朝と夜のスキンケア

朝と夜のスキンケア
出典:byBirth

スキンケアアイテムは、1日のうち朝と晩の2回つけると思います。化粧水をつけてうるおいを与え、クリームで蓋をする。

そのクリームですが、朝晩兼用で使えるものもあれば、朝と晩で使い分けるデイクリームとナイトクリームがあることをご存知ですか?

デイクリームの特徴

  • 日中のメイク前に使うもののため、SPFやPAなどの、日焼け止め効果がある
  • メイクノリを良くしてくれる効果がある
  • メイク崩れを防ぐため、油分は控えめになっている

ナイトクリームの特徴

  • 1日メイクによるダメージを受けた肌を、修復する作用がある
  • こっくりとしたテクスチャーが特徴的
  • 寝ている間に水分が逃げないよう、たっぷりの保湿成分が配合されているため、油分が多め

昼と夜は、環境も違えばお肌の状況や必要な成分も違ってくるため、ベストなタイミングで必要な成分を届けてあげることが大切です。朝晩兼用で使えるクリームもありますが、このように朝晩の肌状態に合わせたクリームがあるとなると、どちらが効果的なのかは明白でしょう。

ナイトクリームには、ダメージを受けたお肌の修復作用があるものがほとんどですが、1日中メイクをしたお肌へのダメージとはどんなものなのでしょうか。

クリーム
出典:byBirth

メイクをした時(ファンデーション)の肌ダメージ

  • 界面活性剤、シリコン、防腐剤などの成分による乾燥や老化
  • メイクを落とすためのクレンジングによる摩擦、乾燥
  • クレンジングで落としきれなかった汚れによる毛穴の黒ずみ など。

肌に良くないとされる界面活性剤…。ファンデーションやクレンジングなどに含まれていて、そのほとんどが石油由来です。通常水分と油分を同じ容器に入れると分離しますが、これを乳化させ、同化するために使われる成分です。

マヨネーズやマーガリンなどの食品に含まれているものもありますが、この場合は大豆や卵黄などの天然由来の成分のため、問題ないと言えるでしょう。

この界面活性剤は乾燥を引き起こしたり、肌老化を加速させたりとダメージがありますが、他にも強い洗浄力を持つ、食器洗い洗剤や石鹸などにも含まれていて、これらで手を洗うと乾燥を感じるのも、同じ仕組みになっています。

ダメージを修復!ナイトクリームの主な保湿成分

ナイトクリームの主な保湿成分
出典:byBirth

このようにお肌は日々ダメージを受けていますが、それらを日々のケアで取り戻すことが大切です。

配合される主な保湿成分は、コラーゲン・ヒアルロン酸・グリセリン・エラスチン・セラミドなどが代表的です。どれも健康的で美しいお肌を保つために必要な成分で、エイジングのケアにも適しています。

ではこの成分のお肌との関係性を見てみましょう。成分によって選んでみるのも良いですね。

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の1種で、炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれ、人の身体を構成するとても重要な成分です。肌の土台となる真皮の約70~90%を占める成分で、ふっくらとしたハリと弾力のある、みずみずしく健康的なお肌を保つ働きをしています。

年齢を重ねるごとに、新陳代謝によって生み出されるコラーゲンの量が減少してしまうため、乾燥しやすくなり、ハリと弾力が低下して、しわやたるみを引き起こします。

エラスチン

エラスチンは、肌のハリや弾力を形成するのに役立っているタンパク質で、コラーゲンと同じくらい大事な成分と言われています。ゴムのように伸縮性があり、皮膚の真皮の部分で、網目状になっているコラーゲンの繊維を束ねてつなぎとめるようにして、肌の弾力を支えています。

このエラスチンが不足すると肌の弾力が失われ、シワやたるみを引き起こす原因にもなります。

ヒアルロン酸

プルプルのゼリー状になっていて、ヒアルロン酸1gあたり6リットルもの水分を保持すると言われています。

ヒアルロン酸は、皮膚の真皮の部分で、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて、肌にハリと弾力を与えます。ところが加齢とともに、生成能力が衰え、減少していきます。積極的にとることで、バリア機能の改善や、ターンオーバーの正常化などの効果が期待できます。

グリセリン

グリセリンはアルコールの一種で、粘性がある無職透明の液体です。水に溶けやすい性質と強い吸湿性を持っているため、肌の水分量をキープすることができます。

セラミド

セラミドは皮膚の角層部分にあり、外部の刺激から肌を守ってくれたり、肌内部の水分を逃げないよう守ってくれるバリア機能に深く関わっています。

皮膚と細胞の間に存在する細胞間脂質が、水分の蒸発からお肌を守ってくれていますが、この約50%がセラミドからなっています。肌のうるおいを逃さずキープし、みずみずしいお肌を保つために、とても重要な成分だと言えるでしょう。

今日からナイトクリーム始めませんか?

ヘレナ ルビンスタイン

P.C. ナイト クリーム

19,800円(税込)

肌にのせた瞬間に水分が肌に溶け、保湿をしてくれるアクアキープ、皮脂膜を修復してくれるグリセリンを配合し、夜間にも必要なうるおいを与えてくれます。べたつかずサラッとしたつけ心地で、ベタつきが苦手な方にも◎。

フレッシュな洗練された香りで、リラックスして眠りにつけそうですね。

GUERLAIN

アベイユ ロイヤル ナイトクリーム

50ml 20,800円(税抜)

日中受けたストレスやダメージを強力にサポートしてくれると同時に、肌をしっかりと包み込み、うるおいと栄養を閉じ込めてくれます。ベタつかないのに翌朝までしっとり感が持続するアイテム。

はちみつをイメージさせる見た目と、同じくはちみつの甘い香りで、ゴージャスな気分が味わえそう。

情報提供元:GODMake
記事名:「朝と夜、使い分けてる?ナイトクリームのすごいところ