パンプキンシードオイルとは?

パンプキンシードオイルとは
出典:GODMake.

その名の通り、熟したかぼちゃの種から抽出されるオイルです。日本ではあまり馴染みがないですが、「ペポカボチャ」の種から抽出されています。

ナッツのような香ばしい香りや風味が特徴です。オイルの色は黒っぽい色をしています。

かぼちゃそのものも栄養素が豊富ですが、種もビタミンEやβカロテンなど、美容に嬉しい成分が豊富なため、注目されています。熱に弱いため、揚げ物などの調理には向いていませんが、その香ばしい香りから、ドレッシングや風味付けに使っても美味しく食べられます。

また、食品だけでなく、シャンプーなどにも使用されています。体の内側からも外側からも、美容効果が期待できるオイルですね。

パンプキンシードオイルに含まれる栄養素

パンプキンシードオイル栄養素
出典:GODMake.

ビタミンE

パンプキンシードオイルには、ビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、血管や肌の老化を抑えます。

また、血行を良くするため、若返りビタミンとも言われているほどです。

βカロテン

βカロテンも強い抗酸化作用を持つビタミンです。体内で必要な分だけビタミンAに変換され、ビタミンAとしての効果も期待できます。

粘膜や皮膚を健やかに保ちます。

亜鉛

亜鉛は不足しやすいミネラルです。皮膚や粘膜を健やかに保つ他、味覚を感じる味蕾細胞にも関与しています。味覚を正常に保つ=ダイエット成功にもつながるため、重要なミネラルです。

脂肪酸

脂肪酸
出典:GODMake.

パンプキンシードオイルに含まれている脂肪酸には、以下のようなものがあります。

  • オレイン酸(オメガ9脂肪酸) 約30%
  • リノール酸(オメガ6脂肪酸) 約50%
  • αリノレン酸(オメガ3脂肪酸) 約15%

その他、ロズマリン酸なども含まれています。ククルビチンなど、体内の脂肪酸や糖の代謝を促す成分も含まれています。

不飽和脂肪酸が多いため、酸化しやすい=劣化しやすいのが特徴です。オイルの酸化は、光や空気、熱などで起こります。空気による酸化よりも、熱による酸化は劣化をすすめます。

オイルは高温多湿を避け、冷暗所で保存しましょう。また、なるべく早く使い切れるような大きさのオイルを選びましょう。

パンプキンシードオイルの効能

ぱんぷきんアンチエイジング
出典:GODMake.

アレルギー緩和

パンプキンシードオイルに含まれるロズマリン酸には、アレルギーを緩和するはたらきがあります。ロズマリン酸の抗酸化作用が、体内の活性酸素を減らすためとのこと。

活性酸素とアレルギー、何の関係もなさそうですが、血液中の活性酸素が多ければ多いほど、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が重いという調査結果があります。

疲労回復

亜鉛やマグネシウムも含まれているため、新陳代謝アップ・タンパク質の代謝アップ!運動して筋肉が作られ、老廃物を体外に出すという流れをスムーズにするため、疲労回復・体力の向上にも◎。

アンチエイジング

ビタミンEやβカロテンの抗酸化作用で、アンチエイジング効果が期待できます。老化とは、細胞が酸化していくことで、美容の大敵です。

ビタミンEの血行促進作用で肌のターンオーバーも良くなるため、肌をはじめ体の細胞レベルから若返りの効果を期待できます。

1日の摂取量とは?

スプーン1杯
出典:GODMake.

パンプキンシードオイルは、さまざまな健康・美容効果がありますが、沢山摂れば良いというわけではありません。成人では、1日の摂取量は大さじ1杯程度でOKといわれています。

パンプキンシードオイルを摂取する際の注意点

オイルの摂取量は守るようにしましょう。

理由は、パンプキンシードオイルに含まれているリノール酸は、惣菜や加工食品などにも多く含まれおり、過剰摂取になってしまうことがあるためです。リノール酸の過剰摂取は、炎症・アレルギー悪化の可能性があるため、注意しましょう。

パンプキンシードオイルを使ったレシピ

パンプキンシードオイルのドレッシング

ドレッシング
出典:GODMake.

(材料 2人分)

  • バルサミコ酢 大さじ1
  • 塩・こしょう 少々
  • パンプキンシードオイル 大さじ1~2

パンプキンシードオイルの風味をいかすドレッシングです。レタスやサラダ菜、かぼちゃのサラダなど、どんなサラダにも合います。

アイスにパンプキンシードオイルをプラス

(材料 1人分)

  • バニラアイス お好みの量
  • パンプキンシードオイル 大さじ1

アイスクリームにかけるだけ。いつもと違ったアイスクリームを楽しめます。かぼちゃの種やナッツをトッピングしてもgood!

また、パンプキンシードオイルは他のオイルと混ぜて使ってもOK!隠し味にも良いですね。ぜひ日常の食事に取り入れてみてください。

情報提供元:GODMake
記事名:「アンチエイジングに効果あり!?パンプキンシードオイルの効能!レシピ紹介も!