

29g 5,280円(税込)

こちらも人気のローラ メルシエのパウダー、グロウタイプ。

素肌のようになじみやすく、簡単にツヤ肌が完成。お粉としても、ナチュラルなハイライトとしても使えます。

Elégance

ラ プードル オートニュアンス

8.8g 6種 10,000円(税抜)/レフィル 9,000円(税抜)

専用パフ付き(レフィルにはなし)。全6種類のパウダーは、ツヤ肌~セミマットまで選ぶことができます。

5色のパウダーをブレンドしてつけることで、お顔に透明感をもたらします。高級感のあるコンパクトも、女心をわしづかみ!

情報提供元:GODMake
記事名:「美肌をつくる!フェイスパウダーの力を借りて