自分の【結婚観】って?

自分の【結婚観】って?
出典:GODMake.

“結婚は20代でするもの”という考え方は、もう昔の話。今は30代まで仕事や恋愛、プライベートを充実させ自分の経験値を上げたり、スキルを身に付けてからでも結婚は遅くないという考え方が一般的です。ですがあまり悠々自適とした生活を送っていると、いつのまにか婚期を逃したり、高すぎる理想を貫いているといつまでたっても結婚することができなくなります。

そのためにはアラサーになった今、一度自分の【結婚観】を見つめ直すことが必要。若かりし頃からずっと抱いている理想像や譲れない条件など、それぞれに【結婚観】があると思います。そこでまずは恋愛で失敗をしないために、アラサーの恋の注意点からお伝えしたいと思います。

アラサーの恋の注意点!

「結婚」のプレッシャーを与える

「結婚」のプレッシャーを与える
出典:GODMake.

学生や20代前半の頃の恋愛を思い出してみてください。彼氏と毎日ワクワクした気持ちで過ごしていたことだと思います。時にはケンカをしたり浮気をした彼氏に怒ったり、一方的にフラれるなどの悲しい経験をしたこともあるでしょう。でもそんな恋愛も、時間がたてば良い思い出となっているのではないでしょうか?

その当時は、“好きな人と毎日を楽しく過ごす”ことしか考えていなかったのに、ある程度歳を重ねると“この人と結婚できるか”という見方になっていき、目の前のことを楽しむよりももっと先を見据えた付き合い方をしがちに。特に女性の方がより現実的なことを考える傾向にあるでしょう。

そうするとそのことが相手にも伝わるようになり、まだ結婚を意識したくない男性からすると、次第に「結婚」というものがプレッシャーに感じてしまうのです。もちろん全く結婚を考えずにいるのは難しいと思いますが、常に彼氏に結婚をせがむことを言ったり急かすような行動は、アラサーの恋だからこそ注意しておくべきことと言えるでしょう。

仕事が優先

仕事が優先
出典:GODMake.

アラサーくらいの年齢になると、女性でもバリバリ働き、キャリアを積んでいる人も多くいます。そうなると気を付けたいのが、恋よりも仕事が優先になってしまうこと。働き始めて5年以上たつと責任のある仕事を任されて、大変ではあるもののやりがいを感じられるようになってきます。仕事大好きモードになると、恋をしている時間が無駄に感じたり彼氏がいても後回しになりやすく、やがて2人の間には距離感が生まれてしまいます。

「俺がいなくても大丈夫じゃん…」と彼氏は感じるようになり、ギクシャクした関係になることも考えられるので、仕事と恋の両立をすることが大切と言えるでしょう。

周りと比べて焦る

周りと比べて焦る
出典:GODMake.

周りの友達がどんどん結婚をしていくと、「私も早く結婚しなくちゃ!」と焦ってしまいますよね。でも結婚に焦りは禁物。ただの恋人同士なら合わなければ別れられますが、結婚はそうもいきません。すぐにやり直しがきかない分、周りに影響された流れで結婚を決めるのは良くありません。

“結婚は勢いが必要”ということもありますが、あくまでもそれは自分のタイミングで考えて「イケる!」と感じた場合のこと。「友達が結婚したからこの人でいいや」など、周りと比べて焦って決めた相手とは幸せになれません。アラサーになるとどうしても焦りが出てきますが、今一度慎重に、自分のペースを大切にするようにしましょう。

プライドを傷付ける

プライドを傷付ける
出典:GODMake.

アラサーともなると、それなりに人生経験があり、自分の意見もしっかりと固まってきます。しっかりと自立した大人の女性は、男性からも好感を得られるため、年上年下問わず好かれることでしょう。

そうすると一つ一つの発言にも説得力が増すため、やや強い口調になったり見下した言い方をしてしまうこともあるかもしれません。ですがそれは男性のプライドを傷付けてしまうのでやめた方が良いでしょう。「そんなこともできないの?」や「自分でできるからあなたには頼らない」などさらっと言ったことが、男としてのプライドを傷付けられ、女性として見てくれなくなる可能性も。たとえ頼る必要がなくても、男性には上手に甘えておく方が得なのです。

アラサーの【結婚観】について考えよう

地位やお金だけで判断しない

地位やお金だけで判断しない
出典:GODMake.

自分に自信がついてきたりキャリアを積んで経験豊富になると、必然的に相手に求めることも高くなってきます。そうなると結婚相手には地位や高収入を求めがち。生活していく上でとても大切な部分ではありますが、そのことだけで判断するのは避けましょう。

“結婚する条件は年収○○万円以上”や、”経営者が良い”などの理想を並べてしまうこともありますが、その条件が満たされたからといって相性が良いとも限らず、どうにもならない障害や我慢しなくてはいけないことがあるかもしれません。アラサーになるとそのような肩書きを追い求めてしまいやすいですが、そのことだけで判断するのは危険な行為だと思っておきましょう。

お互いを尊敬し合えるか

お互いを尊敬し合えるか
出典:GODMake.

結婚において必要なことはたくさんありますが、実は一番重要なことは“お互いを尊敬し合えるか”ということ。どんな些細なことでも良いので「ココだけは尊敬できる!」という部分があるかないかで、結婚生活は大きく違ってきます。

尊敬できる部分がないと相手のことをバカにしたり、意見を受け入れられないなどが原因でケンカに発展してしまいます。ただ優しいだけの人と結婚するのでなく、尊敬できる部分が一つでもある人が結婚相手にふさわしいと言えるでしょう。

なぜ結婚したいのか?

なぜ結婚したいのか?
出典:GODMake.

そもそもなぜ結婚をしたいのかを明確にしておくことで、自分の結婚観が定まります。「子どもが欲しいから」「専業主婦になりたいから」「毎日仕事から帰って楽しく晩酌できる人がほしいから」などいろいろな理由があると思います。

結婚したい理由が定まっていないと、周りに流されたり好きでもない人と結婚するハメになるため、結婚してどうなりたいかをしっかりとイメージしておくことも大切です。

結婚を失敗しないために

結婚を失敗しないために
出典:GODMake.

結婚に対して焦りが出始める人や、結婚にまだ興味がないという人など、それぞれ結婚のタイミングや価値観は異なります。そのためまずは結婚するための準備期間として、楽しい恋愛をすること、自分の希望を押し付けすぎたり高い理想ばかり追い求めないこと、何よりも思いやりを持ってお互いを支え合うことがアラサーの【結婚観】には必要になってきます。

まずは自分の【結婚観】をじっくり考え直してみてはいかがでしょうか?

情報提供元:GODMake
記事名:「【結婚観】を見つめ直そう!アラサーの恋愛の始め方