秋の美肌は夏のダメージ肌を労わることから始まる

秋の美肌は夏のダメージ肌を労わることから始まる
出典:GODMake.

秋の肌はさまざまなトラブルにさらされています。乾燥や季節の変わり目には避けられない自律神経の乱れなど、秋の肌を脅かす課題は山積み。中でも最初に行うべきなのが、夏に負ったダメージをケアすることです。

夏は肌が常に紫外線にさらされ、どんなに紫外線対策に気を遣っていても、多かれ少なかれダメージを受けてしまうものです。夏の間に肌が受けたダメージをまず最初にケアすることで、やっと秋のスキンケアのスタートラインに立つことができます。

秋のスキンケア三ヶ条!

秋のスキンケア三ヶ条!
出典:GODMake.

①夏の紫外線ダメージをケアする

夏のうちから美白ケアに余念がないという方も少なくありませんが、紫外線によるダメージをケアして白い肌へ導くケアは、実は秋に行ったほうが効果が感じられやすいもの。なぜなら、夏に受けた紫外線によるダメージは、秋に表面化しやすいからです。

夏の間中ダメージを受け続けた肌はバリア機能が低下し、敏感な状態になります。そこに秋の空気の乾燥などが影響を与え、肌荒れやくすみ、シミなどの肌トラブルの原因となるのです。

賢くスキンケアをするなら、夏の間は紫外線から肌を守るケアに徹して、秋に入ったら紫外線によるダメージをケアするビタミンCやトラネキサム酸などの成分が配合されたアイテムを重点的に使うようにしましょう。

②保湿ケアは欠かさない

紫外線ダメージのケアに合わせて、保湿ケアも始めましょう。冬場ほど気にはならないかもしれませんが、秋の気温低下・湿度低下は肌の水分量に大きな影響を与えます。潤い不足の肌は角質がめくれ、そこからさらに水分が蒸発してカサカサになってしまいます。

さらに、肌の潤いが減少してしまうと、自力で身を守ろうと、肌が皮脂を過剰分泌してしまうこともあります。そうなると、テカリやニキビなどの原因にもなってしまいます。

乾燥やテカリを防ぐためには、今から保湿ケアは欠かせません。保湿ケアに早すぎることはありませんので、今のうちから心がけるようにしましょう。

③自律神経を整える

季節の変わり目になると影響を受けやすい自律神経。こちらも肌への影響を及ぼすことがあります。気温差や気圧の変化などがストレスとなり自律神経が乱れると、めまいや頭痛、不眠などの症状が表れます。体調が優れなかったりよく眠れない日々が続くと、肌の代謝も乱れやすくなり、肌荒れやかさつきの原因となってしまうのです。

健康な肌は健康な身体を作ることから始まります。まずは自分の身体を労わって、健やかな生活習慣を心がけることからはじめましょう。

秋の肌を整えるスキンケア&生活習慣

クレンジングは「落としすぎない」ことを意識

クレンジングは「落としすぎない」ことを意識
出典:GODMake.

スキンケアの基本はクレンジングと洗顔。スキンケアというと、肌に栄養を“与える”ことばかり考えてしまいがちですが、まずは肌に優しいクレンジングから心がけていきましょう。

クレンジングや洗顔に使うアイテムは、肌の潤いに極力影響を与えない、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。使用する際には量はケチらず、アイテムごとの規定の分量を守って使い、ゴシゴシこすらないようにして洗うのがポイントです。

洗顔・クレンジング後に、頬や目もとがピッとつっぱるような感じがあったら洗いすぎです。肌に必要な皮脂などまで洗い流している可能性があるので、洗顔料やクレンジング剤を洗い流す際の方法を改めてみましょう。

すすぎのお湯は、33~35度の人肌よりもぬるいぬるま湯。洗い流す回数は20~30回を目安にします。洗い残しももちろん悪影響ですが、くれぐれも皮脂を「落としすぎない」ことを意識しましょう。

保湿ケア&美白対策を開始!

保湿ケア&美白対策を開始!
出典:GODMake.

秋の足音が聞こえてきたら、やっと美白対策の季節です。毎日のスキンケアアイテムのラインナップに、美白対策用のアイテムをプラスしましょう。メラニンが作られるのを抑制してくれるビタミンC誘導体や、皮膚科などでも処方されているハイドロキノン、シミの予防に効果的なアルブチンなどの成分が含まれるアイテムを選ぶとよいでしょう。

デイリーのスキンケアアイテムも、夏場より保湿力が高めのものを選ぶのがおすすめ。オイルが配合された美容液を取り入れたり、今まで乳液を使っていたなら代わりに保湿クリームやバームを選ぶのもおすすめ。紫外線ダメージによって肌がカサカサに硬くなり、化粧水や美容液がなかなか入っていかない際には、美容オイルを導入液(ブースター)代わりに使うのもおすすめです。

秋が旬の根菜類を積極的に摂る

秋が旬の根菜類を積極的に摂る
出典:GODMake.

健康な肌を作るために気をつけたいのは、スキンケアだけではありません。食生活にも気を配ることで、内側からヘルシーな肌を手に入れることができます。

秋に積極的に摂りたいのは、旬を迎える根菜類。気温の乱高下で身体の芯が冷えやすい季節なので、身体を温める効果が期待できるサツマイモやかぼちゃ、かぶ、大根、しょうがなどを積極的に摂るようにしましょう。

ほかにも、秋においしいサンマには、美肌に効果的なビタミンB群も豊富です。

しっかり睡眠で自律神経を整えて

しっかり睡眠で自律神経を整えて
出典:GODMake.

自律神経を整えてヘルシーな肌を手に入れるためには、睡眠も重要。肌は眠っている間にダメージから回復するので、紫外線ダメージからの復活のためにも、しっかりと睡眠を摂ることは重要です。

自律神経が乱れていると、疲れなども感じやすくなります。なるべく日付が変わる前にベッドに入るようにして、休みの日などは日中でも疲れを感じた際には、15分ほど仮眠をとるようにしましょう。

丁寧なスキンケアでヘルシー美人に

丁寧なスキンケアでヘルシー美人に
出典:GODMake.

夏のダメージをケアしてヘルシーな肌を取り戻すためには、秋の丁寧なスキンケアと生活習慣の見直しが重要になります。自分の肌や身体を誰よりも大切にできるのは、ほかでもない自分自身です。できることからはじめて、ヘルシー美人を目指しましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「秋のスキンケア、見直さない?夏のダメージ肌を上手に労わるコツ