ランニング
出典:GODMake.

ランニングと言えばどんなイメージがありますか?

キツイというイメージが強いのではないでしょうか。確かにランニングは楽なものではありません。ですが、ランニングにはダイエットだけではなく、とってもいい効果がたくさんあるんです。

ランニングの効果

ダイエット効果

ダイエット効果
出典:GODMake.

食事制限やストレッチ、筋トレなどをせずにランニングだけしていても、体重が落ちていくのは難しいです。しかし食事制限やストレッチ、筋トレなどを取り入れながら続けていくと、単に体重が落ちるというだけではなく、全身の筋肉が鍛えられるので、引き締まった女性らしい体を目指せるのです。

実際に走ってみると、翌日筋肉痛になることが多々あります。お腹周り、太もも、お尻、腕に気持ち良い筋肉痛を感じると、効いているなと感じることができます。全身の筋肉を効率よく鍛えられるのです。

ストレス解消

ストレス解消
出典:GODMake.

適度な運動は、日々溜まっていくストレスの発散に効果的です。ランニングをすると、脳内で“セロトニン”という成分がつくられます。

”セロトニン”は気分をスッキリとさせ、夜寝れない不眠症や、憂鬱な気持ちを解消してくれる効果があります。あまり無理をして長距離を走りすぎるとかえってストレスを感じることもありますが、適度な距離のランニングを行うことでストレス解消につながります。

ストレスが溜まってイライラしてしまうような時は、思い切ってランニングで気分をスッキリさせ、ストレス解消をしてみてください。

便秘解消

便秘解消
出典:GODMake.

お腹周りの筋肉が鍛えられますので、排便に必要な筋肉も自然と鍛えられます。さらに筋肉だけでなく、血行が良くなりますので、ランニングは便秘解消にも繋がるのです。

気になるぽっこりお腹も、ランニングによる便秘解消でスッキリお腹になることが期待できますね!

美肌効果

美肌効果
出典:GODMake.

便秘解消につながる血行促進は酸素や栄養も運んでくれますので、血色が良くなり美肌効果も期待ができます。

さらにたくさん汗をかき、老廃物を流すことで毛穴に詰まった汚れなども流されますので、肌トラブルも起きにくくなります。

どれくらい走ればいいの?

どれくらい走ればいいの?
出典:GODMake.

ランニングをしたことがない、運動が苦手という方も多くいると思います。まずは1キロから始めてみてもいいかもしれません。いきなり長距離を走ると辛く続かなかったり、筋肉痛がひどくなり日常生活に支障をきたすことも。

そうするとせっかく始めたランニングもすぐに終わってしまい、なんの意味もなくなってしまいますよね。無理のない範囲で週に1、2回から始めて、慣れてきたらまずは距離を伸ばし回数を増やす、としてみてください。

どんな服装で走るの?

どんな服装で走るの?
出典:GODMake.

イメージするのはレギンスにショートパンツ、Tシャツにキャップのような服装ではないでしょうか?まずは家にあるTシャツにショートパンツやレギンスでチャレンジしてみてください。

もし買い揃えたい場合は、吸汗・速乾性に優れたランニングウェアを探してみてくださいね。これからの時期は日差しが強いので、キャップなどの帽子や、UVカット素材のものを選ぶようにしてください。

肌を出す場合は日焼け止めもしっかり塗って、日焼け対策も必須です。

いつ走るのがいいの?

いつ走るのがいいの?
出典:GODMake.

いざ走ろうとした時、朝走るのがいいのか夜走るのがいいのか悩みますよね。朝時間がある方は、いつもより早起きをして走ってみてください。朝日に当たって汗をかくと気分もスッキリしますし、集中力も上がるのでオススメです。しかし仕事や学校で疲れて集中できない、なんてことにならないように程よい距離でやめておきましょう。

夜走る場合はこれからの暑い時期にはオススメです。日中は日差しも強く気温も高い状態なので、疲れやすく熱中症のリスクも高くなります。夜の少し涼しくなったタイミングの方が、長い距離を走れます。筆者も夏の時期は夜走っています!

身体に嬉しい効果
出典:GODMake.

いかがでしたか?ランニングは疲れるし大変なイメージが強いですが、その分身体に嬉しい効果がたくさんあります。まずは自分にあった無理のない距離から始めて、慣れてきたら徐々に距離をのばしてみてください。

最初は筋肉痛になる事も多いかもしれませんが、気分がスッキリして達成感も感じられるのでぜひ日課にしてみてください!

情報提供元:GODMake
記事名:「ランニングで健康美ボディを手に入れよう