ファンデーションだけでは「透明感」は完成しない?

ファンデーションだけでは「透明感」は完成しない?
出典:GODMake.

ファンデーションの前にコントロールカラーで肌色を修正したり、パールが入ったフェイスパウダーで仕上げてツヤを出したり、透明感をプラスする方法はさまざまです。

筆者が今回透明感をプラスするのに紹介したいアイテムが、「ハイライト」です。

ハイライトといえば、光を集めて肌を明るくしたり、立体感を出すために使うのが一般的ですが、それらが肌にプラスされれば透明感は自然と出てきます。

今回は、ハイライトの力で透明感をグッと底上げする方法をご紹介します。

立体感だけじゃない!透明感を底上げする「ハイライト」の入れ方

透明感を底上げする「ハイライト」の入れ方
出典:GODMake.

光を集めて明るさを出すなら「お顔の中心」に

ハイライトは「高く見せたい場所」に入れるのはみなさんご存知だと思います。なので、Tゾーンや額、目尻のCゾーンに入れる方が多いかと思いますが、ぜひ取り入れて欲しいのがお顔の中心。

例えば目の下の三角ゾーンと呼ばれる頬の広い部分に入れると、お顔全体がパッと明るくなりくすみ感を飛ばしてくれます。また、鼻寄りの中心部分にハイライトを入れることでハリ感が出るので、イキイキとした印象に見せることもできます。

ここが明るくなるだけで透明感あふれる明るさが引き立つので、ぜひ取り入れてみましょう。

ピュアで柔らかそうな印象を出すなら「細かいくぼみ」に

細かいくぼみとはどこか?ですが、例えば眉間の中心や、目頭側の目の下のくぼんでいるところなど、一見目立たない場所にハイライトを入れることで、ぬけ感のあるメイクを楽しむことができます。

小さなパールなので、変化があまりなさそうですが、全体のバランスをみた時、不必要な影が飛んでいるのでナチュラルに透明感を出すことができます。

ぬけ感が出るということは、女性らしさや柔らかさも合わせて出せるということですので、トレンドメイクをする際にもオススメの場所です。

美人の象徴・人中を短く見せるなら「唇の山の上」に

「美人な人は、人中が短い」と言われています。人中とは、鼻から唇の山に向かって垂直に伸びる部分を指します。「鼻の下が長い」方は、間の抜けたような印象になってしまいがちです。それをカバーするために入れたいのが、唇の山の上です。

ここに小さなブラシや指でちょこんと乗せるだけで、人中が短く見え透明感までプラスされます。

あまり目立たないように入れるのがコツですが、目立たなすぎて意味ないのでは?と感じる方もいらっしゃるようです。

ですが、入れるのと入れないのとではお顔の印象も変わってきます。加減を調節しながら、「ちょっと変わったかな?」というぐらいまで入れてみてくださいね。

肌タイプ・なりたいイメージ別 ハイライトの選び方

濡れたようなツヤが欲しい方は、「スティックタイプ」

濡れたようなツヤが欲しい方は、「スティックタイプ」
出典:GODMake.

スティックタイプはクリームのようになめらかに伸び広がり、濡れたようなツヤ感を出すことができます。みずみずしさがプラスされると同時に透明感がプラスされるので、ファンデーションが薄づきでもお肌全体を綺麗に見せることができます。

ツヤ感が好きな方はもちろん、乾燥が気になる方にもオススメです。スティックタイプはフェイスパウダーの前に使ってくださいね。

オススメは、「ルナソル ラディアントスティック 01」

ルナソル ラディアントスティック 01
出典:GODMake.

みずみずしく伸び広がり、薄膜でしっとりとした濡れツヤ感を出すことができます。カラーは肌から浮きにくいベージュカラーなので、色ではなく質感だけで明るさを出すことができます。

微細なシルバーパールが入っており、くすみ感を飛ばしてくれるので透明感がグッとプラスされます。

磨いたような繊細なツヤが欲しい方は「パウダータイプ」

磨いたような繊細なツヤが欲しい方は「パウダータイプ」
出典:GODMake.

濡れたようなツヤではなく、もっと上品にツヤを出したいという方はパウダータイプがオススメです。スポンジやパフではなく、ブラシで馴染ませることで、磨き上げたような繊細なツヤ感を出すことができます。

湿度を感じる大人なツヤ感を出すならパウダータイプを選びましょう。

オススメは、「シャネル プードゥル ルミエール 10 アイヴォリー ゴールド」

シャネル プードゥル ルミエール 10 アイヴォリー ゴールド
出典:GODMake.

シャネルのこちらのハイライトもベージュカラーなので、肌に溶け込むように発色します。パール感がしっかり出るので、つけすぎには注意しましょう!

軽く馴染ませるだけで、驚くほどツヤのある仕上がりに!パウダーのソフトな質感は肌の質感とも一体化し、先ほどご紹介した透明感プラス、ゾーンに入れると自然な明るさと透明感を出すことができます。

明るさを出すだけでナチュラルに仕上げたい方は「ノンパールタイプ」

明るさを出すだけでナチュラルに仕上げたい方は「ノンパールタイプ」
出典:GODMake.

ラメやパールが入っていると、華やかな印象を与えます。ツヤツヤさせたくないという方や、マットな質感が好きだけど明るさと透明感は欲しい!という方は、ノンパールのパウダータイプを選びましょう。

肌の色がワントーン上がるだけでイキイキとして見えますし、「元から肌が綺麗な人」というふうに、自然に仕上がります。

少し明るくなるだけでも光が集まり、透明感もプラスされますので、気分に合わせてノンパールタイプも試してみてくださいね。

オススメは、「ユーアーグラム トーンアップパウダー」

ユーアーグラム トーンアップパウダー
出典:GODMake.

ダイソーオリジナルコスメブランドのユーアーグラムは、美容好きさんの間では話題のブランドとなっています。

こちらのトーンアップパウダーは、なんと100円!自然に肌をトーンアップしてくれる頼もしいアイテムです。

全顔にも使えるほどナチュラルなので、ハイライトとして使いたい場合は少し重ねてみたり、小さめのブラシや硬めのブラシで濃く乗せてみましょう。

100円で明るさと透明感が出せるなら、これ以上にいいことはありません。ハイライト初心者さんにもオススメです。

光を味方に透明感をプラスしよう!

ハイライトは立体感だけでなく、透明感もプラスできるということをぜひ知っていただければと思います。

ぜひこの記事を参考に、明日からのメイクに取り入れてみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「透明感を底上げするなら「ハイライト」の入れ方をマスターせよ!