朝のストレッチで気持ちよく1日をスタート!

朝のストレッチで気持ちよく1日をスタート
出典:GODMake.

「1分でも長く寝ていたい……」そんな誘惑にかられたら、朝ストレッチを試してみませんか?

ベッドの上でできるたった5分の朝ストレッチなら、誰でもできるから簡単。脳も体も目覚めさせ、気持ちよく1日をスタートさせることができます。

メンタルにも良い影響を与えてくれるので、心も体もキレイ度アップ。健康的な生活を送れるようになれば、毎日が充実して人生がより豊かになっていくことでしょう。

たった5分で実感できる「朝ストレッチ」の効果

朝ストレッチは、たった5分で効果を実感できます。では、朝ストレッチにはどのような効果があるのか見ていきましょう。

目覚めが良くなる

朝起きたときは、頭がボーっとしていますよね。その状態が長く続き、いつも午前中はボーっとしがちな人は、自律神経のバランスが乱れている証拠。

朝ストレッチをすると自律神経のバランスが整い、血流をアップさせることで頭がスッキリして目覚めが良くなる効果があります。

代謝がアップする

代謝がアップする
出典:GODMake.

朝は体が休眠状態で、まだ活動モードになっていません。その状態から素早く脱することができる朝ストレッチには、代謝をアップする効果があります。

朝ストレッチをすることで体が目覚め、血流が良くなることで活動モードに切り替わります。それにより代謝もアップ。

さらに、朝ストレッチをすると体を動かしやすくなるため、日中の活動量が増え、痩せやすい体になることができます。

むくみや便秘の解消

むくみや便秘が長期化すると、太りやすい体になってしまいます。むくみや便秘になると体内に老廃物がたまり、代謝が悪くなることで太りやすい体になるのです。

朝ストレッチには血行を促進する効果があるため、むくみを解消してデトックス効果を高めてくれます。

また、「腰をひねる」などのストレッチにより腸に刺激を与え、ぜん動運動を活発にすることで便秘を解消しやすくなります。

体のコリを解消

長時間眠っていた体は、筋肉が硬くなっていて血流が悪い状態です。その状態のまま筋肉をほぐさないと、血行が悪くなり体にコリが生じます。すでに体のコリがある場合には、悪化してしまうことも。

朝ストレッチには、こり固まった筋肉をほぐす効果があるため、腰痛や肩コリの解消につながります。

精神が安定する

精神が安定する
出典:GODMake.

ストレスや睡眠不足などによって自律神経のバランスが乱れると、精神が不安定になり「軽いうつ症状」を引き起こす場合があります。

自律神経には、日中に優位にはたらく「交感神経」と、夜に優位にはたらく「副交感神経」があり、このバランスを保つことが重要です。

朝ストレッチをすることで血流がアップすると、交感神経が優位になって活動モードになります。日中の交感神経が正常にはたらくと、夕方以降の副交感神経も正常にはたらき、自律神経のバランスが整って精神を安定させる効果が期待できるのです。

ベッドの上でできる朝ストレッチのやり方

では、ベッドの上でできる朝ストレッチを5つご紹介します。

目が覚める「伸び伸びストレッチ」

まずは、超簡単なストレッチからご紹介。起きた瞬間にベッドの上でグーっと伸びをするだけ。伸びをするとあくびが出ますが、実は、あくびをすると目が覚める効果があります。

伸び伸びストレッチ
出典:GODMake.
  1. ベッドの上で仰向けになり、両手を頭の上に伸ばします。
  2. ゆっくりと呼吸し、あくびが出そうならあくびをしましょう。

伸びをすると、足がつってしまう人がたまにいます。その場合は、つま先を上に向けた状態のまま伸びをしましょう。

便秘解消に「腰ひねりストレッチ」

腰ひねりストレッチ
出典:GODMake.
  1. ベッドで仰向けになり、両手は体の横につきます。
  2. 腰をひねりながら、片足の膝を体の横に持っていきます。
  3. 反対も同様に行いましょう。

腰をひねることで腸を刺激し、便秘を解消する効果があります。腰痛改善にも効果的です。

代謝アップに「股関節ストレッチ」

股関節ストレッチ
出典:GODMake.
  1. ベッドで仰向けになり、片足の膝を両手で抱えます。
  2. 膝をグイっと胸に近づけましょう。
  3. 反対の足も同様に行います。

股関節まわりは、リンパや血液の流れが悪くなりやすい場所。ここをストレッチすることで下半身痩せの効果があり、代謝アップも期待できます。

自律神経を整える「首ストレッチ」

首ストレッチ
出典:GODMake.
  1. ゆっくりと起き上がり、ベッドの上で座ります。
  2. 首をゆっくりと左右に回しましょう。
  3. 首を右に倒し、右手を頭に乗せます。
  4. 無理に首を曲げずに、手の重みだけの負荷でOKです。
  5. 反対も同様に行います。
  6. 前後も同様に行います。

首には自律神経があり、首の筋肉が硬くなることで自律神経を圧迫してしまいます。すると首コリや頭痛、うつ症状などを引き起こす場合も。

首ストレッチをすると首の血行が良くなり、コリを解消したり、自律神経を整えたりして心も体も軽くなりますよ。

腰痛改善に「上体反らしストレッチ」

上体反らしストレッチ
出典:GODMake.
  1. ベッドの上でうつ伏せになり、両手を胸の位置につきます。
  2. そのまま上体を起こし、背中を反らしましょう。

腰から背中にかけてストレッチすることで、姿勢改善・腰痛改善の効果があります。

朝ストレッチのポイント

朝ストレッチの効果を高めるためのポイントを4つご紹介します。

呼吸を意識する

ストレッチ中に呼吸を止めると、筋肉が緊張してストレッチ効果が得られなくなります。ゆっくりと深い呼吸を意識して朝ストレッチを行いましょう。

いきなり激しく動かない

寝起きは体が目覚めていないため、いきなり激しく動くと体や心臓に負担がかかります。体も硬くなっているため、ゆっくりと動かして徐々に慣らしていきましょう。

気持ちいい程度にする

無理にストレッチして体に痛みが生じると、快適ではありません。それがストレスにつながることもあるため、気持ちいい程度にストレッチしましょう。精神を安定させ、気持ちよく1日をスタートできます。

水分補給をする

寝起きは体内の水分量が減少しているため、水分補給が大事。水分を摂ることでリンパや血液の流れを促進し、代謝アップやむくみ解消などの効果が期待できます。

朝ストレッチで心も体もキレイに!

寝起きにベッドの上でできる朝ストレッチについてご紹介しました。たった5分でも十分な効果が期待でき、心も体もキレイになる効果があります。朝ストレッチで元気に1日をスタートさせましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「たった5分!ベッドの上でできる朝ストレッチで心も体もキレイに